常染色体優性遺伝疾患

1つの野生型アレルを持ちながら1つの変異アレルをもつために発症する疾患

50%の可能性で次世代に伝達する

・ヘテロ接合体が発症 ・罹患者は世代に連続して存在する

・罹患者の性比は1:1 ・分離比0.5【aa正常親、Aa罹患親  分離比2Aa:2aa】

ヒト疾患では変異アレルのホモ接合は重傷で誕生しない場合が多い。
だから、常染色体優性遺伝病の変異アレルホモ接合体はほぼない。

機能獲得型、

もっとみる

変異とか翻訳とか。

ナンセンス変異:そこで翻訳が終わってしまう変異。

アミノ酸をコードしているコドンが終止コドンに変化する変異

塩基置換によって発生。アミノ酸をコードする部位の1塩基変化によって、終止コドンが形成される場合のこと。途中でポリペプチド鎖合成が中止されて不完全なタンパクしか形成されない。mRNAが不安定となり積極的に分解される

フレームシフト変異
塩基挿入・欠失によって発生する。本来はない塩基が加わ

もっとみる

【ワクチン開発、急ぐべきでない】コロナワクチンの拙速な開発・承認は危険~免疫学の第一人者が警鐘~

【今日の気になったニュース・記事】

2,000社以上の経営者と面談した、元東証一部上場のベンチャーキャピタリストが厳選!

新旧問わずに、その日、気になったニュースをピックアップ!

新しいニュースから、古い記事まで「新たな発見」をお届けいたします。

【本日のニュース・記事】

■ワクチン開発、急ぐべきでない

・免疫学の第一人者が警鐘

東京新聞(2020年8月8日)

~~~

◆抗体でき

もっとみる
スキありがとうございます!もし宜しければフォロー頂けますと幸いです。
1

DNAに刻まれた記憶と「恐れ=望み」をホロスコープで理解する。

こんにちは、ホロスコープ研究家&プレセッションアストロロジー発明者のAkaneです。
今日は人間の本能と理性と精神、DNAとホロスコープのお話。

皆さんは、自分の中にある「魂の意思」と「DNAからの指令」の違いについて考えたことがあるでしょうか。

この秋私は、道に落ちているドングリを見てふと気づいたことがありました。

私はドングリを見ると衝動的に拾いたくなります。
今までの人生もずっとそうで

もっとみる

物凄く怖い思いをしている時それを知らなくてもみんなが愛で守護されています。今この瞬間その恐怖を手放してもいい、それを思い出すだけで自分の中から本来の力が甦ります。その乗り越えられる力と共にDNAの中のご先祖様も天使もあなたの魂の本来の命の歓喜の力が顕れることをサポートしています。

わお!ありがとう!
2

DNAから生き方を真似ぶ(まなぶ)

DNAには既に生き方が記されているのかもしれない

DNAの変異は外的要因、内的要因で変異する。
よく考えたらちょっと驚き
だって本来作られるはずのタンパク質とは違うタンパク質が作られていくなんて、それも知らないうちに…
この変異が蓄積されたると癌などにもなる
だからやっぱり驚き
でもたくさん変異するけれどもきちんとした修復機構が存在する
だから健康でいられたり長生きできたり…

修復方法はいくつ

もっとみる

PCRは本来何をするためのものか?

最近よく耳にする「PCR」であるが、本来の目的は何かをはっきりとさせておきましょう。

Polymerase Chain Reaction (ポリメラーゼ連鎖反応)は、DNAサンプルの特定領域を数百万〜数十億倍に増幅させる技術のことで、頭文字をとってPCR法と呼ばれる。

任意の領域のコピーを2倍、2倍、・・・と増幅することで、少量のDNAサンプルからその詳細を研究するために十分な量にまで増幅さ

もっとみる

【薪割りの幸せ】

「薪割りをするのが夢だったんです!!」
乾いた音と共に、丸太が縦に裂けて弾ける。
その瞬間、眩しい笑顔がこぼれる。
開拓の仲間に加わってくれたみくの言葉にハッとする。
 
「なんでやりたかったの?」
「いつかやってみたかった」という気持ちにシンプルに共感している。にもかかわらず「そうだよね」と共感するより先に質問が出てくる。何か大切なことがあるような気がして。
「だって楽しそうじゃないですか。昔か

もっとみる

[コラム] 私たちはDNAを運ぶ船

先日、息子が4歳になった。
前にも少し書いたが、息子はダウン症だ。

ヒトの染色体は46本あり、2本づつのセットになっている。
ダウン症というのは遺伝子疾患の一種で、23対あるうちの21番目の染色体が3本になっている。

21番目が3本なので、21トリソミーとも言う。この21トリソミーという言い方が私は気に入っている。
なんとなくかっこいいからという理由でw
もっと浸透してほしい。

というわけで

もっとみる
ヤッター!
9

植物の研究から学ぶこと

 植物は光合成で、水と二酸化炭素から栄養分
である糖を作り出していますよね。
植物には、それ以外にも外部から吸収しなけれ
ばならない栄養素に、リンがあります。

でも実は、植物の中にはリンが豊富に含まれて
いている場所があるそうだ。

 それは遺伝子情報を蓄えた、重要な物質であ
るDNAです。

 そのDNAを分解する酵素は年に一度、必ず活
躍する時期があって、それは、11月ごろの落葉
の時。

もっとみる
ヤッタ! ありがとうございます😃
2