見出し画像

瞬間移動もの、 ここに極まれり!!(1)|「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」

「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」は、ラノベ作家を目指す少女・きぃちゃんと、その友人の日常を描いたゆるゆる物語である!!

---✌---

●きぃちゃん:ラノベ作家志望のJK2。アホな子。

●桃ちゃん:いい子。

●青ちゃん:不思議ちゃん。

---✌---


新章開幕ー!!

5時間目と6時間目の間の休憩時間、高校の教室で……。


 私はきぃちゃーん♪ラノベ作家ぁ♪日本一の人気者♪異世界、悪役令嬢、目じゃないよ♪筆は早くて語彙豊富♪アイデアもリアリティも抜群さ♪

 ……えっと、どしたの?

 おっす、桃ちゃん!「私はラノベ作家さまだ!」つってさ、ジャイアンのテーマソング「おれはジャイアンさまだ!」の2番の歌詞のパロディだよ。

 ジャイアンの歌って2番があったんだ!……っていうか、元の歌詞を知らないからパロディになってもよくわからないね……。

 まぁ、世の中ってそんなもんじゃね?

 えっ?うーん……そう言われるとそんな気もするなぁ……。

 でさぁ!

 うん。

 昨日久々に「ドラえもん」を見てて、ふと思ったんだよ!「ドラえもん」といえばどこでもドアだけど、アレって要するに瞬間移動じゃん?

 えっ?……あー、そういえばそうだね!

 私も「瞬間移動の能力者」とか、「瞬間移動のための道具」が登場する作品を書いてみよっかなぁ!

 面白そー!

 だよな!

 うん!それじゃあ、「瞬間移動の能力者や道具が登場するラノベ」を考えてみようよ!

 よっしゃ!どんなのがいいかなぁ。どうせなら斬新なのがいいよな!

 斬新かぁ……。青ちゃん、何かないかな?

 うん。「特定の誰かを瞬間移動させることに特化した能力者」というのはどうかな?自分自身が移動することはできないの。

 ほぉ、面白いな!

 特定の誰かかぁ……誰かとパートナーを組むってことだよね?

 うん。

 ストーリーを考えてみると……ふむ!主人公は少年で、人を瞬間移動させる能力の持ち主。一方、ヒロインは戦闘に秀でた少女ってことにしようぜ!

 少年が瞬間移動能力を使い、少女を移動させて戦う話だね!

 そうそう!少年はここぞというタイミングで、重武装した少女を要所へ送り込むわけよ。例えば戦場のど真ん中とかね。

 うんうん!

 悪魔のような強さを誇る少女が、突如送り込まれてくる!敵はびっくり仰天して総崩れ。少女は大暴れして、あっという間に勝負が決する!……こんな感じかなぁ?

 そういうことなら、「瞬間移動能力は、2人の心が完全に重なった状態でしか発動しない」という設定を加えるといいと思う。

 おおっ!「シンクロ率100%以上の場合に限って、相手を移動させることができる」ってことか!

 うん、そう。

 いいなぁ、それ!そしたら、少女の方は、プライドの高いツンデレちゃんってことにしようぜ!

 少年に向かって、「あんたバカァ?もっと適切な場所に移動させなさいよね!」なんて言っちゃう子だね。

 そうそう!少年の方はマジメでちょっと頑固なタイプだから、2人は些細なことで衝突してばかり。でも、瞬間移動能力を使うには2人の心のシンクロ率を高める必要がある。そこで、嫌々ながらも共同生活を送ることになるってわけ!

 盛り上がる展開だね。

 時には、恋人のようにペアルックをしてみたりさ!

 えっと……。

 ん?どした、桃ちゃん。

 うん。私、それ、そっくりのアニメを知ってるなぁと思って……。

 おっ、それ、でじこじゃね?

 うん、「でじこ」じゃなくて「デジャブ」だよね。でじこは「デ・ジ・キャラット」のキャラだにょ。……しかもデジャブじゃないし。

 まぁまぁ!まだアイデア出しの段階だからさ!

 そっ、そうだね!

 さらに、「移動には莫大なエネルギーを使うから、毎回1分間のインターバルが必要」という設定を付け加えると、よりドラマティックになるかもしれない。

 ほぉ。

 例えば、こんな具合。少年はいつものように少女を戦場へ送り込むが……それは敵の罠だった!少女は敵に囲まれてしまう。さすがの少女も動揺して「はっ、早く呼び戻しなさいよー!!」。しかしインターバルを置かねば能力は使えない。「まっ、待ってよ!あと20秒!」「こっ、この役立たずー!死んだら化けて出るからね!!」なんてやりとりがあったりして。

 なるほどなるほどー!

 少女は目からビームを放ったり、プログレッシブ・ナイフを振り回したりして、なんとか時間を稼ぎ、無事帰還する。

 ふむ。

 帰還後、2人は口論になるけれど……その時、少女の腹がグーッと鳴る。

 いいねぇいいねぇ!お約束の展開だねぇ!

 腹が減っては戦にならぬということで、2人はラーメン屋台へ。「にんにくラーメンチャーシュー抜き」を食べながら、少年が口を開く。「あの……今日はごめん」「えっ!?なっ、何よ!」「いや……僕の能力不足で危険な目に遭わせちゃったからさ。僕、明日からもっと頑張るよ」。しばしの沈黙の後、少女が口を開く。「……わよ」「えっ?何?」「あんたは悪くないわよって言ったの!私がもっと強くなればいいんだから!それだけ!」「いや、僕が……」「うるさい!私は天才なんだから、私が頑張ればいいのよ!」「そんな……たまには僕の言うことを聞いてくれたっていいだろ!」「なによ!私に逆らう気なの!?」と、再び口論が始まる。

 うーん……いろいろツッコむところはあった気がするんだけど、超王道って感じで……アハッ!いいねー!

 だよなぁ!やっぱ王道っていいわ!


心よ王道に戻れー!!

明日も見逃すな!!(毎日更新中)


---✌---

フォローする?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サンキュー・ストロベリーマッチ!!

サンキュー・ベリーベリーベリー!!
1
クリエイティブなことしています!!/フォロー大歓迎です☆/【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCD2hdx54Ctjd6gYHTxndgcA
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。