見出し画像

#17日目:山小屋 へ思いを馳せる

山小屋に泊まるのっておもしろい。ホテルや旅館に泊まるのとは違う、山小屋ならではの過ごし方がある。夜はいつもより随分早く布団に入る。翌朝、日の出前に起きだして、雲海から昇ってくる朝日を眺める。とても寒い…けれど清々しい。



山小屋の食卓では、自然と同じテーブルの方々と会話が生まれる。「今日はどちらに行かれるんですか?」「どこそこの山もよかったよ~」などなど。先日泊まった所では、その日の宿泊客が少なかったこともあり、小屋のご主人もこたつにあたりながら、山の話、朝の連ドラ、岸和田のだんじり話にと大いに盛り上がった。

この本は、本格的な登山をして辿り着く山小屋や、ロープウェイで行ける所など、登山レベルの表示もあり、自分の体力に合わせて行先を選ぶこともできる。

本の中で紹介される山小屋は、どこも行ってみたくなる。読んでいてわくわくする。薪ストーブで焼くトースト、ぺろりと食べれちゃう揚げパン(甘い系はもちろん、チーズ味もおすすめ)、手作りシュウマイ、モモンガが訪れる小屋、星博士の星解説、食い倒れ街道………!
(食べ物以外の魅力も、もちろんたくさんある。)

次はここに泊まって、あの山に登ろう、と本を眺めながら、計画を頭に巡らせる時間も楽しい。

そして、寒くなってくると、「あの辺りは、もう雪深くなってるんだろなぁ…。小屋の方はスキーで颯爽と山を下っているのかなぁ…」と、思い出の山小屋へ思いを馳せるのだ。

追記

山小屋の基本的な情報を少し…。

*20時~21時くらいには消灯。

*朝ごはんは5時~6時くらいに出てくるところがほとんど。

*風呂無し

*標高が高いため、防寒対策が必要

山での生活は、下界とは「作法が違う」と理解して、事前の準備が大切。それさえしておけば、気持ち良く過ごせるはず。クリスマス会や年越しパーティーなど、楽しいイベントを企画している山小屋もありますよ~。

それでは、メリークリスマス!!

6
山登り、ハイキング、旅が好き。兵庫県は六甲山の麓に住んでます。

こちらでもピックアップされています

「今年のオススメの本」
アドベントカレンダー2018
「今年のオススメの本」 アドベントカレンダー2018
  • 27本

https://adventar.org/calendars/3713 人に本の話を聞くのが好きです。 誰かにこの本面白いよ!とオススメしてもらうのも、 人にこれすっごく面白いよ!!とオススメするのも好きです。 個性が愉快な仲間たちに、ひたすら好きな本語ってもらうアドベントカレンダーです

コメント (2)
表紙と写真の山小屋は、長野県の北八ヶ岳にある縞枯山荘。地上からロープウェイで7分で標高2000m以上のところまで行けて、そこから15分平地を歩くだけの難易度最低レベルコース。山小屋周辺の景色は北欧のように静かで美しい。オリジナルのカップで飲めるコーヒーや、温もりを感じるご飯が美味しい。季節の置物が飾られたトイレもきれいだし、何より親父が渋かわいい!!😍
2月にテレマークスキーしたいー!
danちゃん丁寧かつ分かりやすい、補足説明ありがとう(^^)♡
テレマークスキーしたいねー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。