つくえもいすもいらない

ここはとある国。

この国の小学校は校舎も無いし先生もいません。

世界中どこでも教室にもなるし誰もが先生になるのです。

さてさて、今日はどんな一日になるのでしょう。のぞいてみるとしましょう。

1時間目はまだみんな眠たいから芝生に寝転びます。自然の風のにおい、大地の力強さ、太陽の暖かい日差しを体いっぱいに吸い込んでいます。今日をどのように過ごすか話し合っているようですね。

2時間目は算数。今

もっとみる

publishing news 2020.08.09

広義の出版関連ニュースをデイリーでまとめています。見落としてたのを後から拾うことも。イベント情報は、参加者募集中のあいだは載せ続ける感じで。

国内

◆ 検温カメラを導入 文化会館と図書館 秦野市〈タウンニュース〉
https://this.kiji.is/665031919280358497?c=491375730748638305

◆ オンラインで開催する「図書館マルシェ」8月分の募集開始

もっとみる
شكرا لك(ありがとうございます)
5

パパの通信簿(後編)

*前編はこちらです

ピアノのある音楽室に移動する。出迎えてくれたのはロングのプリーツスカートと白いブラウスが似合う清楚な女性。こどもの頃の記憶がよみがえる。

「おまえが言えよ」
「やだよ。おまえがやろうっていったんじゃんか」

「あら、どうしたの? 二人そろって」
「あ、あの…えっと、ぼくたち、歌の練習をしたいと思って。それで…」

大好きなゆかり先生に少しでも近づきたくて。でも理由がなくて。

もっとみる
スキ、ゲットだぜ!
56

パパの通信簿(前編)

「なんで休みの日にこんな朝早くから、学校に行かなくちゃいけないんだよ…」
「もう、ぶつくさ言わないの。ね、健太?」
「そうそう、ぶたぶた言っちゃだめだよ、パパ」

息子の健太はことしの4月に小学校にはいったばかりだ。変わった小学校だという噂だったが、家から近いし、なにより中学受験の合格率が高いことからここに決めた。

入学式から1ヶ月。学校から一通の案内が届いた。

〜パパ&ママ招待状〜

5月1

もっとみる
一生、中二病宣言。
71

『コロナ時代の経済危機』

『コロナ時代の経済危機 世界恐慌、リーマン・ショック、歴史に学ぶ危機の乗り越え方』

著者:池上彰 増田ユリヤ

出版社:ポプラ社 (ポプラ新書)

発行年:2020年7月6日

--------------------------------------------------------

 コロナに関する新書、2冊目です。

 サブタイトルの通り、世界恐慌やリーマン・ショックなどの恐慌の歴史

もっとみる

寺地はるな『ミナトホテルの裏庭には』(ポプラ文庫)

寺地はるなという、まだ読んだことのなかった作家の近作『水を縫う』(集英社)について、好意的な書評を幾つか見かけたので、とりあえず昔の本でも読んでみようと、デビュー作『ビオレタ』(ポプラ社)、2作目『ミナトホテルの裏庭には』(ポプラ文庫)を読んでみた。

『ビオレタ』はポプラ社小説新人賞受賞作で、丁寧なディテイルに説得力のある小説だったが(メタファーじゃないのにメタファー的な棺桶の話とか)、婚約破棄

もっとみる
是非他の投稿も読んで下さいね!
3

リーダーが育つ学校

こんな学校あったらいいな

みんなが先生になってしまえばよい。

それには先生と生徒にルールが1つずつある。
①先生役の児童「自分が好きだと感じることで、みんなが楽しいと感じる時間にすること」
②生徒役の児童「先生の授業をやりきること」

--------------------------------

4月の
今日の1日
------------------------------

●1時限

もっとみる

日刊書くンジャーズマガジン87週目のテーマは【#こんな学校あったらいいな】

日刊「書くンジャーズ」マガジン、月曜担当の書くンジャーズリーダーのタカハシケンジ(@kenkenken0719)です。

毎日noteを書くチーム、書くンジャーズは今週で87週目となりました。

最近自分の中で学校と言うと、娘の中学校がすぐに思いつきます。うちの娘が自分と同じ中学校に行ってるということで、その中学校に行くたびに25年前に戻ったような不思議な感覚に陥ります。

そして毎回思うのが、も

もっとみる
毎日続けられるのもあなたの「スキ」のおかげです。ありがとうございます!
28

【#こんな学校あったらいいな】にじいろのはねをひろげて

教室の窓に白く大きな雲が飛び込んできた。
わたがしなら、何日ぶんだろうか。

あたたかくぬるい風が、ぼくのほほにあたる。
じっとりとした空気のにおい。
やっとやってきた。
会いたかった。
ずっと待っていた。

校庭の横にある赤色や黄色の花たちへ先生がゴムホースを使い水をあげていた。

キラキラとまぶしい水のシャワーをあびて、花たちはそよ風にゆられてよろこびのダンスをおどっている。

小さな水のつぶ

もっとみる
嬉しいです!他の作品もみてみてください!
12

【創作】「わたしは3年ヒーロー組」#こんな学校あったらいいな

朝8時。
ピンポーンと、今日も玄関のチャイムが鳴る。
あわてて赤いつなぎスーツのファスナーをしめる。
よし、準備完了!

「いつもお待たせしてごめんね、るなちゃん」
お母さんがドアを開けると、ドレス姿のるながにっこり。
「おはようございます」と、すそをつまんで優雅なおじぎ。

今日のドレスはピンクいろ。
輝くティアラがとってもすてきね。
ランドセルには、ちょっと似合わないけど。

「お母さんったら

もっとみる
ありがとう
25