#14 夜のミュンヘン探訪

2日目の夕方、ホテルの部屋で

旅行記も#14まで進んだが、驚くなかれ、旅はまだ2日目。12月22日(日)の夕方。狩猟漁猟博物館からミュンヘンの街をぶらぶらしてホテルへ帰ってきたところである。

早朝から歩き回って少し眠い。ちょっと横になってお昼寝しよう。自由だ。そうそう、こういうのがいい。

結局17時から20時ごろまでしっかりめの昼寝になった。目が覚めると、うっすら何か聞こえる。マリエン広場の

もっとみる

初ドイツは何もかもがうまい!

2014年、ドイツへは仕事で伺いました。

アブダビでのトランジットを経て、役14時間ほどかかり到着。

この時初めてヨーロッパに降り立つ。

私は海外に行くと走っている車に注目します。

タイに行くと、かなりの割合で日本車が走っていますが

ここドイツでは、ベンツやフォルクスワーゲンなどの

ドイツ車が走っています。

ドイツで圧巻だったのは、アウトバーンでのスピード。

日本では出せないスピー

もっとみる

#13 狩猟漁猟博物館は想定外の面白さ!

ミュンヘンの市街地をぶらぶら

カフェ・ルイトポルトのあと、バウムクーヘンで有名な老舗「カフェ・クロイツカム」へカフェのはしごをしようとしたけども、チョコレートケーキ食べたばかりであんまり気乗りしなかったのでいったんスルー。

ぶらぶら歩いてノイハウザー通り方面へ南下。

あ、このお店大阪にもある。おしゃれな家具屋さん。

ビアホールもクリスマス。テントがサンタ帽だ! かわいい。

ノイハウザー通

もっとみる

ローテンブルク 街ごと保存されたドイツの中世

ヴュルツブルクの記事が比較的好評だったので今まで行ったヨーロッパの街のことを写真とともに紹介していこうと思う。好き勝手なことを書いていこうと始めたnoteだがやはり無益な自分語りをするよりは人が読んで楽しんでくれるようなものを書きたくのはブログを4年も続けていたからだろう。

”ドイツらしい観光”は南ドイツ

”ドイツ旅行”と聞いて人がイメージするのは

オレンジ色の屋根、中世のようなヨーロッパ的

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
30

ヴュルツブルク 写真で思い返す南ドイツの小さな観光街

ドイツの古都ヴュルツブルク

2年間ベルリンで過ごした後ヴュルツブルク音楽大学で4年間勉強した。ヴュルツブルクという人口13万人ほどの小さな街はドイツのちょうど中央、フランクフルトから電車で1時間ほどのところにある。今はバイエルン州に属しているが”フランケン地方”と分類される。

歴史は紀元前までさかのぼり、ゲルマン民族大移動の頃にフランク人が定住したと言われている。7世紀にはフランク王国の諸侯領

もっとみる
更新の励みになります
126

#12 一風変わったクリスマスマーケット

中世のクリスマスマーケット

ミュンヘン、レジデンツ中庭のクリスマスマーケットをあとにして、歩いてすぐのところにあるビッテルスバッハー広場。ここでは中世をテーマにしたクリスマスマーケットが開かれている。クリスマスマーケットと言っても本場ドイツともなると多種多様なのである。

中世のドイツ、と言われてもすぐにはイメージできないが、めちゃくちゃ素敵な人、モノが山盛り! それっぽいコスプレ姿の人がハープ

もっとみる