「星を伝える人」の戦略室

42
記事

忘れることができない光景があるからこそ・・・

忘れない光景があるからこそ、初心を忘れずにいられると思う。

「観望会(天体望遠鏡で月と星をみせるイベント)」を初めて開催した時の出来事をツイートした。
ちょうど月観察の宿題が出ている学校があったので、一生懸命スケッチしながら星空案内人の話に真剣に耳を傾ける子供たちがいた。そして別のレーンでは、ずっとゲームしながら興味なさそうに親御さんと一緒に並んでいる男の子もいた。

とっても対比が激しかったの

もっとみる
ありがとうございます(*'ω'*)
13

今年の私を作る10の質問(に答える)

毎年、手帳にはプチ目標リストみたいなものを書く。自分だけの秘密みたいに。

今年は、noteにも開示して宣言していこうと思います。そこで参考にしたのが、こちらの記事。

1.今年、会いたい人を10人教えてください

いきなりですが、これだけは割愛しますw
手帳には書いているけれどちょっとハズイので///

最近の出会いは、色んなことに繋がるご縁であることが多いです。だから「この人に会いたい」とい

もっとみる
うれしいいいいいいいい!
15

今年の自分を「作る」ための計画を練る

年初は「はじめる」ことに対して気持ちが乗りやすい。

去年あたりから環境の変化が大きくなり、今年も大きく変わりそうな予感がしている。基本的に直感で波に乗っている部分は大きいのだけれど、1年後・3年後にどうありたいかっていう「理想像」は持っておく方が絶対楽しいと思うので、このタイミングで色々と考えてみようと思う。

「行動」を計画する

年間計画というよりは、「今年どう生きていきたいか」という指針か

もっとみる
ありがとうございます(*'ω'*)
9

真っ白なパズルのピースのように

去年は自転車操業的に、依頼が来ては企画・実行を繰り返していた。

今年はビジョン・ミッションを考えつつ、4月からの年度初めをスタートとして年間予定を策定中。そんな中で「屋号・・・いるなあ」と思い立ち昨日からずっと考えている。

市民活動として助成金を得るために「市民活動団体Zinnia」というものは作っている。ジニアは百日草のことで、国際宇宙ステーションで初めて咲いた花だ。団体名を決める時にちょう

もっとみる
ありがとうございます(*'ω'*)
8

「伝える」と「伝わる」

天文教育普及研究会の近畿支部会にて、招待講演をさせて頂きました。

テーマが「若いからできる天文普及活動」という事でしたが、個人的に「若いから・・・」という部分に対する明確なアドバイスは、思いつきませんでした。だから、若く頭の柔らかいうちに知っておいて欲しい事を内容に込めたつもりです。

講演タイトルを「天文の価値の伝え方」として、「伝える」ことと「伝わる」ことの違いを意識しましょうという内容。マ

もっとみる
うれしいいいいいいいい!
6

継続が滞る時は、方向性を見直すとき

wordpressで作った自分のメディアである、宙ガールドットコムの更新が滞りがち。記事を増やしたり、リライトしたいなあという気持ちはある。でも腰が上がらない。

滞るのは、時間が割けないから。

宙ガールドットコムは、1記事に対して公開まで相当時間がかかるのだ。

テーマを決めたら、ニーズを調査して、必要な事を調べる。
そして、SEOを意識しながら文章を書いて、写真をいれる。

サイトを立ち

もっとみる
良い一日でありますように
7

同じカテゴリの人間は、価値観が似てくる

新卒で入社して勤続年数は15年を超えた。転職未経験。

ソフトウェア開発の会社に入社して、TOBによる吸収合併、グループ会社への事業部門まるごと移管、職種変更、親会社への出向。
転職はしたことないけれど、状況はぐるぐる変わっている。

親会社への出向は、業種が違うこともあり価値観が違いすぎてビビった。社風どころの話じゃない、文化が違う。

そして最近は、会社の仕事とは別に星のソムリエとして

もっとみる
わたしも好きです
8

エゴとは、ロケットの燃料みたいなもんだ

たくさんの人たちに「ほしぞら」を楽しんでもらうために、様々な企画をしている。

天体望遠鏡をたくさん並べて、星を見てもらったり

手作り望遠鏡を工作しながら、「天体望遠鏡って何するもの?」ということを知ってもらったり

たくさんの人の前で話すこともある。

すべての活動が「自分の好きを、他の人にも好きになってもらいたい」という自分のエゴがスタート。

エゴとか自己顕示欲っていうと、ちょっとネガティ

もっとみる
うれしいいいいいいいい!
6

好きなことを発信するために

好きなものを推したいという欲求が強い。
だから大好きな星空も、宇宙も全力で推したい。

---------
私の住む神戸北の星空環境は、そんなに良くない。
星空に興味を持ち始めた頃、あまりに星が見えなさすぎてがっかりしていたほど。

それでも育児真っ只中でストレスフルな状態で見上げる空は、心を穏やかにしてくれた。

空を見上げ続けていると、見える星の量が増えてきた。
星空を見る「目」は、慣れが必要

もっとみる
ありがとうございます(*'ω'*)
9

星を見せるイベントが他の野外イベントより厄介な理由

鳥取県は「星取県」、岡山県は「天文王国」、長野県は「宇宙県」などなど、星や宇宙をアピールする自治体が増えてきた。
天体望遠鏡メーカーのビクセンさんも、星イベントへの協力に積極的で色々と展開されていて広がりを見せている。

星には価値があるのだ。

先日開催した「天体望遠鏡で月と星をみよう」というイベントは、200名を集客して子供だけでなく年配の方にも楽しんで頂いた。

こういった「星をみせる

もっとみる
わたしも好きです
8