見出し画像

私のサッカー人生。part①

こんにちは。2回目の投稿になります。
このnoteでどれだけ投稿をしても、私がどんな人間でどんな人生を歩んできたのかがわからないと、想像が付かなかったり、親近感が湧かないと思うので、3回に分けて自己紹介をします。

私の人生を振り返り、一言で表すならば「サッカー」です。

父親の影響で物心がついた時にはサッカーボールと常に一緒にいました。家でもずっとボールを蹴っていました。

クラブチームに入ったのは確か5歳だったと思います。入ったきっかけは、セレッソ大阪の無料招待券をいただき見に行った時に、当時在籍していた大久保嘉人選手のプレーがカッコ良くてこんな風になりたい!と思ったことです。

あの時の気持ちを鮮明に覚えていますが、あの時にプロサッカー選手になるという夢ができました。

入団当初から周りよりも少し上手かった私は常に2学年上のカテゴリーでプレーしていました。そのなかでも毎試合常にゴールを決めていた覚えがあります。この5歳から小学校卒業まで在籍したチームでは、チームの中心としてプレーしましたが、ここで学んだことは「サッカーは楽しい」ということです。本当にサッカーが楽しくて仕方ありませんでした。

中学校では部活には入らず、外部の街クラブに入りました。ここでも中心メンバーとしてずっと試合に出ることができました。
この中学卒業までの間、試合に出られないという経験をしたことはありませんでした。むしろ自分が試合に出ることは当たり前で、出れないかもしれないという緊張感は1度も抱いたことはありませんでした。本当に馬鹿だなと思います。

そんな中、高校の進路選択の時に、チームメイトに強豪校から練習参加のお話があって、私はお話をもらった立場ではないのですが参加出来ることになり、結果的に私も合格をいただき、山梨県の強豪校に進学しました。

ここで私は人生で初めて挫折をします。

練習初日、集まった新入生の上手さにびっくりしました。全国各地からプロを目指す人が集まるのだから当たり前です。テクニックがずば抜けている選手、スピードがずば抜けている選手、体格がずば抜けている選手。みんな圧倒的な何かを持っていました。

僕は気付きました。「自分が1番下手くそ」
振り返るとこの時に素直に気付いて受け入れることができて良かったと思います。変なプライドや自信で立ち向かっていてもどうにもならなかったと思います。

長々と書いてしまったので、続きはpart②で書きます。


#日記 #ビジネス #仕事 #私の仕事 #生き方 #旅 #言葉 #夢 #人間関係 #哲学 #幸せ #サッカー #考え方 #価値観 #今私にできること #大久保嘉人 #セレッソ大阪 #ヴィッセル神戸 #川崎フロンターレ
#FC東京 #ジュビロ磐田 #東京ヴェルディ


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
幼少期から大学までサッカーひと筋。大学途中でサッカーから離れて好きなように生きてみた。そこで得た経験や価値観を、今何をしていいか悩む人や自分の軸を見つけたい人達に向け発信します。そして社会人になった僕の物語を共有します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。