大人になるということ

久々に面白い漫画に出会えたので、感想とともに紹介

普通の人でいいのに!/冬野 梅子

率直にいうと、私はこれを読んでとても心が痛くなった。将来の自分のように感じてしまったから。

主人公を例えるなら「理想と現実のギャップにいつの間にか時間だけが過ぎ去っていったアラサー女子」

Twitterの他の人の感想の中には「大人になりきれない自分に対する蔑視」「プライドが高くて自身のない子」って言ってる人

もっとみる

おすすめをすぐに取り入れて、言語化する|外部からの刺激を良い影響にせよ

先日、この記事を読んだ。

そして、思い切りハートを鷲掴みにされてしまった。

「実は、恋愛にまつわる悩みの9割は『恋愛的瞬間』ってマンガに既に書かれてるんです。あと1割をどうしようか自分で悩めばいいだけ」

引用:僕がお金持ちになったら、恋愛する予定の人類全員に配りたいマンガ『恋愛的瞬間』

本当にそんな漫画あるのだろうか? 本当に…? もしそうなら、今すぐ読まなくては…! 

もうすっかり気に

もっとみる
嬉しいです。今後も書いていきますので、よろしくお願いいたします。
3

きみも物語ったことがあるのなら、ダンス・ダンス・ダンスールを読んでくれ

誰かに向けて、何かを物語った経験はあるだろうか。

『ダンス・ダンス・ダンスール』は、ジョージ朝倉が描く男子バレエ漫画だ。
ジョージ朝倉と言えば、菅田将暉主演で映画化もされた『溺れるナイフ』の原作者でもある。生々しくも瑞々しい少年少女の心理描写や、光と影の内包された世界観が魅力的だ。

あらすじ

『ダンス・ダンス・ダンスール』の主人公は、村尾潤平(むらお じゅんぺい)というひとりの少年である。

もっとみる

一晩で法隆寺を建てる女の子の話

私は正直人と話すことがあまり得意ではない。

とはいえ、大学時代に接客のアルバイトを4年、社会人を6年も経験すれば人並みの社交性はついたし初対面の人とも無難に会話を楽しめる方だと思う。

だけど、そんな私が大人になった今でもうまく返せない会話がある。

それは人から褒められた時だ。

「嬉しい」や「ありがとう」と返せば良いのに、なんとなく照れ臭くて、そして自分がそこまで称賛されるに値しない人間のよ

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
19

noteで最近楽しみに見ている4コマ。

介護職員的には「伝染らん病気は恐れなくていい」というテーマが好きです。

マンガ的にはぼた餅のような「大きい黒目」が好きです(^^)

…というわけで宣伝してしまおう。

https://note.com/sakuramanchan/n/n9b168f19d12e

頑張ります(^^)
30

子供が生まれたら絶対読ませる漫画

こんにちは、うさぎひまわりです。

(ヘッダーの画像はお借りしています)

私の趣味全開Noteのほうが受けがいいのがわかったので,今まで読んできた少年漫画でおすすめなものを紹介したいと思います。題して,「子供が生まれたら読ませたい少年漫画4選」です。本当に思うんですけど,少年漫画って教育上すごくいい教材だと思うんですよ。というのも,私が将来子供を産んで「どんな人に育ってほしいかな…」と考えたとき

もっとみる

群青にサイレンが終わってしまうことになりオタクの無力さに悲しくなる どうかこれを見た人が一人でも読んでくれることを祈ります

ありがとうございます☺️

私のおすすめする漫画たち

このnoteは私のおすすめする漫画の一覧です。
たまに更新するかも。

解説・読解したものにはリンクを貼っておくので、よければそちらもぜひどうぞ。

<更新分>(2020/7/28)
■「第3のギデオン」について書いたnoteのリンク貼りました
■長編/完結に「おやすみプンプン(浅野いにお)」追加しました
■長編/完結に「ど根性ガエルの娘(大月悠祐子)」追加しました

短編 編

僕は犬 / 米代

もっとみる

私たちの世界線にたしかに日向翔陽はいるのだ~ハイキュー完結に向けて~

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。なんて難しくて面白いバトンなんだろう。
バレーボールって。

本日2020/07/20。本当なら東京オリンピックが始まろうとしているなか、華々しく大団円を迎えたハイキュー!!という漫画について、思いの丈を綴ろうと思う。感謝も、感動も、うまく表せなかったこの涙を、少しでも伝えられたら、そしてたくさんの人に読んでもらえたら嬉しい。

ーーーーーーーーーーー

もっとみる
ありがとうございます!とっっっても励みになります!
2

ルビに感情が宿る「ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ」

先日、自粛明けに初めて友人と食事をした。

メンバーは、偏愛視点共有メディアZOCCONの編集長・ゆうぽるさん、広告代理店のプランナー・長谷川さん、わたしの3人。

ひょんなことから仲良くなった3人なのだが、唯一の共通点といえばサブカルチャーが好きなところだろうか。

久々に再会を果たした私たちは、序盤はお家時間の過ごし方について話していたのだが、お酒も進み中盤に差し掛かった頃、ゆうぽるさん発でこ

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
15