イラスト制作過程をまとめてみました。

初めてのnoteなので、イラストの制作過程をまとめてみました。

絵を描く人たちの参考に少しでもなれば…と思っております。

説明もほとんどないのですが、また新たに描く時に技法書みたいな形できちんとまとめていきますので、続報をお待ちください。

大体こんな感じです。(以下画像あり)

・ラフだし、構図決めします。

・簡易的に着彩します。

・全体の陰影をつけつつ

・大体の陰影が決まったら描き込

もっとみる
嬉しいです!!
16

Photoshop30周年記念コラージュアート制作記

2020年2月20日はAdobe Photoshopが30歳の誕生日でした。
それを記念してTwitter上で作品とメッセージを投稿するイベントが開かれ、それに参加しました。
その制作記を書きたいと思います。

2月13日、Adobeさんから一通のメールが届きました。
内容は今回のイベント参加へのご依頼でした。
参加は任意によるものでしたが、Adobeさんには大変お世話になっているし、楽しそうな内

もっとみる
ありがとうございます!喜んでます♪
10

【藍染体験会🎵】

昨日は友人を招いて藍染体験会をやりました♪

 送別会も兼ねての体験会だったので、一日でいろいろな染めが出来たらいいなと、ハンカチと掛け軸と、最後にプリントまでやってみることにしました。

 特に体験用のメニューを決めていなかったので、実験も兼ねたちょっと行き当たりばったりな体験会でしたね(笑)
 友人だから緊張感も皆無(笑)
 とにかく、気に入ったものを作ってほしかった。
 それだけはありました

もっとみる
励みになります🎵😍🎵スキありがとうございます♥️
14

てくちゅら#5 イメージ画像制作過程

tech美られでぃというコミュニティを運営してます🌺(略しててくちゅら)
オーガナイザーは私含めて3人。
沖縄のIT業界で活躍している女性(エンジニアやデザイナー、エンジニアの卵など)のステップアップを応援し、仲間を見つける女性限定コミュニティです。

そのイベントのイメージ画像を担当しているので、作成過程を書いていこうと思います。

まずフォント決め

フォントは右から2番目のものにしました。

もっとみる

ビーズは配置が9割だと思った話④ ガーベラに戻る

以前のブログからの移転作業の続きです。

ビーズ刺繍で自分のスタイルが定まりつつあったころ、自分の作品に初めて「○○型」と名付けたのが、こちらのブローチでした。

ガーベラの刺繍とスピログラフ(2017年3月)

2017年3月。なんだ、まだ3年しか経っていないのか思うほど、もう随分前のことのように感じます。

あれは定規の一種だと思いますが、小さな歯車に空いた穴にペン先を突き立てて、歯車が自然と

もっとみる
Спасибо!―ありがとうございます!
4

ビーズは配置が9割だと思った話③ ダリアから八重桜へ

以前のブログから記事を移転しているところです。今回はこの記事の続き。

ガーベラだのダリアだの、とにかくキク科の花をモチーフにしていたのが、ここからはバラ科に変わりますよ、という話です。

ダリアから八重桜へ(2018年2月)

ひとまず出来たのは、先日納品したダリアのブローチのアレンジ版。マイブームのつや消しパールを主役にして、八重桜をイメージしながらやわらかく丸く縫い上げました。さすがに花びら

もっとみる
Спасибо!―ありがとうございます!
1

自主制作アニメ[光に願うなら]の作業過程。できるだけアニメの作業を簡単にまとめてみました。

平成から令和に変わりその後
どう生きていくのがいいかを考えていた時に
「過去の自分を救おう」
という言葉が浮かびました。

その言葉のまま1つのビデオコンテを作成して
これを完成させてみたいと思い
アニメ作業を開始しました。

<ビデオコンテ>

普通のアニメのような画作りを目標に
1カットずつ、作画、仕上げ、背景、撮影
と作業をしています。

< 作画 >
デジタル上で
キャラの動きを描きます

もっとみる
読んでくれてありがとう!
11

ペットのトイプードルの型紙を作ります(^ω^U)✨

明日、お世話になっている友人が藍染体験に来ることになり、せっかくなので、何か希望の型紙を作ってみようと思います。

 希望を伺った所、ペットのトイプードルのリサちゃんの模様が良い、とのことでした。 

 ですが、明日なので、時間短縮、ということで、ネットのお力を借ります♪

 まずは、フリー素材のイラストACさんのサイトで、【トイプードル】と検索すると、とてもかわいいイラストが見つかりました♪こち

もっとみる
温かいお心遣い♥️嬉しいです😌
15

ビーズは配置が9割だと思った話② ガーベラからダリアへ

前回の記事の続きです。引き続き以前のブログから記事を移動させています。

それまで、平面の刺繍ばかり作っていました。そして、それを自分で「ガーベラ型」と名付けていました。ところが、しばらく同じようなものを作ると飽きてくるので、新しいものに挑戦したくなります。そこで生まれたのが「ダリア型」。まあ、ガーベラもダリアも同じキク科なのですが、細かいことはいいでしょう。

試作・ダリア型のパターン(2018

もっとみる
Спасибо!―ありがとうございます!
1