「今年のオススメの本」 アドベントカレンダー2018

27

#0日目:アドベントカレンダーの時期に乗じて、おすすめの本を人にききまくる話

●自己紹介

 danです。仕事は人が動くきっかけづくりのために、WEB広告の営業したりディレクションしたりプロジェクトマネジメントしたりしてます。休みの日は、山に登ったり刺繍したり散歩するのが好きです。特技は洗顔フォームを泡立てることとtypoです。(どっちもフワフワしてるのが特徴)

唐突ですが、人に本の話を聞くのが好きです。誰かにこの本面白いよ!とオススメしてもらうのも、人にこれすっごく面白

もっとみる

#1日目:本嫌いな僕が読んじゃった「八神瑛子シリーズ」

本嫌いな僕が読んじゃった、はまっちゃった本は...

「八神瑛子シリーズ」

その中で、読みだした最初の1冊目は、

「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)」

そもそも...なんで本嫌いが本を読もうと思ったのか...

■本嫌い...活字嫌い...でも本読まねば!

業務設計・ITコンサルをやりだしたころ、自分の知っていることだけで提案していたのではよい案件の獲得ができなくなり

もっとみる

#2日目: 世界の解像度があがる瞬間

世界の解像度があがる瞬間が好きだ。

たとえば、「あ、田中さんって意外とお茶目なとこあるんだ」と気づく時。
たとえば、「え、日本にこんな見たこともない景色があるの?」と驚く時。

とても抽象的な話だが、世の中にどんな人がいて、
何を想って生きているのかを知りたい。
広くなくていい、狭くていいから深く知りたい。
行動範囲が広いわけでも、人づきあいが得意な方でもないのに、
いつもどこかでそう考えている

もっとみる
嬉しいです!金木犀の花言葉は「気高い人」
15

#3日目: 「〜でも」に続く言葉

黒胡椒を丸ごと噛んだことがあるだろうか。

子供の頃に祖母が作ってくれたシチューは、ブラウンでもホワイトでもなく、透明だった。黒胡椒がホールで入っていて、丸ごと噛んでしまう。
苦い。辛いよりまず、苦い。苦くて辛い味が、舌と鼻腔に広がる。その表情を見て、祖母がなぜか嬉しそうに「あたりだ。」と言う。

今年、組織開発界隈で大いに話題になった「TEAL組織」に出てくる1要素に「ホールネス」という言葉があ

もっとみる

#4日目: 一般論という名の束縛

一般論をいくら並べても人はどこにも行けない。
俺は今とても個人的な話をしてるんだ。

一般論っていうものは、ひどく都合の良いものだと思う。
自分のあらゆる一面も一般化すれば、まるで他人事のように置き換えることができる。
自分の嫌いなところ、苦手な部分、弱さや狡さ。
そうした醜い部分を昇華させてしまえば苦しみを味わうことなく生きていけるから。

だけど、
そんなとき「本当の自分」はどこに行ってしまう

もっとみる

#5日目:活字の晩酌に感じる魅力

感受性が乏しいのか、鈍感なのか、デリカシーがないのか、本を読む割には作家の文調や表現にのめり込む事がない。

例えば、村上春樹の比喩表現が散りばめられた本も楽しいとは思うが、現実離れし過ぎて今一つ想像力を刺激しない。

これまで気に入った本はその時の自分にオーバーラップするものが多い。
例えば自分の住んでる地域を題材にしたものや、物語が当時の状況似ていたりと、身近だから容易に想像できる内容が多い。

もっとみる

#6日目:夜の旅路を楽しむ

皆様、旅はお好きでしょうか?
今どこか行きたいところはありますか?
旅に出るならそうですね、飛行機・新幹線・自家用車…
何に乗ってどう行くかを考えるのも楽しいですよね。
私が旅に出る時によく利用するのは高速バス…特に「夜行バス」です。

というわけで私が今回ご紹介する本がこちら。
「夜行バスで出かけましょう」です。

こちらの本、実は私自身の初めての著書となるエッセイコミックなんです。
ここまで

もっとみる
ありがとうございます♡
15

#7日目:たまにはほっと一息

このアドベントカレンダーが始まって丁度、一週間。
これまで素敵な文章とともに色々な作品が紹介されていて、
「こ、こんなレベル高めな文章書けないよ…」とドギマギしていたら
あっという間に自分の順番が回ってきた。

小説やビジネス書などが紹介されている流れの中で、
意気揚々と漫画本を紹介しようとしている私。
息抜きがてらに、読んでほしい。そんな漫画本を紹介します。

■展開の予想を超えまくってくるシュ

もっとみる

#8日目:人生は最高の暇つぶしだ。

見たことがない場所、経験したことのない感覚、味わったことのないワクワク。そんな時間を少しでも増やして、死ぬまで暇をつぶすことが僕の幸福論。

だからこそ、パッと面白そうな匂いを嗅ぎつけダイブすることは自分にとってとても大事で、飛びついたあとすぐに飽きることになっても気にせず次のワクワクを追い求めて鼻を利かせる日々を繰り返してきた。

僕をそんな大人に育てたのは誰だろうか?
きっと、子供の頃に読み漁

もっとみる

#9日目:子供と楽しむクリスマスえほん

※友人主催のアドベンドカレンダーに参加しています。

昨年夏に子供が誕生し、更に今年春には職場復帰して、日々こなすだけでいっぱいいっぱいな毎日。

そんなわけで今年買った本は育児書を何冊かくらい…?(しかもそれほど読んでもない。)

自分の娯楽として読んだ本は1冊しか覚えていない…(図書館で予約していた本がちょうど帰省直前に回ってきたのと、数日後にスペシャルドラマになるというのでなんとか読みきった

もっとみる