第10話:話題のファーウェイHUAWEI!ユニーク経営!

【今日のテーマ】
1.ファーフェイの概要
2.ファーウェイの強み
3.課題・懸念点
4.業績

今日の内容に関連して、動画を配信しておりますので、もし動画の方が宜しい方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。

【中国ビジネス自由研究所チャンネル】
「第10話:話題のファーウェイHUAWEI!ユニーク経営!」

【略歴】
◎現在、中国在住。
◎過去、大手投資会社で、中国人投資家向けの投資アド

もっとみる

【1分だけ哲学】人類の内輪もめ

正直、飽き飽きしませんか、この流れ。

今回のニュースはこれ

台湾をめぐって、米中のいがみ合いが加速しています。

なんの話?

中国が台湾へ武力侵攻すると挑発しており、それを阻止するためにアメリカが台湾を支援しているという話です。

なんで中国は台湾に侵攻したいの?

台湾にある半導体製造の世界最大手、TSMCを手中に収めたいからです。

なんで?

TSMCの半導体製造技術がないと、中国のH

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
15

鴻蒙(ホンモン)は第三極となるだろうか

OS

今さらの説明ですが、Operation System(オペレーティング・システム)の略で、アプリやデバイスを動作させるための基本となるソフトウェアのことです。

PCであればWindowsやMac OSだし、スマートフォンであればAndroidやiOS、サーバであればWindows ServerやRed Hat Enterprise Linux、Cent OSなどがその大部分を占めている。

もっとみる
頑張ります!
19

日本では詳しく報じられなかった中国企業による個人情報収集の衝撃‼️ ((((;゚Д゚)))))))

知り合いは、安いからぁ〜と、ファーウェイ製のスマホを使用しています。
ファーウェイに半導体が入らなくなれば、ファーウェイのスマホは、今に日本から消えるのでしょうか?
(ファーウェイを追い出したいなら、もっとスマホの値段を下げないと…。)
「息を吐くように嘘を吐く」中共…に、逆らえない中国企業など、100%信用できませんよね。
下記記事によると、中共のサイレント・インヴェージョンで、安倍(前)総理も

もっとみる
🎂ありがとうございま〜す🍜 🎶🐧
3

【1分だけ哲学】崖っぷちのHuawei (2)

「TSMC」という台湾の企業を知っていますか?
この企業が、米中ハイテク戦争のカギを握っています。

前回の記事のはなし

● 5G機器といえば主に「スマホ」と「基地局」
● Huaweiはスマホでも基地局でも、世界シェア1位
● しかしHuaweiは現在、スマホも基地局も作れない状況にある

なんでHuaweiは何も作れない状況にあるの?

スマホにも基地局にも絶対に必要な部品を、Huaweiが

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
16

【1分だけ哲学】崖っぷちのHuawei (1)

Huaweiが結構ヤバい状況って知ってました?

今回のニュースはこれ

アメリカの輸出規制によって、5Gの勢力図が大きく変わろうとしています。

なんの話?

5Gをめぐる、米中の覇権争いの話です。
「Huaweiが危険だから排除され始めてる」ってことは、皆さん何となく聞くことがあると思いますが、実際はよく分からない点も多いのではないでしょうか?
今回はその点をクリアにしたいと思います。

Hu

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
8

日本の産業、日本人の思考は捨てたもんじゃない

れんきに秋川渓谷の近くの民泊にお泊りして、テンション上がって調子に乗っちゃいました。(膝が痛む)

airbnbでたまたま見つけた宿なのですが、家中に書籍がずらーと、恐らく数千冊はあり、「哲学」「宗教」などのタイトルの本が多かったので凄く勉強熱心な方だなと思っていたら日本の有名な哲学研究者の飯島宗享さんのお家でした。今は、娘さん夫婦はお住まいになられています。

一人5000円ポッキリで駅まで送迎

もっとみる
スキありがとうございます!
9

目標設定は「〜べき」か「〜べからず」か。

ファーウェイの徐直軍CEOは「管理者の怠惰行為」として、18項目を列挙しています。

・現状に甘んじて、積極性に欠ける。
・上手く立ち回り、保身は上手いが、他人の顔色ばかり伺っている。
・上司の言うことばかり聞いて、顧客中心主義ではない。
・責任逃れをする。自分の中に原因を探さず、周囲に原因を探す。
・問題が起きても、原因を徹底的に探らない。
・自分の部門の利益だけを考えている。
・怠惰な部下を淘

もっとみる
楽しんで頂けたら幸いです。
1

ファーウェイ排除が世界経済にもたらす損失

アメリカ、イギリスなど西側諸国で、5Gネットワークから中国の華為技術(ファーウェイ)製機器を閉め出す動きが広がっています。

「2018年以来、アメリカはファーウェイを法的な攻撃の的にして、貿易戦争の火種にした。イギリスは自国の5Gネットワークからファーウェイを排除すると言っていて、欧州の他の国々もこれに追随する気配を見せている」
"Since 2018 America has subjected

もっとみる
ありがとう!読んでもらえてうれしいです。
1