今度お茶しましょう♡ メール待ってます!
37

クラウドファンディング【ReadyForのデータから学ぶ】失敗しないための事前告知について徹底解説

さて、クラウドファンディングをスポーツに例えると「マラソン」のようなもので、とても長い長い戦いになります。

その長い道のりはマラソンと同じで……

▶︎スタート直後から前半
▶︎中盤
▶︎ラストスパート

大きくこの3つのステージに分かれます。

ひとつひとつのステージにペースの調整などの作戦が必要。

前半のスタートダッシュで先頭集団に入り、中盤は堪えて、終盤にラストスパートをかけてライバルを

もっとみる
まさかあなたに「スキ」と言われる日がくるとは……
3

【気になるプロジェクト】ブ、ブ、ブ、仔ブタの丸焼き!

クラウドファンディング「CAMPFIRE」公式パートナーのくわたぽてとが、ピックアップした気になるクラウドファンディングのプロジェクトページをご紹介する記事です!

今回の「気になるプロジェクト」今回、くわたぽてとが気になったプロジェクトはこちら!

●プロジェクト名
『仔豚の丸焼き機』で、屋外バーベキューでしかできない丸焼き体験を味わってほしい!

プロジェクトの紹介BBQの季節がやってまいりま

もっとみる

【日経MJ第6671号】気になる記事紹介

▼このnote記事のポイント
1:時短で、定期的な、ビジネスアイデア&企画&宣伝を考える ”ヒント” ”気づき”にご活用ください。
2:個人的LOVEな日経MJ新聞約80〜100記事から気になる記事1〜5程度をまとめ記事で紹介します。備忘録を兼ねています。
3:内容ジャンルは、新規事業/スタートアップ/フード/コンビニ/エコ環境/地方創生/エンタメが多めです。ジャンルの希望も受付中です。
4:【i

もっとみる
「すき焼き」の焼きをとってみて!
52

クラウドファンディングで「炎上・失敗」したくなかったら社会的意義のあるコンセプトをつくりましょう【その理由とは】

今回は「なぜ、クラウドファンディングにコンセプトが必要なのか……」について考えていきましょう。

コンセプトがない、またはわかりずらいとどうなるか……

結論から言うと

自分の金でやれ!

社会的意義が伝わってこない!

などの声が上がりやすくなり、最悪炎上してしまうことも!

資金を支援してくれた人には、リターンとして「旅で撮った綺麗な景色やお気に入りの写真をポストカードにしてお届け」とスラム

もっとみる
まさかあなたに「スキ」と言われる日がくるとは……
4

4月の『フォティプロ』!<Dooon!プロジェクト#2>

こんにちは!Dooon!スタッフです。

2月8日から始まりましたDooon!第2弾プロジェクト
「アラフォーアイドル輝け!プロジェクト
つんく♂さんに「テーマ曲」を作って欲しい!」

ありがたいことに、3月29日で目標の400万円を達成しました。
そして、締切りの3月31日
4,522,700円 支援者数は401名
目標を50万円以上上回って終了いたしました!
支援してくださった皆様、本当にあり

もっとみる

愛犬と話せる飼い主を目指して

いつもご利用ありがとうございます。
One for Dog の齋藤です。

この内容はラジオ放送「One for Dog Radio」で音声コンテンツとしても配信しています。
"音声派"の方はそちらからもお楽しみいただけます。

早速本題です。

なんだかスピリチュアルなタイトルですが、いたって現実的な内容です。

One for Dog では、飼い主さんが愛犬と学ぶしつけ教室を行っているのですが

もっとみる
ありがとうございます!
3

購入型クラウドファンディングの情報発信で大切な3つのことは『目的を明確にすること』成功例をもとに仕組みを解説

さて、今回はプロジェクトの広報活動するときに、ひとつひとつの内容に、しっかり目的をもって発信しましょう!というお話しです。

SNSからの情報発信や直接人に会う、またはチラシの作製など、プロジェクトをたくさんの人々に知ってもらうことがクラウドファンディングの鍵を握ることは再三お伝えしている通り。

地道な広報活動が確実に支援に繋がっていきます。

そこで、大切になるのが……

どんな目的をもって発

もっとみる
まさかあなたに「スキ」と言われる日がくるとは……
5

一人の小さな灯火をテクノロジーの力でキャンプファイヤーに『CAMPFIRE』

今回はクラウドファンディングサイトの中でも最大手で幅広いプロジェクトが揃うと言われる『CAMPFIRE(キャンプファイヤー)』のミッションを紹介し、自分なりに解釈してみるよ。

【Mission】
一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。

私たちは、インターネットの可能性を信じ、誰もが声をあげられるプロダクトを創り続けます。 どんなに小さな声であろうと、自由に表現や発信ができる

もっとみる