グローバルリーダー

Fラン理系大学生がユニクロに採用されるまでの道のり

まだ採用もされてないのにこのようなことを書いていいのか?と不安を抱えながらも進めていく。今日はファーストリテイリング(ユニクロ)について調べたことをひたすら書いていく。どこかで見たnoteの記事でSNSの発信で、なるべく就活生は企業の情報など発信しないほうがいいというのを見た。誰が見ているか分からないから。しかし、それは私には関係ない。むしろ私の場合は見られたほうがマシだ。どんなチャンスでも自ら掴

もっとみる
あなたの『スキ』でアイデアが浮かびそうです...ありがとうございます!
9

違いを楽しむためにできること

written by 小池恭久

新型コロナの感染拡大が始まってから一年が経ちました。私は中国上海に駐在していますが、多くの日本人駐在員が一年以上一時帰国することもできない状況が続いており、家族に会えずストレスがたまっているという方が多くいらっしゃいます。

コロナ禍でさまざまな規制や変化に直面し、世界中の多くの人々が、これまで経験したことのないほどのストレスを経験しているのではないでしょうか。

もっとみる
ありがとうございます
7

日経セミナー「採用したグローバル人材を戦略的に「グローバルリーダー」に育成するためには?」に登壇します

2月18日に開催される日経セミナー「採用したグローバル人材を戦略的に「グローバルリーダー」に育成するためには?~戦略的なリーダーシップ・パイプラインの構築のヒント~」で代表の梯慶太が登壇します。詳しくはこちらをクリックください。

スキありがとうございます!
1

メールの書き出しは?

日本人に向けたメールでは相手の名前に加え、
まず時候のあいさつを添えたり、「お世話に
なっております」のようなあいさつから始まる
ことが多いのではないかと思います。

では外国人に対してメールを書くときも同じ
でしょうか? まず相手の名前を「Dear〜」で
書いて、それから「How are you?」ですか?

あるいはそんなあいさつも抜き、名前も入れず
にいきなり用件から入るでしょうか。

これ

もっとみる

第2回 グローバルゼミ受講者対象学部別懇談会開催!

 こんにちは!TGLCA田中です。寒いですね!研究室に行こうと朝家を出たら、初雪が降っていました。そろそろ冬眠したいところですが、研究とTGLCAの活動と留学準備に必死です。

 後期の活動第一弾として、11月下旬に学部別懇談会を行いましたので報告します!好評だった前期の懇談会に引き続き2回目の開催でした。

(ポスター作成ツールもこの一年のTGLCAの活動でかなり慣れました)

【概要】新型コロ

もっとみる

自己軸を持って、今をしなやかに生きるには。

多くの人が、自身の価値観を問い直すこととなった2020年。

世界経済フォーラムはThe Great Resetを打ち出し、iLEAPの本拠地米国では4年に一度の大統領選が行われ、日本でもポスト・コロナ時代という言葉をたくさん見かけました。

積み上げてきた、当たり前にあると思っていた明日が覆され、正直この先どう歩んでいけば良いのか戸惑った人も多かったのではないでしょうか…。(この記事を書いている

もっとみる

【思考は物質化する】夢を明確化すると辿り着く理想の未来とは

第27回目の投稿となります。今回もお読み頂きありがとうございます。

さて、今回は思考は物質化する、というお話についてです。

「思考は現実化する」、というのは、成功哲学で有名なナポレオンヒルの本のタイトルにもなっていますし、釈迦も2500年前から、「人は考えた通りになる」と明言しています。

そう。万物の霊長である人間のみが、動物界において、思考というエネルギーを現実化させる力を持っているのです

もっとみる
有難う御座います‼️一期一会に感謝です。
8

中国はグローバルリーダーになれるか

中国はダボス会議においてグローバルのえいえいリーダーになることを宣言した。

リーダーになりたいというのは勝手であるがリーダーとして務まるかは別の問題である。

世界のリーダーになるにはそれなりの資質が必要である。

また、思想や宗教的な面も決してないとは言えない。

更に相当な自己犠牲も払わなくてはいけなく、途中で止めることも出来ない。

中国の今のシステムがグローバルで受け入れられるようなもの

もっとみる

iLEAP新オンラインプログラム「グローバルリーダーシップ101」始まりました!

みなさん、こんにちは!iLEAPスタッフのゆかです。
現在、滋賀県の高校2年生お一人が、iLEAPのオンラインプログラムGlobal Leadership Academy(GLA)の第一期生として今月初めからリーダーシップジャーニーを共に歩んでくれていて、モジュール3までを終え折り返し地点に来ました(1つの時間割をモジュールと読んでいます|回数は執筆時点です)。

ラーニングガイド(註:ファシリテ

もっとみる