個人的2021年のGTドライバー十選

Honorable Mentions 2021年はGTレーシングにとって転機となる年となった。それは、2023年限りでのGTEの廃止と2022年からのIMSAでのGTDプロクラスの新設により、10年以上に渡るGTEとGT3の併存状態にようやく終止符が打たれる運びとなった点においてである。避けられない趨勢であったとはいえ、時計の針をいくらか進めたのはLMH/LMDhを見据えたメーカーの動向であったことは疑いようがない。具体的に名を挙げるならば、アストンマーティンはWECから、ポ

スキ
4

はじめまして。B.R.Mがnoteを始めます。

はじめまして、B.R.Mを取り扱っています、Viron Japan株式会社のエリック・ハダです。 自動車レースの全日本スーパーフォーミュラ選手権、スーパーGT選手権が終わり、月が12月に変わったところで、noteを始めてみようと思います。 B.R.Mはフランス製の高級腕時計ブランドで、モータースポーツにインスパイアされた時計を作っています。 ただ、このnoteでは、時計のプロモーションは控えめに、一人のモータースポーツファンとして、レースの裏側やレギュレーション、感想などを

スキ
2
+4

なぜSUPERGTに熱中できなくなったのか?

SUPERGTをあまり見なくなった表題の通りなのですが数年前から熱が冷めつつあり昨年は3戦、今年は開幕戦と最終戦の2戦だけとかなり見なくなりました。熱中できずにいたのか内容もあまり覚えていません。ニュースもあまりチェックしなくなりました。決してキライになったわけではないのですが。。。 2009年に見始めて2017年くらいまではそれなりに楽しく見れていたのですが、段々とSUPERGTへの興味が薄れていきモータースポーツそのものを見なくなっていきました。正直これといったキッカケ

スキ
2

週末のレース振り返り(11/27~28)

 先週末のレースはスーパーGTとWTCRの最終戦だけ。 それでも、様々なことがあったので振り返りましょう。 レースは美しくて、エキサイティングで時に残酷。 WTCR ロシア アウトドローモ・ソチで毎度お馴染みの同日2レース。  雨でちょっとトリッキーなコンディションになり、1周目からSCが入ったりぶつけられたらぶつけ返す、みたいな毎度WTCRではよく見る光景が繰り広げられたレースでした。 Jスポの実況解説も大笑いしてたけど謎のマスコットがピットにいた場面もありましたね。

スキ
3
+13

合同テスト#4 PMセッション

AMセッション終わりには多くのチームがチェック走行を終えたこともあり、PMセッションでは開音が聞こえた。(EVも無音という訳ではなくキュイーンと音を立てて加速していく 目立ったのは名工と阪大。いずれも“ルーキードライバー”を乗せての走行で、時にはハーフスピンしながら果敢に攻める。どちらもスキール音はフロントから。巻くというよりフロントが止まらない印象。名工は午前の最後に入れたNewを午後も継続、阪大は素性不明だが朝一確認した限りでは午前からUsedを継続していた様子。 E

スキ
1
+7

合同テスト#4 AMセッション

公式記録会から1ヶ月、記録会を走れなかったチームも参加して『リベンジ!』と言わんばかりに合同テストが開催されている。 参加チームは、名古屋工業、名古屋、豊橋、岐阜、静岡、神奈川、工学院、富山、大阪の9チーム。 各チーム走行準備を終えてマシンをコースまで持ってくるが、『キュルキュル、パスパス』という音が聞こえてくるだけで中々エンジン音が聞こえてこない。10時を過ぎ、ブレーキテストのためコースオープンするものなかなか走り出すチームはいない状況が続く。 岐阜、名工、阪大、工学

2021 SUPERGT 第7戦 ツインリンクもてぎ 振り返り

1位 ARTA 前戦に引き続き優勝を果たした。 スタートドライバーの福住仁嶺はトラフィックとの関係もあり、本領発揮とはならなかったが最低限の働きで野尻智紀へバトンタッチ。淡々と周回を重ね、最後はカルソニックのペースダウンもあり、トップチェッカー。ただ、カルソニックの失速に関係無く、野尻智紀も終盤に向けてタイムを詰めていたので、優勝に値するペースがあったことは紛れもない事実だ。 2位 WedsSport 他のサーキットは兎も角、得意のツインリンクもてぎ+ヨコハマタイヤのパッケ

ヨーロッパとアメリカのモータースポーツ、その融点

 先日noteのモータースポーツマガジンにこんな記事がありました。  この記事にもあるように、ヨーロッパのモータースポーツ(F1など)が好きなファンと、アメリカンモータースポーツ(インディカーなど)が好きなファンは対立しがち。 例外はオーストラリアのスーパーカーズを見てる人。 はい自分です… というのはさておき。  記事読んでアメリカのもヨーロッパのも日本のもこの1年間様々見てきた自分が書かないわけにはいかない、と思いまして書いております。   自分もまだ現地観戦はないしル

スキ
7
+3

全日本カート 初観戦

11月20日にカートレースを観戦しに行きました。 ツインリンクもてぎ・北ショートコースで行われました。 カートは、漫画『カペタ』で知ったくらいで、ほとんど何も知りませんでした。 一応、ルールやカテゴリーなどを調べていったので、メモがてら簡単に残しておこうかなと思います。 カテゴリーは、上位クラスから OKクラス→FS-125→FP-3 と、大まかにこんな感じで分かれています。 その他、ジュニアクラスなどがあります。 どのクラスもライセンスは必要で、最低でも国際Cリス

スキ
1

20代男。仕事とモータースポーツ環境を提供してくれるプロジェクトに合格したが仕事の方の接客業がキツい。続けるべき?

待望の【旦那様はひろゆき】発売です!  携帯の店員をやっていると、なんでレーシングドライバーなれるのか僕全く分からないんですけど。 もし本当にレースのドライバーを目指すのであれば、きちんとトレーニングをして結果を出す方向で頑張るべきだと思うんですけど。 生活に金が必要というのであれば金を稼ぐために良い給料の仕事をしてください。 何のレースか分かんないですけど、例えばセルートっていうバイク便の会社があるんですけど。 まぁ最近バイク便減ったんですけど。 例えば、「バイク