ヨルゴスランティモス

籠の中の乙女(映画イラスト)

籠の中の乙女(映画イラスト)

スキ
20
女王陛下のお気に入りについて一人しゃべり
再生

女王陛下のお気に入りについて一人しゃべり

あらすじ 「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」で注目を集めるギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いた人間ドラマ。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、女王アンを演じたオリビア・コールマンも女優賞を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む9部門10ノミネートを受け、コールマンが主演女優賞を受賞している。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。

スキ
2
映画好き底辺youtuberのあらすじと関係ないけどココが好き!

映画好き底辺youtuberのあらすじと関係ないけどココが好き!

聖なる鹿殺し観た人と話したいこと動画
再生

聖なる鹿殺し観た人と話したいこと動画

美人を軸に映画についておしゃべりしてます。

聖なる鹿殺しの差し支えない話

聖なる鹿殺しの差し支えない話

ブックオフ登別店

ブックオフ登別店

函館の帰りに寄りましたのでレビューします。1〜2ヶ月ぶりほどで2度目の来店。 こちらの店舗もユニークな外観!ベイビーちゃんの絵が大きく描かれていますね。前回は違う入り口から入店した為か全く気付きませんでした。 撮影している間に車内のお客さんから見られていて少し恥ずかしかったですが、これもブックオフアイドルへの登竜門だ、仕方ない事だ、と耐えました。さてまた一つ強くなったところで探索して行きましょう! こちらの店舗は服飾やオモチャ・雑貨の取り扱いも有り、売り場面積がとても大きく

スキ
4
ヨルゴス・ランティモス『Kinetta』オフシーズンのリゾート地で繰り広げられるオフビートな地獄譚

ヨルゴス・ランティモス『Kinetta』オフシーズンのリゾート地で繰り広げられるオフビートな地獄譚

男と女とカメラマン。指示を出すカメラマンと、それに従って演技をする男女を終始不安定に揺れ続けるカメラが一画面に収める。その支持は実に暴力的なもので、逃げる女を男が追いかけて突き飛ばしたり、女に殴られた男が女を殴り返したりという実にランティモスっぽい主題を含んでいる。明白なストーリーもない映画の中で、文字通り無意味に振るわれる女への暴力。一応殺人事件の再現Vを作っており、男は刑事、女はホテル従業員、カメラマンは近くのカメラ店店員らしい。男はBMWへの異常な執着を見せ(見栄を張る

スキ
7
「女王陛下のお気に入り」

「女王陛下のお気に入り」

原題:The Favourite  監督:ヨルゴス・ランティモス 製作国:アイルランド・イギリス・アメリカ 製作年・上映時間:2018年 120min キャスト:オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン  監督作品『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』の印象がとても強く残っていての鑑賞だった。『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』ほどはカメラワークの自在さは見ないかわりにコールマ

スキ
5
女王陛下のお気に入り

女王陛下のお気に入り

「敵が目の前にいなくなった今の方が怖い。どこから狙われているのかが見えないから」 2人の女性が女王の寵愛を争う、という18世紀英国版大奥みたいな物語。 耳に優しい言葉が愛なのか。噓はないが容赦なく厳しい言葉が愛なのか。孤独な女王はどちらを選ぶのか。 女性性が強い女性と、男性性が強い女性の駆け引きが、美しい宮殿の奥宮で続く。この王宮のなんと美しいこと!!!欧州に今も残るミュンヘンの王宮とかマドリッドの王宮とかを思い出す。その王宮内を、これまた豪華絢爛な衣装の女性らが行き来

スキ
6