5番

「五番とはしぼりあげること。ぞうきんのように付け根からしぼる」

2013年1月30日
「五番とはしぼりあげること。ぞうきんのように付け根からしぼる」

「コルクをビンにねじり入れる。
 すると、エネルギーがたまる。
 それを解放することで、体が動き出す。」

5番は何のためにあのような形になっているのだろう?
小さい頃から習うと疑問に感じることはないのだけど、
タカギバレエのレッスンでこの表現で教えてもらえたおかげで、
足の一部分だけ、膝や足首だけを外側にねじ

もっとみる

2021年3月21日

いまりん

00:00 | 00:30

今日は戊辰(つちのえ・たつ)
=春の山の日。


降りて来たメッセージは
『大丈夫。』
です。


今日の東京は雨風強く、
嵐のような天気です。


宇宙元旦を迎えて、
エネルギーが切り替わったけど

起きている出来事に
感情が揺れて不安定だったり、
なんだかうまくいってない…とか
色々大変!っていう人も
いるかもしれません。

(実は、わたしもそう!)


だけど…
これは「浄化のプロセス」なん

もっとみる
嬉しいです♡
12

巨匠の思い出 スヴェトラーノフ

エフゲニー・スヴェトラーノフ
国立ソビエト交響楽団(現ロシア国立交響楽団)

今回の過去ライブリポートは、もうひとつおまけにクラシック編です。
1978年10月27日、新宿厚生年金会館へ聴きに行ってます。

演奏曲
フレンニコフ:交響曲第3番
フレンニコフ:ピアノ協奏曲第2番(フレンニコフ)
チャイコフスキー:交響曲第5番

画像は、その時のパンフレットからです。

ロシアの巨匠です。

これ程、

もっとみる
ありがとうございます。
8

巨匠の思い出 バーンスタイン

レナード・バーンスタイン
ニューヨークフィルハーモニック

今回の過去ライブリポートは、なんと!クラシック編です。
1979年7月2、3日(どっちか)、東京文化会館へ聴きに行ってます。

演奏曲
・シューマン:交響曲第1番変ロ長調「春」
・ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番

Webを歩き回って日にちや演奏曲を確認しましたが、こんなに昔だったっけというのが正直な感想です。
また、演奏した曲もショス

もっとみる
ありがとうございます。
11

ニックネームじゃ覚悟が足りないビジネスネームで勝負する会社

SNSでは本名を登録し活動している方は少ないと思います。
日々の生活や悩みなどを書ている方にとっては本名なんて怖いですよね。

今回は従業員がビジネスネームを利用して働いている会社を紹介します。
『株式会社レンタルのニッケン』では会社員の名前はビジネスネームを使用しているそうです。

ビジネスネームとは?
レンタルのニッケンでは、全社員が本名ではなく、ビジネスネームで仕事に取組んでいます。
芸能人

もっとみる
他にもコンテンツが多くある中、わざわざ読んで頂きありがとうございます。
18

【2021年リリ数秘術】イヤーナンバー5番の視点

ゆとりを経て、広がりへ

2020年は、自分自身の居場所や基盤をどこに置くのか、そもそもこれからどうしていきたいのか?という、立ち位置を確認するような一年だったかなと思います。
または、時間の使い方や日々の過ごし方について、「もうちょっと変えていきたい」「良くしていきたい」という想いが生まれたかもしれません。

ちょっと疲れてしまっていた方は、ゆっくり休みたいと願ったかもしれません。
(4番は休息

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!
1

2021年1月20日

いまりん

00:00 | 00:30

今日は戊辰(つちのえ・たつ)、春の山の日です。

今日のメッセージは
「堂々と自分らしくいる」
です。

花盛りの美しい山のエネルギー。
今日はそんな悠然とした山になった気分で
堂々と自分らしさ満開でいきましょう!

おしゃれすると運気が上がりますよ◎

今日も素晴らしい1日を。
ではでは〜 ♪

やった!嬉しいなぁ^^
7

5番をしめるのは肩甲骨の位置

2012年8月30日
「足を5番にするときに、足の付け根でクロスさせるのでなく、
背中の肩甲骨の位置で足をクロスさせるような意識をもつ」

足を5番ポジションにするときに、前足の足首から下を懸命に外側にねじることに意識を傾けている人が多い。で、結果として膝が曲がっていたり、体がねじれてしまったりしている。

5番ポジションのそもそもは、動き出すためのエネルギーを溜めるために、体全体をねじり上げる(

もっとみる

バレエの基本ポジション1番~5番とアンディオール可動域と軸を考える

バレエの専門的な話になってしまうんですが、フランスのバレエ学校で学ぶ「自分の骨格に合わせた基本ポジション1番~5番」を習得することは、同時に正しい軸と、ポジションが変わるごとに軸の移動と、体重の移動を感じることにつながるんです。

どんな難しい回転系のテクニックや、センターでアダージオで片足軸で足を上げたり、プティパで動く細かいパ他であろうと、この自分の骨格にあう正しい基本ポジションが体得できてい

もっとみる
ありがとうございます^^嬉しいです♪
1

ピレラの最適配置について考える

開幕から8試合経過し、各球団の好不調ぶりが見え始めた頃合いですが、広島は4勝3敗1分と貯金を作り出すことに成功し、まずまずのスタートを切りました。

その原動力は、防御率2.11とリーグでも随一の質の高さを見せ付ける先発陣と、三冠王を見据える鈴木誠也を筆頭に、両リーグ最多の12本塁打と破壊力を見せ付ける野手陣の力が大きいところです。

その野手陣の中でも、昨年は後半戦から西川龍馬を配置するまで固定

もっとみる