サークルの会員カードのデザインはこんな感じにしてみました。
カードデザインの比率がいまいちしっくりこないのですが、5:3くらいでしょうか。ひとまずこれで始めます(^^)

ありがとうございます(^ω^)
2

サークル審査通過しました。
《童心円》子供心で大人する。¥300/月
https://note.com/artlife/circle
まだ何にもないので少しずつ作り込んでいこうと思います。
とりあえず会員カードデザインかな?
ゆるりまったり作り始めようと思います。よろしくお願いします。

ありがとうございます☆
5

情報メディアのテーマと方向性を考える

noteのサークルと連携させて作成した『情報メディア』ですが、ただ「地域情報」としただけでは広すぎて難しいことに気づきました。

ということで、テーマを絞ることにしました。

メディアサイトのテーマを決めよう

前にブログを始めた時は、特にテーマを決めずに雑記ブログとしてスタートし、いくつか記事を書いたあとに改めて記事をグループ分けして大きなテーマを3~4つくらいに絞る、という手法を取ったことがあ

もっとみる

競技文化は人と人をつなぐ

学連公認チーム向け文章です。

みんなは競技好きですか?学連は競技文化を大切にしたいと何度も伝えてきました。活動をみてる感じみんなも競技好きだなあと思ってます(笑)

でも、ただやみくもに競争だ!勝利だ!って気持ちだけで競技文化を推してる訳じゃないんです。

ミーティングではうまく伝えれてないかもなので文字に起こします。この記事が新歓の時に競技の魅力を伝える材料になったら嬉しいです!

社会と併走

もっとみる

「旅を楽しむ部」というサークルをはじめました

noteのサークル機能提供の話を聞いた後、何か旅に関連したサークルを作れないかと考えていたのですが、この度「旅を楽しむ部」を作りました。

「旅を楽しむ部」は何をするのか?

普段する旅とは違った、新しい旅の楽しみ方を模索する部です。

主に、以下の内容を中心にしています。

■テーマに沿って、個人個人が自分なりの旅をする

テーマ旅をするために集まるようなことは考えていません。

個人が自分のペ

もっとみる
ヤッター!ありがとうございます!
17

お金を稼ぐ パート3

おはようございます。

本格的に花粉が飛ぶ季節になりましたね。今年はマスクが少ないので本当に辛いです。ということで、マスクが一般の人も買えるようになることを祈っているうねです。

今日は昨日に引き続いての記事になります。
ここまでの流れとしては、「みなみあふりかGVの体験」を売るために対象となる人を考え、その人その人に会った体験の伝え方を考えているところです。
昨日は①これから大学生になる高校生に

もっとみる

これからは一人で頑張るのではなく、仲間と繋がり、共存共栄の時代

時代が変わってきた!

少し前まではカリスマリーダーをトップにピラミッド型の組織が多かったが、最近は並列型のチームが増えてきている。

組織ではなく、自立した個人と個人が並列(対等)に繋がりチームを作っているんです。

例えばYouTubeのコラボ、
イベントやセミナーの共同開催、
お互いの魅力を尊重しながら、一案件ごと

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
2

不意のときめき

こんばんは、雪見です❄

今日はお友達と渋谷にある牛タン専門店ねぎしで

夕飯を一緒に食べました

ねぎしはこれまでにも何回か行ったことは

あったのですが、いや~やっぱり牛タンて

あの歯ごたえがたまらん美味しいですね…

ご飯とスープもおかわり自由なので

1杯目は牛タンをお供に楽しんで2杯目は付属のとろろをかけて食す…嗚呼、私は何て贅沢なことをしているのだろう

とても充実したディナーでした

もっとみる
スキありがとうございます!
13

うどんオカルト研究会日誌〜うどんから学ぶ社会〜

こんばんは、田村です。
私は、うどんオカルト研究会というサークルを設立して、そこのサークル長をしているんですが、それの日誌です。

はじめに

出身が香川県ということもあって、なんだかんだでうどんは義務教育で家庭科の授業等で作り方を習ったりします。
そこで、秋田の地にもさぬきうどんを伝承すべくこのサークルを立ち上げたというわけです。

ただ、うどんを作るだけでは面白くないので、オカルトを付けてみま

もっとみる
めっちゃ嬉しいわ
4

お金を稼ぐ パート2

おはようございます。

ノートに自分のやりたいことを毎日書いているとほんとに実現できるのではないかとワクワクし始めた、うねです。

昨日、「GVの経験」を売ることを考え、その対象として、①これから大学生になる高校生、②Habitatに所属してる人、③Habitatに興味がある人、④海外の貧しい地域の建築に興味がある人、があげられました。

そこで、今日は、それぞれにどのようにして伝えたらいいかを考

もっとみる