茜色に焼かれる

茜色に焼かれる

[あらすじ] 1組の母と息子がいる。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした母子。母の名前は田中良子。彼女は昔演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。経営していたカフェはコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年振りに会った同級生にはふられた。社会的弱者──それがなんだというのだ。そう、この全てが良子の人生を熱くしていく

入江悠のミニシアター逍遥Vol.6〜ポレポレ東中野

入江悠のミニシアター逍遥Vol.6〜ポレポレ東中野

こんにちは、入江悠です。 映画『シュシュシュの娘』の監督・脚本・編集・製作などをしました。 本作は、昨年2020年、コロナ禍の自粛要請などで苦境に陥った全国のミニシアターを応援したい、との思いから始まりました。 「第6回~ポレポレ東中野」 線路沿いの映画館が少なくなりました。でも、なんだかいいんですよね線路沿い。ということで今回は、JR東中野駅の線路沿いにあるポレポレ東中野さんへ逍遥。 変な顔になってるのはツッこまないでください。変な顔でも、変な顔じゃなくても、階段を

4
『海辺の彼女たち』LIVEトークイベント開催のお知らせ

『海辺の彼女たち』LIVEトークイベント開催のお知らせ

映画『海辺の彼女たち』ロングラン公開記念 キャストや特別ゲストによるオンライン対談を連夜LIVE配信します!! 【ベトナム映画の現在】7/27(火)22:00-23:00 『走れロム』チャン・タン・フイ監督×藤元監督×渡邉プロデューサー YOUTUBEライブにて配信します。 ★視聴リンク(無料) https://www.youtube.com/watch?v=UFujwPZakp8 【主演俳優×藤元監督 対談】7/28(水)21:30-22:30 トゥエ・アン×藤元監督

1
「はじめてのげんば」 入江組1年 八代真央

「はじめてのげんば」 入江組1年 八代真央

2020年6月。 自宅、先の見えない不安、向き合う時間が何倍にもなったスマホの画面と会話相手のTwitter。に、流れてきたのが入江悠監督 自主映画制作オーデションの募集でした。 制作部から俳優部の道へ舵を切って数ヶ月後、誰もが予想しなかった方向に情勢が押し流され、例外なく私自身も呑み込まれていた矢先の出来事です。 入江監督が以前web媒体で話していた「映画館のスクリーンとは世界を見つめる窓」という言葉を思い出しました。現代の混沌とした政治下で暮らす一市民として映画芸術とい

10
女子大生原付全国ミニシアター巡り①

女子大生原付全国ミニシアター巡り①

7月25日に東京を出発し、昨夜から甲府にいる。 全国約80ヶ所のミニシアターを巡る旅なので、せっかくだから、ここに日記みたいにして記録をつけることにした。 さっそく、昨日のこと。 あつぎのえいがかんkiki その名の通り厚木にある映画館。こぢんまりとしたビルの9階。 レトロというよりはアップリンクみたいな今っぽい雰囲気。 観たのは「やすらぎの森」。 自由席でチケットを買うと整理券が渡される。映画館では初めての経験。 日曜のお昼、結構ガラガラだった。 映画館自体は大きく

1
今週のkinologue【7/19-25】

今週のkinologue【7/19-25】

いつが平日で、いつが祝日なのかよくわからないまま突入した今週、ようやくやらかしたミスの火消しが終わり、ホッ。そうそう、「主婦の学校」では消火器の使い方も教えてるんですよ。いざという時に備えて知っておきたいことの一つですよね。今週チラシを入稿したので、もうすぐイメージフォーラムさんに納品予定。裏面はチラシのセオリーを打ち破る大胆な構成になっているので、お楽しみに!そして、イメージフォーラムさんとの配信番組第3弾もいよいよ配信間近。宣伝を立ち上げる時からお世話になった先生をゲスト

1
映画「東京自転車節」――鬼気迫るリアリティと『空虚』な言葉がこだまする東京

映画「東京自転車節」――鬼気迫るリアリティと『空虚』な言葉がこだまする東京

7月25日(日)、大阪の第七藝術劇場で、ドキュメンタリー映画「東京自転車節」を鑑賞した。 主人公はこの映画の監督でもある青柳拓さん。 2021年1月の「美術手帖」誌で「ニューカマー・アーティスト100」に選ばれた新進気鋭の映画監督だ。 そんな青柳監督が撮影したのは「自分自身」。 コロナ感染拡大が日本中で始まった2020年春。 故郷・山梨で運転代行のアルバイトをしていたが、新型コロナウイルス感染拡大により、職を失った。 しかし青柳監督は奨学金の返済を迫られており、何か稼がない

4
吉岡睦雄が覗いた『シュシュシュの娘』〜第四章:アラタとショウヘイとサキちゃんの国〜

吉岡睦雄が覗いた『シュシュシュの娘』〜第四章:アラタとショウヘイとサキちゃんの国〜

第4章 「アラタとショウヘイとサキちゃんの国」 9/29、いよいよクランクイン。 撮影は入江監督の出身地 埼玉県深谷を中心に行われます。 スタッフさんや福田さんはずっと泊まりっぱなしですが、僕は泊まったり帰京したり。 僕の出番は翌日 9/30からなのですが、9/29に前乗りします。 スケジュール表には夜の8時に深谷駅に来て下さいと書かれています。 ですが居てもたってもいられません。 お昼位にロケ地に行って見学することにしました。 だって・・・今回は入江組初参戦です。スタッ

17
入江悠のミニシアター逍遥Vol.5〜名古屋・シネマスコーレ

入江悠のミニシアター逍遥Vol.5〜名古屋・シネマスコーレ

こんにちは、入江悠です。 映画『シュシュシュの娘』の監督・脚本・編集・製作などをしました。 映画『シュシュシュの娘』は、昨年2020年、コロナ禍の自粛要請などで苦境に陥った全国のミニシアターを応援したい、との思いから始まりました。 「第5回~名古屋・シネマスコーレ」 名古屋へいってきました。有名なミニシアターがいくつもあります。その中で今回は、『シュシュシュの娘』でお世話になるシネマスコーレさんへ。 名古屋の新幹線口を降りると、駅の前にビックカメラがあります。ここで自

8
めぐりだより 第2号:佐渡 Cafeガシマシネマ

めぐりだより 第2号:佐渡 Cafeガシマシネマ

1