モリケンのフォトエッセイ

10
記事

釜山飯ときどきネコ その4(最終回)!

博多ー釜山 1泊3日(1船中泊)のスピードが遅い弾丸旅行も釜山滞在も残すところ最終日!
到着してまだ14時間くらいしか経過していない。。。
1日目は深夜1時過ぎに就寝して、2日目は朝からご飯食べて、ぶらぶらしてご飯を食べまくるぞという、予定といえば聞こえはいいが、とにかく釜山飯を食べ尽くすという計画だ。

まずはホテルをチェックアウトして、釜山駅のコインロッカーに荷物を突っ込んで、早速今回の旅のホ

もっとみる
ネコ写真もアップします!
5

釜山飯ときどきネコ その3

もうというわけで、トップの写真はチャガルチの繁華街です。
今回ははついにメインイベントの「カンジャンケジャン」を食べるのだ。

ところでこの「カンジャンケジャン」とはどういう料理なのかをちょっとだけ説明します。生のワタリガニの醤油漬けというのが一番伝わる説明かなあ。
身を口にくわえてそのまま押して、口で吸うと、まるで甘エビのように(カニだけど)身がニュルニュルっと出て来て、口の中に醤油の味とカニの

もっとみる
シェア&フォローもよろしくお願いします!
4

釜山飯ときどきネコ その2

釜山港に到着してWi-Fiをレンタルして、すぐに釜山駅へ。
ホテルにチェックインしに行く時間ももったいないので、釜山駅のコインロッカーに荷物を入れて、「カンジャンケジャン(生のワタリガニを特製醤油漬けにしたもの)」を食べに夜の釜山に繰り出すのだ!

コインロッカーの操作パネル。韓国語のほか、中国語、英語、日本語がありました。ただし、日本語を押してもわかりづらい日本語で捜査に困りました。

空いてい

もっとみる
シェア&フォローもよろしくお願いします!
5

釜山飯ときどきネコ その1

世界中の料理でどれがお気に入りかって聞かれることがあれば、第1位はタイ料理。2位は韓国料理と答える準備ができているモリケンです。

3位はどこってなりますが、3位はミネストローネなのだ。
これだけいきなりどこの料理じゃないんですよねえ。

タイ料理といえばトムヤムクンですね。私はこれを食べたいがために、ギリシャから日本へ帰る際、エジプト航空の片道チケットを購入したぐらいなのだ。
なぜギリシャからエ

もっとみる
シェア&フォローもよろしくお願いします!
7

夜の釜山でネコに出会った!

夜の釜山にて。
6年くらい前にネコ撮影に来たときはあまりネコに出会えませんでした。
さらに10年以上前もあまりネコに出会えませんでした。

理由としては、ネコが忌み嫌われている存在ということなのですが、インターネットやSNSの普及で、若い世代にはネコはかわいいものという認識がうまれはじめて、人気が出て来ているそうです。

今回はそういうところから、
今までで一番ネコに出会うことができたのでした。

もっとみる
スキって言ってくれてありがとうございます!
4

ネコに誘われて路地に入ってみると

釜山の夜編 その2

営業が終わり、辺りも暗くなった商店街の細い路地から、うっすらと光がさしていたので視線を向けると、ネコがこちらを見て佇んでいたのでした。

「アンタも加わりなよ」そんな感じで踵を返して路地裏を進んでいきました。いい雰囲気の路地裏だなあと思いながら、お酒を酌み交わす人たちに挨拶をして写真を撮らせてもらったのでした。

カメラを持ってこなかった旅に限ってネコに出会うという、「マーフ

もっとみる
楽しい投稿していきます!
9

そして時は流れ、エジプトに到着済み!

長い前置きから時間が空いてしまい、どんな内容だったのかも覚えていないので、時間を飛ばしてエジプト編はすでにはじまっていたことにしようと思う。
確か、飛行機は夜の22時過ぎくらいにカイロに到着。
こんな時間に着くのはいろいろ大変なんだよなあと思いつつ、空港で人の良さそうなタクシー運転手に声をかけてカイロの街まで出発!

ん? すでに始まっていたとしているのに、到着から順を追っているような。。。そうな

もっとみる
スキって言ってくれてありがとうございます!
6

イエネコ発祥の地、エジプトのネコに会いたくて、冬!

はーい、今回のネコエッセイはかなり前の話で、以前「NEKO」で「路地裏ニャン方見聞録」を連載しているときの旅の話です。

このときは、マレーシア航空の片道切符で、クアラルンプール、ドバイ、ウィーンを経由してスペインのマドリッドへ。
半年近くかけて色々な国をネコを求めて三千里放浪していました。
そんなこんなで、場所はギリシャへ。
ギリシャのネコの話はまた別の機会にとっておいて、今回はエジプトなのだ。

もっとみる
ネコ写真もアップします!
5

シーサーの置物と、生シーサー!

沖縄と言えば、海ぶどう、ゴーヤーチャンプルー、ソーキそばなどなど、食べ物ばかりが浮かんでくる食いしん坊な私。
なんていいつつ、食にはあまりこだわりがなかったりするのだ。
これまでも海外のネコを中心に撮影しながら放浪していても、特に現地の食べ物に執着はなく、ただひたすらに街を歩いてそこで暮らす人とネコたちの生活を垣間見るために歩き続けるだけ。
ヨーロッパでは物価が高いから、パンを買ってヨーグルトをつ

もっとみる
また遊びに来てください!
7