人気の記事一覧

ソートリーダーシップには「オーセンティシティ」が必要。人の「認識」をいかに変えるか?~PRストラデジスト、本田哲也氏に聞く~

広報PRの5年間を振り返ってみる。「本田事務所5周年」に寄せて。

2か月前

2024年版:新築分譲マンションのカスタマージャーニー解析!

読書日記#839 『ビンゴ型コミュニケーションプランニング』 消費者の購買を決定するのは、順番(ファネル)よりもピース(パーセプションの変化の数) マーケティングファネルの問題点を指摘しつつ、独自の理論を展開した本。 「プロセス」ではなく「価値観」を捉えるフレームワークですね。

のらねこ、ゲーム作りの最初の1歩を決めたい

「良心」であるオウンドメディアをどう「引き継ぐ」か

4か月前
再生

<しまなみ海道編>見ると”マネタイズ”の発想が湧き出る”マーケティング”movie

2か月前

「パーセプション」戦略は、相手がどう思うかが大事なら、独りよがりブランドは消えていく

再生

見ると”マネタイズ”の発想が溢れ出てる動画

2か月前

どこよりもはやいカンヌライオンズ2023 PR部門受賞作品レビュー!「PRの6ルール」で解説します

なぜパーセプション(認識)を変えるのか? 変わるとどうなるか? #マープス

パーセプション戦略がなければ人は動かない!PRの第一人者・本田哲也さんに聞く、市場を創る「認識」の力

どうする、攻めの広報。 事業貢献したいし、社会課題だって解決したい。

「パーセプション」を正しく理解することが、マーケティングやPRの基本になるようです。

地方ブランドが大手メーカーの事例を真似してもうまくいかない理由について。

顧客は知っていても買うとは限らない!パーセプションとは?

+2

#投資信託事情 2023年4月号に『”もはや認知を争う戦いではない。認識の戦いなのだ。”』を寄稿しました。

「認知」だけの時代は終わった。新刊「パーセプション 市場をつくる新発想」の「はじめに」を発売前に全文公開!!