ArcadeFire

【2010年代のベストアルバム100枚】Arcade Fire "The Suburbs" (2010)

概要

"The Suburbs"は、カナダのインディーロック・バンドArcade Fireの通算3作目のアルバムです。プロデュースはArcade Fire自身とMarkus Dravsが手掛けています。彼らにとって初となる全米アルバムチャート1位を獲得しました。

ヒューストンの郊外で育った10年間

Win Butlerは、自身とWilliam Butlerのヒューストンの郊外でのかつての生活

もっとみる

Arcade Fire「THE SUBURBS」

※2010年9月アメブロ掲載に追記

今年は全国色々な都道府県に行っている。パーキングエリアとかのわずかな滞在含めると多分30県近く行っただろうか。九州・関西・関東・東北・北海道…後は残りの中国・四国・沖縄を制覇したい。

荘厳な神社や渓谷、郷土料理などいわゆる観光名所もそれなりに巡っているし、それぞれ地域ごとの素敵な人たちとも交流できたりするのだが(大人なお店じゃなくて)、旅を通して一番強烈に

もっとみる

勝手にランキング_あ

ARCTIC MONKEYS

1 WHEN THE SUN GOES DOWN

2 BRIANSTORM

3 DON'T SIT DOWN 'CAUSE I'VE MOVED YOUR CHAIR

4 THE HELLCAT SPANGLED SHALALALA

5 FAKE TALES OF SAN FRANCISCO

「WHEN THE SUN GOES DOWN」を初めて聴いた時

もっとみる