Koushi Kagawa

ドキュメントサイト担当 / Webサービス・テクニカルライティング・英語等、学習したこ…

Koushi Kagawa

ドキュメントサイト担当 / Webサービス・テクニカルライティング・英語等、学習したことを書いてます。 長野県松本市からリモート勤務してます。

マガジン

  • 3本立て日記

    3つのテーマをもとに構成された日記

  • 松本市で生活中

    仙台19年、東京14年を経て2016年11月より長野県松本市で暮らす私の日記。

  • 音楽日記

    好きな曲について書いてます。

  • ドキュメントデザイン Document Design

    ドキュメントについて学ぶために、さまざまな本や記事から得た情報を紹介します。

  • 読書日記

    好きな本について書いてます。

最近の記事

  • 固定された記事

テクニカルライターになるために、参考にした、書籍と資料を紹介します。

2021年よりテクニカルライティングを学んでいます。 最初は何をすべきかが分からずに、本を読み、動画を見て、ひたすら書くというのを続けていました。まだまだ勉強中ではありますが、徐々にコツを理解してきて何とか続けて来れてます。 そんな中で、ライティングに興味を持つ方から「どんな勉強すると良いです?」や、「どんな本がオススメ?」と質問されることが増えてきました。良い機会なので、今まで学習してきた中で、良かった内容をまとめてみようと思います。 これからテクニカルライティング学ん

    • 日記(いちご狩りに行った、ドキュメントの品質測定について考える、ニコニコタンタン)

      いちご狩りに行った3連休で実家に帰ろうと思ったのだけど、娘たちの体調が悪くて延期した。お正月も延期したので残念だが、こればっかりはしょうがない。 暇になったので、いちご狩りに行った。三女が最近「いつつごうさぎのきっさてん」という本が好きで、いちご狩りに行きたいとよく言っていたからだ。 しかしすごい。だだっ広いいちご畑から好きなだけ食べて良いよ!というシステム。お腹と相談とはいえ、時間無制限で好きなだけと言われるとテンションが上がる。娘たちも満足そうでしょ買った。 どうでも

      • 日記(ピークエンドの法則、自分ができることではなく相手がやってほしいことをやる、雪が積もったらとりあえずダイブ)

        ピークエンドの法則先日娘がゴーカートがやりたいというので公園に連れて行ったところ、冬季休業でやっていなかった。案の定娘は不機嫌になり、泣き叫び、こんなところ来たくなかったとまでいう始末。どうしたもんかと思っていたら売店にイチゴシュークリームがあったので、普段はこういうの買わないのだけど、あまりにもかわいそうだったので買ってあげた。するとみるみる機嫌が良くなり、その後も楽しく休日を過ごすことができた。 夜に今日は楽しかったか聞いてみると、シュークリームが美味しかったので楽しか

        • 日記(カイゼンジャーニーに頼る、連ドラだったら6話目くらい、MGMTの新譜を楽しみにしている)

          カイゼンジャーニーに頼る新しくチームを作る場面や、チームに人が参加してくる場面ではよくカイゼンジャーニーに頼っている。ひとりから始めて、どのようにチームに浸透させていくかというのが丁寧に書かれているので、いつも非常に参考になる。 スクラムやアジャイルをがっつりやっていないので理解ができていない部分もあり申し訳ない気持ちもありますが、それでもかなり参考になるので、やはり良い本。続編?のチームジャーニーも買って読んでみよう。 連ドラだったら6話目くらいうちの妻は連ドラを見るとき

        • 固定された記事

        テクニカルライターになるために、参考にした、書籍と資料を紹介します。

        • 日記(いちご狩りに行った、ドキュメントの品質測定について考える、ニコニコタンタン)

        • 日記(ピークエンドの法則、自分ができることではなく相手がやってほしいことをやる、雪が積もったらとりあえずダイブ)

        • 日記(カイゼンジャーニーに頼る、連ドラだったら6話目くらい、MGMTの新譜を楽しみにしている)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 3本立て日記
          Koushi Kagawa
        • 松本市で生活中
          Koushi Kagawa
        • 音楽日記
          Koushi Kagawa
        • ドキュメントデザイン Document Design
          Koushi Kagawa
        • 読書日記
          Koushi Kagawa
        • プロジェクトマネジメント.ep
          Koushi Kagawa

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          日記(「チームを動かすIT英語実践マニュアル」を読み始めた、長女がポケモンを始めた、父から友達申請が来た)

          「チームを動かすIT英語実践マニュアル」を読み始めた英語圏のメンバーとやりとりするために、英語が必須となった。 英会話の勉強はやり続けるとして、基本テキストのやり取りとなるので何かテンプレートというか、使える英作文的なのがほしいと思っていたところであったのがこちらの本。 「IT英語」というだけあって、下記のような例文が紹介されています。 章分けが「1対1のミーティングを成功させる!」「EメールとSlaskで成功する!」などシチュエーションに分かれているので、必要な場面ごと

          日記(「チームを動かすIT英語実践マニュアル」を読み始めた、長女がポケモンを始めた、父から友達申請が来た)

          日記(UXデザインの教科書、一人から始めるユーザーエクスペリエンス、戦略的UXライティングを読んでいる)

          「UXデザインの教科書」を読んでいる改めてUXというものに向き合おうと思い、いろいろな本を読み出した。 UXデザインが必要になる背景や目指す先が丁寧に書かれていて、タイトル通り教科書的な本。第2章の基礎知識だけでも覚えること多くて大変だけど、時折読み返して身につけていきたい。ガイドラインやデザインパターンについても書かれていて嬉しい。 3章以降がまだ読めていないのと、まだ読んでも理解できないかもなので2章までを読み込むようにする。 「一人から始めるユーザーエクスペリエンス

          日記(UXデザインの教科書、一人から始めるユーザーエクスペリエンス、戦略的UXライティングを読んでいる)

          日記(チャーハンを作った、若林さんのnoteを読んだ、寄付しました)

          チャーハンを作った玉ねぎをはちゃめちゃに炒め倒し、甘みをつけたところで卵とご飯を投入。チャーシューのみを加え、鶏がらスープを混ぜ、香り付けに醤油をサーッとまぶしたチャーハンを作った。一度お椀に装ってからお皿に盛り付けて見た目も良くした。 子どもたちにも大ウケだったのでもう一度作りたい。チャーハン嫌いの次女も喜んで食べてくれたのが嬉しかった。パラパラしているのが良いらしい。 ちなみにチャーハンは、高校くらいの時にジャングルTV 〜タモリの法則でタモさんが作っていたのをいまだに

          日記(チャーハンを作った、若林さんのnoteを読んだ、寄付しました)

          カレーを作った

          子どもたちの感想★★★★★ 美味しい! 甘い! もっと食べたい! おかわり! ポイント夜中にふと思い立ってカレーを作った。玉ねぎを飴色になるまで炒めまくったのが甘さのポイントかも。あとはジャガイモではなくさつまいもを使った。その他はバーモントカレーの箱の裏通りに作ったので間違いなし。 お正月なので実家の仙台に帰省予定でしたが、予約していた新幹線が運休になったので帰省は無しにしました。帰省を楽しみにしていた子どもたちは残念そうだったけど、幼いながらに状況を理解してい

          カレーを作った

          2023年の振り返り(ヌーラボに入社しました、引っ越しをしました、水泳を始めました。)

          2023年を振り返ります。 ヌーラボに入社しました11月からヌーラボに入社しました。ヌーラバーというやつです。 相変わらずドキュメントサイトを見たり、UXライティングを担当したりとワイワイやってます。入社してまだ2ヶ月ですが、メンバーにも恵まれてたくさんのことを学んでいます。 やらなくてはいけないこともやりたいこともたくさんあるし、早く貢献しなくてはというハヤる気持ちもありますが、焦らず丁寧にコツコツとやっていきたいと思います。 引っ越しをしました夏頃に引っ越しました。と

          2023年の振り返り(ヌーラボに入社しました、引っ越しをしました、水泳を始めました。)

          3級 テクニカルライティング試験を受験しました。概要/学習について/感想などをまとめます

          2023年の夏に、3級 テクニカルライティング試験[TW]を受験し、無事に合格しました。試験後、手応えは感じていましたが、結果が発表されるまでは不安でした。 なので、結果が出た瞬間、素直に喜びと安堵の気持ちが押し寄せました。合格していて本当によかった〜!! 3級 テクニカルライティング試験[TW]とはこのセクションでは、TC協会が実施している3級テクニカルライティング試験[TW]について説明します。以下、TC協会のサイトより引用した詳細情報す。 この試験は、伝えたい情報を

          3級 テクニカルライティング試験を受験しました。概要/学習について/感想などをまとめます

          『エンジニアのためのドキュメントライティング』を読んだ感想メモ

          Alphabetのテクニカルライター、Stripeのテクニカルライターなど、開発者向けドキュメント作成の経験に長けた方々が著者として名を連ねる、開発者向けドキュメントについて書かれた書籍『エンジニアのためのドキュメントライティング』を読んだので感想メモです。 Chapter1 読み手の理解Chapter1が「読み手の理解」から始まっているのがとても良い 🐮「知識の呪い」初めて聞いた言葉だけど、身に覚えがある 当然だと思っていたことが、読み手にとっては理解できないことはよ

          『エンジニアのためのドキュメントライティング』を読んだ感想メモ

          ドキュメントの効果を計る方法について、10案ほど考えた

          ドキュメントサイトを運営している中で、非常に頭を抱えているのがドキュメントの効果測定です。 まだまだ検証中ではありますが、いくつか試してみる価値がある方法をまとめました。同じく悩みを抱えている方の助けになれれば嬉しいです。 測定方法目的を達成するまでの時間を計測する ドキュメントの目的を満たすために、どのくらいの時間がかかるかを測定します。読み手としては、ドキュメントを読むことでいち早く悩みを解決したいと思っています。なので、達成まで短ければ短いほど良いというわけです。

          ドキュメントの効果を計る方法について、10案ほど考えた

          ドキュメントを書くために設計書を作る

          私はドキュメントを書く前に、設計書を書いて書く内容をまとめています。 設計書、開発の時には必須で作成しますが、ドキュメントも同様であった方が色々と便利なのではと思ったのが発端です。 設計書を作成することの利点としてはいくつかありますが、大きくは下記2つだと思っています。 ドキュメントの目的を把握しやすくなる 他のメンバーにタスクをパスしても、文脈が理解できるようになる ドキュメントはできれば少ない方が読む方の負担は減ります。そのため、無駄なドキュメントは極力作らない

          ドキュメントを書くために設計書を作る

          シンプルで効率的な、ドキュメント作成の3ステップ(ドキュメントを最後まで書き切れないかたへ)

          ドキュメントについて、よく下記のような質問をいただきます。 書きたいことはあるけれども、書き始めたら内容が散らばってしまいうまく着地できない、ということはよくあります。その結果、途中で書くのを辞めてしまったり、中途半端に公開してうまく伝わらなかったりしてしまう。 今回の質問のケースの場合にうまく解決できるように、私がドキュメントを書き始めるときに意識する3つのステップを紹介します。 目的を明確にするまずは、ドキュメントの目的を明確にします。 「このドキュメントを書くこ

          シンプルで効率的な、ドキュメント作成の3ステップ(ドキュメントを最後まで書き切れないかたへ)

          textlintと音読でドキュメントをレベルアップする(ひとりレビューの方法)

          先日レビューのコツについてnoteを書きました。 すると、「周りにレビューしてもらう人がいない」というご意見をいただきました。レビューは誰かにしてもらうことが良いですが、1人でもある程度はできるので、今回は1人でレビューする方法を紹介します。 textlintを利用するtextlintとは、校正ルールにもとづいて自動で文章の誤りを修正してくれるツールです。例えば、以下のように修正点を提示してくれます。 誤字脱字や文章の間違い、文章の長さを指摘してくれるのでとても助かりま

          textlintと音読でドキュメントをレベルアップする(ひとりレビューの方法)

          レビューしてもらう/する場合に意識すること、やり方を考える

          先日ドキュメントのレビューについて相談を受けました。 『レビューをしてもらう必要性はわかっているものの、いろいろツラい』とのこと。具体的に話を聞いてみると、以下のようなツラみがあるようです。 「わかるな〜」と思いつつ、「私はどうやってレビュー対応していたっけな?」というのを考えてみたいと思います。 レビューについてそもそもの話として、良いドキュメントを書くにはレビューが必要です。 他者に見てもらうことによって、足りない部分を補えたり、無駄な部分を省けてスッキリさせたりでき

          レビューしてもらう/する場合に意識すること、やり方を考える