本人が幸せだったらいいんじゃね?
いい夢みろよ。

家主より☆彡

家主の心の傷は大きい。

お金あるから詐欺に狙われる。家主は心のフォロワー助けようとしたが怒りと悲しみで元の冷酷人間。優しい心消えた!笑

コメント欄ラブレター募集中
4

宇宙飛行士に必要なスキルは、飛行制御やトラブル対応よりも……

『ZOZO』創業者である前澤友作氏が、ロシアの『ソユーズ』宇宙船に乗って『ISS(国際宇宙ステーション)』に行き、短期滞在することになったようだ。
 その件に関してはYouTubeで解説しているので是非観てほしい。

▼『前澤さん、ISSへ いってらっしゃい!』
https://youtu.be/CeMQOtotVhc

 彼はアメリカの『SpaceX社』が開発中の宇宙船『Starship』に乗っ

もっとみる

普通を貫き通した「タモリ思考」がコンテンツを作る上で参考になったという話

毎日noteやツイッター、youtubeなど、様々なSNSで発信をしている人なら、一発バズらせたい、拡散されたい、スキ!いいね!が一気に増えたりしないかなあ、そんなコンテンツを作れないかな、と考えたりしませんか?

そんな「一発逆転」な発想とは、真逆の考えたを貫いていたのが、実はタモリさんの仕事の考え方だとしたら、ちょっと驚きではないしょうか?

東洋経済オンラインを見ていたら、たまたま上記の記事

もっとみる
スキありがとうございます☆
23

6つのメガネの交換日記 19通目 〜みんなの課題図書は?〜

年齢も仕事も性格もバラバラ。
大人6人による「6つのメガネの交換日記」、19通目です。

▽無料マガジンとなっています。▽
▽お気軽にフォローしてくださいね*▽

この日記が立ち上がるまでについては、こちらから・・・▽

5人のメガネたちへ。

こんにちは。

いよいよGWも終わってしまいましたね・・・。
これから夏休みまで、みんなそれぞれ駆け抜ける日々かしら?

それにしても先日の交換日記にあが

もっとみる
ありがとうございます!とっても嬉しいです!
4

「Bitcoin Magazineとはどのような存在か」Bitcoin Magazine 運営責任者 ジョン・リギンズ氏

ジョン・リギンズ氏(John Riggins)は、Bitcoin Magazineの親会社であるBTC Inc.の運営責任者です。大学時代からBitcoinに興味を持ち、暗号通貨メディアを運営することでこの業界に足を踏み入れました。今回のインタビューでは、Bitcoin MagazineとEthereumの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏に関する話などを聞かせていただきました。

インタビュー

もっとみる

裏マガVol.4配信前のお知らせ

12日にイスラム教の断食が終わってレバラン(断食明けの祭り)を迎えることができました!

今は家族時間を楽しんでいます。

今回のラマダンは色々感情をかき混ぜられるような出来事が起きて楽しかったです♪

過ぎ去ったから楽しかったと言っていますが、渦中は苦しんでました(笑)

でもそれをシェアできる仲間(大人の自由研究)がいるから私は常に前を向いて、人生に起きることをネタとして人にシェアすることがで

もっとみる
私も好き♡
7

批判をスマートに交わす

 フォアグラの輸入禁止を掲げる国が増えてきている。動物の虐待に反対する団体のロビー活動の成果であろう。
 人々が反対しにくい思想に関する急進的な団体は熱意あるロビー活動をするし、本人たちはそれが正義で反対するものは極悪人というレッテルを貼るのでなかなか大変なことになる。要はガチョウの肝臓を急速に脂肪肝にするために、喉に漏斗を突っ込んで強制給餌していることが残酷だと言われている訳だが、それを本当に鳥

もっとみる

学校の文化をつくる

日本語教師のわかばです。京都を拠点に関西で日本語を教えています。
ときどきライターとして記事を書いたりもします。

昨日は、あひるさんとヒラサワエイコさんの対談企画に参加しました。

この企画は、ヒラサワエイコさんがご自身の経験をまとめるためにnoteでマガジンを創刊され、それを読んだあひるさんが「ぜひ、お話を聞きたい!」ということで企画されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

対談その

もっとみる
わたしもスキ!です!
10

✧03「マガジンに集めた宝物」

この前、どこかへ行っていたしろねこは、

星のかけらをつかまえて戻ってきました。

それをもっとたくさん集めて作った、きらめく星のクッキーが本日のおやつです。

では早速、お便りのコーナーです。

こちら、星と夜空だけが広がるしずかな惑星より、

ドクターがお送りします。

ラジオネーム【管理人ねむりひつじ】さんからのお便りです。

☽ ⋆ ꙳ 



こんにちは。管理人ねむりひつじです。

もっとみる
ありがとうございます!
2

連載小説 【 THE・新聞配達員 】 その6

〜ファミリーに捧ぐ〜
この物語はフィクションです。

6.   相棒はゴム

さっそく仕事を伝授し始めようとする細野先輩。
木の作業台の上やら下やらをキョロキョロと何かを
探している模様。

作業台の位置は、ちょうど洗濯機の横。

「ここが6区の人の作業場所。この机一列で3人が作業するから
ちょうど新聞3部分が一人分の作業スペース。やたら狭いから工夫しないと
すぐ散らかるから気をつけて、まぁ実際に

もっとみる
私もスキです!
1