マガジンのカバー画像

GOOD WAR TOUR 2022

11
本作は2021年2月に京都で上演された『GOOD WAR』のリクリエイションを行い、大阪と東京で公演を実施します。 『GOOD WAR』は、私たちが「あの日」と聞いて想像する… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

GOOD WAR TOUR 11. あの日がやってくるから今備えよう

ごみだらけの渋谷を通る。
知ってる人が増えれば世界が身近になってくる。
この街のどこかにあのひとがいるんだな。

昨日は街は、さぞかし盛り上がったと見える。
コンビニの前が、道の生垣が、ちょっとした隙間、出っ張りが、ごみだらけ。

10時半に劇場入り。
そのためには、7時半に起きて8時半に宿を出て、品川まで30分、滞在45分、また帰り30分で約1時間弱、そういうかんじで動かなければならない。
お土

もっとみる

GOOD WAR TOUR 10. 台風の目は無風

諸江さんが死ぬ夢を見た。死ぬ夢というか、死んでいた夢だった。
実は死んでいました、という報告を、公演終了後、朗くんがTwitterに出していた。
じゃあ公演に登場していた諸江さんはゆうれいか?
そういう夢。

一人一人勝手に、各々のタイミングで家を出る。
海人さん、昨晩あれだけ酒を飲んでいたのにケロッとして一番最初に家を出ていってすごい。
洗面所に並んでいるすがたを見ると、俄然「生活」という感じが

もっとみる

GOOD WAR TOUR 9. 私だって私だ

バスを待つあいだ、まをさんの沖縄エッセイを読んだ。
まをさんの文章を読むと、いつもまじめで真っ直ぐな人だと思う。
まをさんの文章と目線は似ている。

生身の身体にくらべての文字情報の薄さ。
私は文字情報のその均一さ加減というか、一律で平等な印象に好意を抱いているのかもしれない。

高速バスに乗ると、朗くんが手を振って出迎えてくれる。
いきなり「まなみさんってゼニガメに似てるね」と言われ、そうかも、

もっとみる

GOOD WAR TOUR 8. ドボートー



東京から、音響のおにぎり海人さんがやってきた。
天一の本店に行ったらまだ開いてなくて、祇園で4000円のゆば定食を食べたらゆばがカピカピでおいしくなかったらしい。京都限定なんだと思って八つ橋グミを3つ買ったら京都限定でもなければめちゃくちゃまずかった、と言っていた。
とりあえず今のところ京都の印象は最悪。

一度目の通しを終え、「良かったです! 今まで一番良かったんじゃないでしょうか」と朗くん

もっとみる

GOOD WAR TOUR 7. 部屋がないんだ 

もっと人と喋りたいってのは、かなりストレートで、かつかなり根源的なメッセージだなと思った。伊奈さんにお似合いのせりふです。

今日は朗くんが仕込みで東京にいるため、LINE電話を使ってのオンライン稽古。
のはずが、部屋の鍵が開かない。大奮闘。
いつもどれだけ朗くんに任せきりだったか、身に染みました。

昨日夜中、伊奈さん綾子さんに朗くんから電話があったとのこと。
「えっ俺きてないけど」と諸江さん。

もっとみる

GOOD WAR TOUR 6.ぬーさんとプのランプ

この時期、ルサンチカの稽古場ニッキももう4年目だが、毎年かならずこれっていったいなんなんや、意味あるのか、意味のあるもの書けないもう辞めたい、と思う。
思って、でも始めたからには辞めることはできないし、じゃあどうする、誰が見てるでもなし、別にそんなに意味を求められるものでもないかまあいいか、と帰結する。

今日は衣装協力をしていただくMILOUにて待ち合わせ。
衣装合わせを行う。いい感じです。

もっとみる

GOOD WAR TOUR 5. nanijin

稽古場に行くと、まをさんとスタンドマイクが出迎えてくれた。
マイクスタンドにハマらない、ちょっとズレると通じなくなるマイクが登場。
手ぬぐいで無理やり縛りつけられている。

はじめ、クリスマスシーズンで渋谷のホテル高騰問題について語り合い、東京滞在中の部屋を(仮)決定。
お泊まりたのしそう! と言ったら、たのしかったらいいね……と朗くんに言われる。不穏。

諸江さん、病院に行ったところ、(お尻)全

もっとみる

GOOD WAR TOUR 4. 来週のジャンプを待って

デュワッ!

残さんが、ゆうれいがいなくなったことの意味を考えなければならない。
ゆうれいがいないというのはどういうことなのか。
成仏した/未練がない/忘れられてしまった
塩を撒く/撒かれてしまった?

「戦後」というのは、戦争のゆうれいのいる時間のようなものなのではないかと考える。
ひめゆり平和祈念資料館リニューアルのテーマ「戦争からさらに遠くなった世代へ」を思い出す。

伊奈さん、ものすごい荷

もっとみる

GOOD WAR TOUR 3.架空の砂丘



情報公開されました。
稽古はじめ、まず、みんなの「あの日」を一言で集めてゆく。
これはWEBサイトのプロフィール欄に載せる用のもの。
「いつでも更新可能なので、変わったらまた教えてください」とのこと。
ときどき変わっているかもしれないので、ときどきページを確認してみてください。

綾子さんが「ヒロトノート」を持ってきてくれたのでそれを読む。これ、宝物だなあ。
出会い、初ライブ、遠征、友達との出

もっとみる

GOOD WAR TOUR 2. 東には行かなかった

「諸江さんは今日調子が良さそうですね」と朗くん。
諸江さんは週一整体に行っている。毎週体の調子をチェックする。

砂丘を足でチョンとしてサラサラ崩す思い出。
崩れていくミニ砂丘はかわいい。
2011年のイキってる綾子、「綾子、これ崩すのめっちゃ上手くない?」。得意げ。

今日はだいたい、動きを作ってゆく作業。
モニュメントのように動きが並べられてゆく印象。
諸江さんの一挙一動に朗くんは手を叩いてよ

もっとみる

GOOD WAR TOUR 1.あってない子

きのうアツアツのすき焼きうどんを食べたので、昔酔っ払って転んで12針縫った唇の古傷が痛んでいます。
みなさんこんにちは。
GOOD WARが帰ってきました。短いお別れでした。
この一年間、みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか?

諸江さんは、公演中止の多い一年だった。2ヶ月に一公演、計4公演が中止になったらしい。
あとはバイクで走っていた、1000キロくらい走っていた。
伊奈さんは、髪型がとて

もっとみる