7/27の滴り「お洋服大好きだお」

東京オペラシティアートギャラリーで開催されている
「ドレス・コード?着る人たちのゲーム」展を観てきましたよ。

京都服飾文化研究財団(KCI)が所蔵するお洋服がズラっと勢ぞろい。
とはいえ、お洋服をただ愛でる展覧会ではなく、
「着ること」を考える展覧会でした。

ということで、個人的にはとっても刺激的だったので
後ほど、感想をちょろっと書こうかと思ってあれこれまとめております。
(午後の仕事がヒマ

もっとみる
ハッピーターン味の幸せをあなたに贈るわよ!
5

『ドレス・コード?』展はいかが?

ふと気付いたら会期延長になってた展覧会、見てきました。

8月30日までなのでまだ少し時間があります。

『ドレス・コード~着る人達のゲーム~』

会場:東京オペラシティ アートギャラリー

様々な問いかけによる展示構成も楽しく、時にハッとさせられたり。

自分は今日ここになんでこれを着てきたのか?とか普段の装いで考えてみる機会もなかなかないかもしれません。

色々な意味で楽しい展示でした。

もっとみる
また是非! 今年はバレエ・スエドワ100周年。
4

現代にマッチするorしないアンティークジュエリー

100年以上前、アンティークジュエリーが制作されていた頃のファッションは、
女性はコルセットを着けていて、大きく広がったロングスカートを履き、
時にデコラティブな巨大な帽子を被っていました。

現代とは、まるで違います。
ココシャネルが現れ、コルセットから女性を解放し、
ボブなどのショートヘア、パンツスタイル、膝丈のスカートなど、
現代のファッションスタイルの基盤ができるのは、
1900年代になっ

もっとみる

いま、ピルグリム、ヨウジヤマモト、川久保玲を読まないで、いつ読みますか?ヨウジヤマモト、川久保玲、ピルグリム サーフ+サプライ

昔から洋服が好きで、以前はヨウジヤマモト、川久保玲がお気に入りだった。しかしこの日本を代表するデザイナー、ふたりが恋人関係だったなんて・・・川久保玲はヤンキーのおばさんみたいと聞いた。ヨウジヤマモトは女好き、頭は賢いと聞いた。すべて実際にヨウジヤマモト、川久保玲と関わったことのあるアパレル関係者から聞いた話。

・・・しかし、マスク販売しているのね

ヨウジヤマモトは以前、経営破綻していた・・・

もっとみる
ホンマにありがとうございます!うれしいです
13

1930年代にフランス人が熱狂したタツノオトシゴ:ジュエリー秘話

1930年代:アールデコ期にフランスで流行ったタツノオトシゴのモチーフのジュエリー。

この背景にはとても興味深い事実があります。
ジャン・パンルヴェ(1902~1989年)は、フランスの映画監督であり、水中生物専門の生物学者。
ダリやスキャパレリのように、彼もまたシュールレアリズムに魅せられ、作品作りをした一人です。

彼の最高傑作と言われているのが、タツノオトシゴにフュチャーした映画。
タツノ

もっとみる

わくわくのもと コム デ ギャルソン

小さい頃から服が好き。人からどう見られるかではなく、好きな格好をして気分良くいたい。イマイチなだったな、と思う服装で出かけると一日気分が沈む。そんな私のわくわくのもとはコム デ ギャルソンの服だ。

ギャルソンに出会うまではその時代時代に流行ったもの、例えばDCブランドの服、でも人とはちょっと違うもの、を探して着ていたように思う。ギャルソンの服も最初はギャルソンだから、ではなく目についた好みの服が

もっとみる
ありがとうございます❣️
2

母の教育方針、アートとの距離;日本とイギリス

私は2歳の頃から、美術館や博物館に行っていました。
私が、とてもとてもおとなしい子供であったこと。
趣味で日本画を描いていた祖母が美術館や博物館に行く習慣があったこと。
祖母が私をよく、連れて行ってくれていました。
そして、母の教育方針が、
「知識がなくても、分からなくてもいいの。
本物を見なさい!
本物を見ておけば、何が本物で、何が偽物かは分かるようになる。」
このことは私の人生に強い影響を与え

もっとみる
ビー玉を 集めて早し 命まだ
2

可愛い、、、

あーちゃんのコムデギャルソン私物紹介動画ですが、アッと言う間に終わり、ファンからすると、こんな商品もあったのねぇ〜と非常にオベンキョになる稀な御紹介動画、、、コムデギャルソン好き自慢が闊歩する中、、、、今の所嫌味を感じないし、、、この動画を見て一週間は幸せになれそうな気配、、、YouTubeは10分やらないと広告が付かないとの事ですが、10分編集して収益化すべき価値ある投稿です。

好きしてくれたかとて好き返しは求めないでね。

アンティークジュエリーの修理の難しさと覚悟

アンティーク&ヴィンテージジュエリーにおいて、
最も大切なことが修理です。

100年前に建てられた家が修理なしに住むことができないように、
アンティークジュエリーもまた、
修理をして、手を加えてあげることで、より永く愛用して頂けるようになります。

買い付けの際の大きなポイントの一つが、ジュエリーの状態なのです。
完璧な状態、不具合があるけれど修理可能、修理をしても壊れてしまう、
そもそも、修理

もっとみる