ストリーマー

ゲーム配信で広がる世界の輪③(1分)
再生

ゲーム配信で広がる世界の輪③(1分)

動画はVtuber方面では、Vtuberの海外への紹介者としてよく知られるKoefficientさんの公式切り抜きから拝借。 海外ストリーマーが日本のゲームやったり、日本のストリーマーが海外のゲームやったり楽しいですね。

ゲーム配信で広がる世界の輪②(3分)
再生

ゲーム配信で広がる世界の輪②(3分)

動画はツイッチで活躍するEuriece(ユリース)さんの公式切り抜き。 ユリースさんはフィリピンの方だったと記憶してますが、ホロライブが今EN(Englishメインの配信というだけで国籍は多様)とマイクラで盛り上がっていたり、割ともう国籍とかどうでもよくなっているようで配信方面が今面白いです。

今から見る日本のストリーマー(APEX)
再生

今から見る日本のストリーマー(APEX)

動画はYouTubeから借り物。twitch配信の切り抜きで、ソースはカトマスという加藤純一企画のAPEX配信。 最大同接24万人、アーカイブの再生数が回によっては580万回という伝説の配信があったらしいのですが、私のようなニワカモンにも"日本にはこんなストリーマーがいます"という紹介動画として重宝したのでお借りしました。 登場人物が多すぎるので、ハッシュタグでの人物名は割愛。

スキ
2
プロゲーマーとゲーム実況者の区別が付かない連中について

プロゲーマーとゲーム実況者の区別が付かない連中について

プロゲーマーとは面白い試合を見せる仕事だ。 日本国内のプロリーグに参加して、レベルの高い試合で興行を盛り上げる。それが本業だってのに、ストリーマーと勘違いしたのか「面白い配信しろ」と文句を言う連中がいる。 FPSの釈迦やStylishNoobは元プロゲーマーだが、今はストリーマーだから職業が違う。 ああいう系統を目指せってのは話が違うわけ。 なのに「配信に力を入れろ」とか「SNSを有効活用しろ」とか、それが出来なきゃプロ失格だとか、プロデューサー目線の奴を見かけるんだが、

フリースタイルMADひろゆきvs加藤純一
再生

フリースタイルMADひろゆきvs加藤純一

動画はYouTubeからの借り物ベタ貼り。 なんかバズってるらしいし面白かったので。

新時代e-Sportsゲーミング&ストリーマー×アクアリウムプロジェクトの初期メンバーの募集!!(ストリーマー部門)
+4

新時代e-Sportsゲーミング&ストリーマー×アクアリウムプロジェクトの初期メンバーの募集!!(ストリーマー部門)

本ページを閲覧して頂きありがとうございます。オーナーのろいにゃんと申します。この度企業様とにしやん会長の御協力もあり、今までのゲーミングチームにはない自他共に楽しめる新しいコンセプトを持ったチームをたちあげる企画をスタートさせる事となりました。それに伴い初期から活動し盛り上げていけるチームメンバーを一般応募で募集させてもらいます。下記に記載する条件やチームの活動目的、説明、応募条件等をしっかり読み、応募条件の下部に書いてあるテンプレートを利用し下記のメールアドレス(royly

改訂「私の職業V・ストリーマー」第7話 「反撃の狼煙」

改訂「私の職業V・ストリーマー」第7話 「反撃の狼煙」

「便利な世の中になったものね」  私はメールを受け取った次の日、近くの電気店に来ていた。買ったものはパソコンに繋げるカメラとマイク。あれから何通かメールをやり取りし、接溝口さんと話すことになった。会話は電話ではなくパソコンでビデオ通話をすることになった。  昔オンラインゲームや配信をやっていた名残で、それなりに良いマイクは持っていたが、カメラが無いことに気が付いた私は安いのでいいからと買いに来たのである。  家に帰って早速パソコンを付けてカメラを接続し認証さ、向こうから

スキ
6
改訂「私の職業V・ストリーマー」第6話 「V・ストリーマー成功の形」

改訂「私の職業V・ストリーマー」第6話 「V・ストリーマー成功の形」

「V・ストリーマー成功の形」  私が新人の頃、新商品をいかに売り込むかを難儀してた時、上司に言われた「別に化粧なんかしなくても死なないんだよ。でも売らなきゃいけないんだ」 この一言に答えが詰まっていた。  世の中にあるエンタメは例え無くなったとしても死ぬ人は少ないだろう。でも、食料品、衣料品、医薬品、住居などが無くなったら死ぬ人は出てくる。  その分類で行くと私が売っている化粧品は生きていく上で絶対必要ではないのである。災害が起きた時、化粧している人がいないことが答え

改訂「私の職業V・ストリーマー」  第5話 運命通知

改訂「私の職業V・ストリーマー」  第5話 運命通知

サテラゼロに応募メールを送ってから数日後、返信が有った。 「不合格」  まあ、それもそうだろう。ストリーマーとしてのアピールポイントを一切書かなかったのだから向こうも困っただろう。 私は届いたメールを眺めながら煙草に火をつけた。 「・・・なかなかね、どうしてもうまくは行かないよね」 冷蔵庫の中に入っていたビールのプルタブを引っ張り、コップに注ぐ。ビールを勢いよく飲み干すと、大きなため息をついた。  私はそれから忙しくなり、このことをすっかり忘れてしまった。新しい商

改訂「私の職業V・ストリーマー」  第4話 「Vとしての持ち物」

改訂「私の職業V・ストリーマー」  第4話 「Vとしての持ち物」

それからというもの私はエントリーシートを書いては消して書いては消してをくりかえしていた。なかなか納得のいくようなことが書けなかったのだ。 企業系V・ストリーマーになるため応募条件は大きく分けると 「元々、何かをしている人を募集するパターン」 「本当にやったことのない人が入れるパターン」 この2つがある。  前者はSNSなどでフォロワーが1000人以上いることが応募の条件となっていたりする。この応募条件は素人に採ってかなり厳しいというか不可能に近い。そもそも1000人か

スキ
2