ポストコロナ

【完全版】『新型コロナからの気づき―社会と自分の関わりを中心に』(柳澤協二氏)

【完全版】『新型コロナからの気づき―社会と自分の関わりを中心に』(柳澤協二氏)

【道しるべより特別寄稿のご紹介】  先日完全版を掲載した柳澤協二元内閣官房副長官補/防衛研究所所長による新連載『日米リーダー交代からの気づき』(https://note.com/guidepost_ge/n/n98f027aa7b5e?magazine_key=mf156a1081e3b)にちなみ、2020年にご寄稿いただいた『新型コロナからの気づき―社会と自分の関わりを中心に』完全版を掲載いたします。  日本初の緊急事態宣言下に執筆された連載記事各回をこの一ページに収め、

7
この一年で私たちの暮らしに誕生した「3つの新・生活空間」とは?

この一年で私たちの暮らしに誕生した「3つの新・生活空間」とは?

スタートアップ企業に出資をし、新しいビジネスモデルを創出することを目指して活動している博報堂DYベンチャーズ。同社が2020年9月に出資したルームクリップ株式会社では、住生活の領域に特化した日本最大級のソーシャルプラットフォームRoomClipを運営しています。この一年間のRoomClipのユーザー行動データには、新型コロナウイルスの影響による生活者の住まいと暮らしの変化が如実に現れていました。この分析を行なったルームクリップ株式会社 執行役員/RoomClip住文化研究所所

11
詰め込みすぎ:インフレ・リスクと私の断食の共通点

詰め込みすぎ:インフレ・リスクと私の断食の共通点

2021年7月23日 ポール・クルーグマン  多くの人がそうであるように、私もパンデミックの間に体重が増えてしまった。それは壊滅的なものではない──ワークアウトは続けていたし、心肺機能は維持されているように思う。しかし、普段よりも歩く量はかなり減って、振り返ってみると、快適な食事をし過ぎていたような気がする。  だから今は、過去にうまくいった方法を試している。それは週に2~3日、カロリーを制限して空腹を我慢するといった方法だ。別にこの方法を布教しようってわけじゃないよ。

3
100
明日から木に抱きつけば幸せになる

明日から木に抱きつけば幸せになる

木の時代が来たこの連載はグローバルなリーダーとはどうあるべきかを考えることが趣旨ですが、それはポストコロナの時代を考えることでもあります。そんな中、「来たか!」と思える記事に出会いました。 それは「木」です。 The Wall Street Journal2021年6月21日号A11面の見出しは「木と友だちになることの恩恵」です。 記事の概要:コロナで疲弊している人間を真に慰めてくれ、精神の深い旅にいざなってくれるのは木々である。「木と友達になろう!」。ということで様々

3
コロナが終息したらもう一度行きたいホテル・その2

コロナが終息したらもう一度行きたいホテル・その2

その1はこちら! 昨年の新型コロナ第2波が収束しそうな時に、遅めの夏休みをとった。実家には帰省できないので、それならば流行りのGO TO トラベルを利用して、行ってみたかった旅館に一人旅に行こう!と計画。 それが箱根の『はなをり』だった。 家からまあまあ近かったのもあって、「箱根は私のお・庭」と思っていた節がある笑。 テレビやホームページで何度も見て、いつか行ってみたい!と思っていたけど、人気でなかなか予約が取れない旅館だ。 平日ならばなんとか予約が取れたので、小田

11
2.5万円でポストコロナ経営計画策定!?

2.5万円でポストコロナ経営計画策定!?

おったまげー!である。 経営計画をつくりたい意欲ある事業者が たった2.5万円でプロに依頼できる 仕組みが出来ていることを知ったのだ。 意外とプロも知らないのかもしれない。 早期経営改善計画作成支援事業 (ポストコロナ持続的発展計画事業) と言うものがあり 経営計画策定の費用が2/3の上限20万円が 国から補助されると聞いたので 公的機関である経営改善支援センターに それってナンナンですかー!?と ちらっとぶらっと聞きに行ったのだ。 経営計画策定と年1回の計画の モニタリング

18
米軍に学ぶヨコスカ・チーズケーキ物語

米軍に学ぶヨコスカ・チーズケーキ物語

横須賀基地がなぜ愛されるのかコロナ禍で飲食業の方々に、一つヒントになる事があると思うんですよ。それは、日本にない味覚を持ってくることです。The Wall Street Journal2021年4月30日号は、日本の横須賀市がアメリカ海軍と協力して、本場のニューヨーク・チーズケーキを横須賀に紹介し、本場のレシピのチーズケーキを売りにして町おこしを成功させたストーリーを紹介しています。 横須賀基地は、米海軍が誇る米国以外での最大の基地です。10年前に海軍は日本との友好のジェス

8
ZOOM有料版の料金がちょっとお安くなる方法

ZOOM有料版の料金がちょっとお安くなる方法

私は今後セミナーなどオンラインですることが増えるので、7月上旬にZOOMを有料版にすることにしました。 そしてほんとちょっとした工夫なのですが、私の場合ZOOMの有料版の料金が通常より約57%、年間で10,345円お安く契約することに成功!! もし今有料版ご検討中の方やまだご存知ではない方のために今回シェアしようと思います。 今回参考にしたサイトはこちら⇩ 上記のサイトを元に、実際私が契約した時の画像をお見せしながらご説明していこうと思います。 どのメニューで契約す

6
【解説と設問】コロナで日本の東京一極集中は解消するか【Global Newsについて語ろう!】第25回 7/24(土)10時@オンライン

【解説と設問】コロナで日本の東京一極集中は解消するか【Global Newsについて語ろう!】第25回 7/24(土)10時@オンライン

【Global Newsについて語ろう!】第25回 7/24(土)10時@オンラインは「新型コロナで「東京一極集中」は解消するか?」というテーマについて英語で議論します。この記事の解説と設問を発表します。 ワークショップは昨年末に発表された以下のThe Japan Times紙の記事を利用します。この記事は「The Japan Times ニュースで深堀り英語vol.3」の38頁に日本語訳とともに転載されています。 Efforts to decentralize Japa

200
ポスト・コロナへの憂い 懸念されるひきこもり支援の今後

ポスト・コロナへの憂い 懸念されるひきこもり支援の今後

 コロナのワクチン普及が進むなど、じょじょにコロナの混乱もおさまる気配を見せています。  それ自体は悪いことではないかもしれません。世の中が、新型コロナに感染する不安や憂いから解放されれば、社会も世界も大きく変わっていくことでしょう。  ただ、だからといって、単に元通りになるわけではありません。  ひきこもり支援の現場に立つと、この一年半余りのコロナ禍において、少なくとも4つの課題が大きく浮上してきそうです。 第一の課題:コロナ禍での思わぬ停滞 一つ目の課題は、コロナ

4