思弁逃避行

25
記事

思弁逃避行 00.はじめに

去年の夏、「思弁逃避行」という怪文書を京都のyugeという場所にて販売していた。発行部数が少なかったのか、それとも内容が良かったのか、あらかた後者だとは思うのだが完売してしまったため、そしてもうかれこれ半年以上経つのでnoteにて少しずつ公開していこうかと思う。

 おそらくnoteに載せるにあたって少し文章を変えたり書き加えたりもしてると思うので、去年思弁逃避行のZINEを買っていただいた数少な

もっとみる

思弁逃避行 01.のこり5%

【01.のこり5%】

 炒飯の話である。誰しもが一度は食べた事があり、また戦った事のある、あの炒飯の話だ。

 店で食べる炒飯にはおおよそ欠点というものがない。だいたいが美味い。そして割と安い。しかも腹もふくれる。素晴らしいの一言だ。しかしそんな炒飯にも手のほどこしようのない欠点がある。

 「ごちそうさま」が一向に出来ないのである。

 ご存知の通り、炒飯は残りが5%を切ると途端に戦いが始まっ

もっとみる

思弁逃避行 02.ものたりないものもの

【02.ものたりないものもの】

 馬刺しが好きだ。なぜか。うまいからだ。それなので馬刺しを食べるわけだ。

 それにしてもなんなのだろうか。馬刺しを食べるたびに思うのだが、なぜ馬刺しは「もうちょっとだけ食べたいな…」と思わせる量でしか出してくれないのだろうか。「もっとたくさん食べたい!」ではない。あくまで「もうちょっとだけ」なのだ。値段のせいだろうという正論を挟んでくる輩もいるだろうが、そういう

もっとみる

思弁逃避行 03.茄子

【03.茄子】

 ナスはいい。

 ナスというものは煮ても焼いても揚げても美味い。外は紫、中はクリーム色というとても口の中に入れてもいいものとは思えないようなあの素っ頓狂な配色もいい。あのスポンジ状の食感は他の野菜では見ることがない上に、よく油を吸う。天ぷらや麻婆茄子などにした日には、もはや美味いだなんだとかいう話では済まされない。めでたい。めでたい味がする。

 そんな美味の権化として慣れ親し

もっとみる

思弁逃避行 04.しりしりしらず

【04.しりしりしらず】

 にんじんしりしりという料理があるらしい。

 らしいというのも、まったくどんなものなのか知らないのだ。名前はたまに聞くのだが、どんな風貌をした料理なのか皆目見当がつかない。にんじんにいったい何をした。

 思えば和食は名前から、その料理は何をどうしたものなのか想像しやすい。

「鮭の塩焼き」

 じつに明快である。鮭を塩で焼いているのだ。

「里芋の煮っころがし」

もっとみる

思弁逃避行 05.明日のための空腹

【05.明日のための空腹】

 眠るに眠れず午前二時をまわった頃の話である。腹が減ってたまらなくなる。

 ラーメンが食べたい。カツ丼が食べたい。ハンバーガーが食べたい。とにかくがっつりとした何かがたべたくなる衝動は誰もが体感したことがある。そしてその気持ちをどうにもできずになにかを食べてしまうのだ。なぜなら私たちが生きる現代には、コンビニエンスストアなるものがあるからだ。二十四時間営業故、ポテチ

もっとみる

思弁逃避行 06.麻婆豆腐実践

【06.麻婆豆腐実践】 

 中華料理を食べにいくと、100%の確率で口の中を火傷してしまう。

 なかでも麻婆豆腐は驚異の保温性を誇る。凶悪なほどの熱さだ。しかも辛さも持ち合わせているため、他の料理に比べより一層ダメージが深い。なぜ我々はそんな麻婆豆腐を食べるのか。美味いからである。

 そんな幸福と苦痛が隣り合わせの中華料理、麻婆豆腐だが、本場の人たちは一体どうやって安全に食事をとっているのだ

もっとみる

思弁逃避行 07.並でよかった

【07.並でよかった】

 ラーメン屋に行く。

 大体のラーメン屋は小盛、並盛り、大盛りとサイズを選べるようになっている。さらにそこから特盛り、店によってはギガ盛りだなんて破格のサイズを用意しているところもある。つまりどのラーメン屋も基本的にお腹いっぱいになれるようにしてくれているのだ。また、私がラーメン屋に行く時はあらかたお腹がすいて仕方がない時だ。しかも私は男の子だ。お腹いっぱいに食べたいに

もっとみる

思弁逃避行 08.おかわり

【08.おかわり】

 死のうと思ったのではなく、生きるのをやめようと思った。

 追われるように駆け抜けた就活の末、なんとか搾り取った内定で会社員という身分を手に入れた。しかしそんなことももう数年間の話であり、今やただただ起伏のない時間を消費し続けているだけのような気がする。何かとんでもなく楽しいことは起きないものかと友人たちで退屈を嘆いていたあの学生時代の日々こそがすでにとんでもなく楽しかった

もっとみる

思弁逃避行 09.サラダをめぐる待ち時間

【09.サラダをめぐる待ち時間】

 ピザ屋のベンチで注文したピザが出来上がるのを待っていたときの話である。

 暇つぶしにと思ってメニューを眺めていると、サイドメニューに妙なものをみつけた。

「焼肉屋さんのチョレギサラダ」

 おわかりいただけるだろうか。なんとも言えぬ違和感が止まらない。

 まず、ここはピザ屋だ。焼肉屋さんなどではない。だというのにもかかわらず焼肉屋さんのサラダを出すとはな

もっとみる