ファーウェイとサウジアラビアが「ビッグデータ×AI」で提携

『戦略をアップデートする』は、競争戦略コンサルタントとしてGAFA×BATH等の米中メガテック企業をはじめ国内外トップ企業の動向をフォローしている田中道昭が、日々行っているこれら企業へのリサーチの中から、その内容をnoteでシェアするものです。

今日の『戦略をアップデートする』でピックアップするのは、ファーウェイです。

ファーウェイは、2020年10月22日付けプレスリリースで、「SDAIA

もっとみる
わーい、うれしいです!
2

中国が輸出管理強化で逆襲! 中国で輸出管理法成立。

米大統領選の裏で熾烈さを増す米中覇権争奪戦争。

これまで米国が「攻」、中国が「防」という印象だが、ここにきて攻守逆転の動きも。

カギとなるのが中国の輸出管理法の成立だ。
日本にとっても対岸の火事ではない。

中国の輸出方針とは? 日本への影響は?

嬉しい~!
♪(*^^)o∀💕∀o(^^*)♪ ありがとうございま〜す❣️🐧
12

HUAWEIは終わる・・・のか?

私の勝手な予想ですが、スマホもタブレットも作れなくなったHUAWEIは5つの軸にシフトしていくのではないかと勝手に予想してます。
1.Matebookの5G通信モデム内蔵のPCのラインナップの多様化(ワークステーション、ゲーミング、モバイル)
2.VR/ARなどの5G対応HMD
3.IoT。今人気再燃のコンデジや一眼レフへのLinuxベースOSおよび小型5G通信モデム
4.ウェアラブル。すでにHu

もっとみる
スキありがとうございます😆嬉しいです
2

毒ヘビや盗賊に遭ったら、抵抗せず、お金で解決し、後日経費として精算して下さい。

中国の通信大手「ファーウェイ」は2008年に健康指導センターを設置し、
専門の医療スタッフが常駐、積極的な従業員の健康管理に取り組んでいます。

任正非(ファーウェイの創業者の1人)の逸話から、
従業員の健康と安全を最重要視していることが伺い知れます。
ファーウェイは通信用アンテナをアフリカに建設することもあります。
そういった地域での業務は常に危険と隣り合わせです。

任正非は
「毒ヘビや盗賊に

もっとみる
ありがとうございます。
7

ドコモの過去を改めて見直す。

昨日に続き・・・(笑)

NTTはNTTドコモを完全子会社化する事を発表した。

昨日も書いたが、世間では携帯料金を値下げに期待出来るなど

歓迎の声が多いが、私は出直し、再国有化などのように感じ、

市場競争を活発化する為ではないと思っている。

NTTドコモの力は、改めて振り返ると10年間非常に落ちたと思う。

まずはソフトバンクがボーダフォンを回収し、劇的な価格破壊を起こした。

確かホワイ

もっとみる
よろしければシェアお願いします。

ファーウェイの「輪番」会長が交代

『戦略をアップデートする』は、競争戦略コンサルタントとしてGAFA×BATH等の米中メガテック企業をはじめ国内外トップ企業の動向をフォローしている田中道昭が、日々行っているこれら企業へのリサーチの中から、その内容をnoteでシェアするものです。

今日の『戦略をアップデートする』は、ファーウェイの輪番会長制度(Rotating Chairman System)です。

ファーウェイは、2020年9

もっとみる

第10話:話題のファーウェイHUAWEI!ユニーク経営!

【今日のテーマ】
1.ファーフェイの概要
2.ファーウェイの強み
3.課題・懸念点
4.業績

今日の内容に関連して、動画を配信しておりますので、もし動画の方が宜しい方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。

【中国ビジネス自由研究所チャンネル】
「第10話:話題のファーウェイHUAWEI!ユニーク経営!」

【略歴】
◎現在、中国在住。
◎過去、大手投資会社で、中国人投資家向けの投資アド

もっとみる