3good 光川和子

3goodGift  幸福感の循環するインタビュー「声のアルバム」 というサービスを企…

3good 光川和子

3goodGift  幸福感の循環するインタビュー「声のアルバム」 というサービスを企画運営しています。 https://3goodgift.com/

記事一覧

固定された記事

人生の話を、聞きに行く。大事なことを声で残す「声のアルバム」

はじめまして 3goodGift 幸福感の循環するインタビュー「声のアルバム」 を企画運営しております光川和子と申します。 声のアルバムは、高齢期の親子様(親80代・子50代…

14

声のアルバムの原点④ ~4人のおじさんの友情

父が倒れたのは55歳の時でした。 私の父は田舎の長男坊ですので、若い時に仕事の修行で一時家を離れた以外は実家を出たことがありません(たぶん)。確か一度民間企業に入…

立春に新年の抱負を立ててみる

二十四節気では本日から新しい1年が始まるということもあり。 今朝フォローさせていただいているみきまよさんの投稿を読んで、 改めて「豊かさ」とはなんだろうか、私が…

3

29年目に動き出した家族の時間 ~阪神淡路大震災・遺族のことば

2024年は、とても心痛む出来事が多かった年の始まりでした。 今年は特にいろいろなことを考えた年末年始でしたが、神戸の近くに住む私にとっては1月17日の阪神淡路大震災が…

9

声のアルバムの原点③ ~地方の子の進路選択

地方の子というのは、進学しようと思うと大体は強制的に実家を離れることになります。 18歳での一人暮らし。寮に入るかアパートを借りるかで結構違うが、今の子だったら大…

11

声のアルバムの原点② ~地方の病室の風景

私の父が入院していたのは地方の総合病院ですが、倒れた時から何度か部屋の移動がありました。 気管切開している部分に痰がつまると息が止まってしまうので初期は24時間誰…

3

ひきこもり支援のNPO法人との業務提携

2023年8月より、吹田市でひきこもり支援事業をされているNPO法人フルハウス様との業務提携を開始しました。 ※3goodからの音声編集業務委託契約です ■NPO法人フルハウス…

6

声のアルバムの原点① ~父が倒れた日

私が起業した経緯は、以下の記事が分かりやすいかと思います。 https://www.projectdesign.jp/articles/54cfc092-0959-4831-8e44-82ba92307876 noteではもう少し、気持ち…

5
人生の話を、聞きに行く。大事なことを声で残す「声のアルバム」

人生の話を、聞きに行く。大事なことを声で残す「声のアルバム」

はじめまして
3goodGift 幸福感の循環するインタビュー「声のアルバム」
を企画運営しております光川和子と申します。

声のアルバムは、高齢期の親子様(親80代・子50代前後)をメインターゲットに子供さんより依頼を受け、親御さんのもとにインタビューに伺います。
2時間じっくりとお話を聞き、30分に編集した「声」を依頼主である子供さんに届けるというサービスです。

どういう想いで自分を育ててき

もっとみる
声のアルバムの原点④ ~4人のおじさんの友情

声のアルバムの原点④ ~4人のおじさんの友情

父が倒れたのは55歳の時でした。
私の父は田舎の長男坊ですので、若い時に仕事の修行で一時家を離れた以外は実家を出たことがありません(たぶん)。確か一度民間企業に入社した後、地元の公務員になってずっと町の役場で働くという人生を送りました。

育った町ですしあの年代ですから、学校の運動会なんかでも親同士が幼なじみだらけでわきあいあいと平和なものでした。明るくひょうきんな性格でしたから、友達は多くいたよ

もっとみる
立春に新年の抱負を立ててみる

立春に新年の抱負を立ててみる

二十四節気では本日から新しい1年が始まるということもあり。

今朝フォローさせていただいているみきまよさんの投稿を読んで、
改めて「豊かさ」とはなんだろうか、私が目指していきたい世界とはなんだろうかと今一度考えてみました。

3goodでは

Mission(使命)
・「幸福感」で健康寿命をのばす
・第三者が間に入る

をベースに事業企画を立てていますが

Vision(目指したい世界) は
「幸

もっとみる
29年目に動き出した家族の時間 ~阪神淡路大震災・遺族のことば

29年目に動き出した家族の時間 ~阪神淡路大震災・遺族のことば

2024年は、とても心痛む出来事が多かった年の始まりでした。
今年は特にいろいろなことを考えた年末年始でしたが、神戸の近くに住む私にとっては1月17日の阪神淡路大震災が身近に存在します(震災発生時はまだ地元にいましたが、進学した大学の友人や知人からも、生々しい被災の状況を聴くことが多かったです)。神戸市役所横の東遊園地では毎年追悼の集いが行われており、私はテレビですが中継を見て黙とうしています。

もっとみる
声のアルバムの原点③ ~地方の子の進路選択

声のアルバムの原点③ ~地方の子の進路選択

地方の子というのは、進学しようと思うと大体は強制的に実家を離れることになります。
18歳での一人暮らし。寮に入るかアパートを借りるかで結構違うが、今の子だったら大体がワンルームマンションを借りるのではないでしょうか。とりあえず最低限の生活用品と寝具、電化製品を揃えた簡易な引越し。手伝いに来ていた親を、見知らぬ都会の駅で見送る。恥ずかしいから別れの時に涙は見せなかったけど、ホームを出て一人知らない都

もっとみる
声のアルバムの原点② ~地方の病室の風景

声のアルバムの原点② ~地方の病室の風景

私の父が入院していたのは地方の総合病院ですが、倒れた時から何度か部屋の移動がありました。
気管切開している部分に痰がつまると息が止まってしまうので初期は24時間誰かがついており、それこそ夜勤のように泊まり込む日も。今こういうことができるのかは分かりませんが、簡易ベッドが設置できない大部屋の時は、畳を一畳分持ち込んでそこで寝たこともありました。

基本的に個室か2人部屋でしたが、一時期4人部屋の時が

もっとみる
ひきこもり支援のNPO法人との業務提携

ひきこもり支援のNPO法人との業務提携

2023年8月より、吹田市でひきこもり支援事業をされているNPO法人フルハウス様との業務提携を開始しました。
※3goodからの音声編集業務委託契約です

■NPO法人フルハウス https://npofullhouse.com/
フルハウスは代表の桑田さんが大学時代から始めた不登校児童へのサポート活動が始まりで、すでに25年の実績がある団体です。まだ当時はひきこもりという言葉もなかった頃でしょう

もっとみる
声のアルバムの原点① ~父が倒れた日

声のアルバムの原点① ~父が倒れた日

私が起業した経緯は、以下の記事が分かりやすいかと思います。
https://www.projectdesign.jp/articles/54cfc092-0959-4831-8e44-82ba92307876

noteではもう少し、気持ちの部分を補足できればと。

私は18歳まで、山口県の典型的な地方のまちで育ちました。
地方の子は、多くが18歳で家を出ます。私は大学への進学でしたが、大半の友人

もっとみる