3年

もう居ない人間の「美談」も悪くない

最近、誰のために何のために、漫画なり文章なりを書いているのか、そこに何か大きな意味や価値があるのか、自分が一体何をしたいのか、漠然とむなしさを感じていたけれど、もうすぐ大好きな友人の命日だと気づいてから、ああ、そういえばわたしは自分の心を整理するためにこうやって絵を描いたり、文章を書いたり、モノを作ってきたのだから、そのままで良いのではないか、と思った。

友人が亡くなったと知った直後は、「自殺」

もっとみる
ばんざい!
5

「1万時間の法則」と「3年働け論」

暑さに耐えきれない
みぃちゃんです

汗垂れてくるレベルの気温になってきましたね…

ハイ

今日の本題

「1万時間の法則」と「就職したら3年働け論」

これ割と近い考えかも…
と天才(?)は気づいてしまったのです

1万時間の法則とは…

ある1つの仕事(例えば大工)を
1万時間こなすと、100人に1人の存在になれる

と言うもの

個人ブランディングの時代
自分の希少価値を高める方法と

もっとみる
ありがとう(*´˘`*)
3

92.自分だけじゃここまで来れなかった。

最近は、あんまり高重量のウエイトトレーニングをしていません。
スピードを意識して軽い重さでバンバン繰り返したり、逆立ち歩きをしたり…。

プッシュアップも外旋を加えることができるギア(1500円ほどでアマゾンで買えます)を使ったり。

高重量トレーニングから方向転換しています。

最近のぼくはプロ野球選手のトレーナーさんや、いわきでお世話になった滝口さんに教わったことをYouTubeで復習したりし

もっとみる

Smoke gets in your eyes

「損得でヒトと付き合わないからさあ~。
 だって、めんどくさいじゃん。」

3年振りに会う彼女は、電子タバコじゃないタバコをくゆらしながら言った。
そして、去年から付き合いだした18歳年上で遠距離恋愛の彼のことや新しい派遣先の様子をゲラゲラと楽しそうに話した。

正直なところ、わたしは彼女からある情報を得るため、3年振りにコンタクトを取った。
そのことに対して、何の罪悪感も感じなかった。
彼女は喜

もっとみる

極めてシンプルな特別になる方法

特別になる方法。

私たちは誰もが特別な人間になりたいと思うのではないだろうか。少なくとも、私は特別な人間になりたいと思っている。子供たちが大きな声で駄々をこねたり、僕はこんなにすごいんだよと得意げな表情をするのも、その現れであろう。子供の頃は自慢すれば、周りの大人たちが温かい目で見守ってくれる。「スゴイね」と褒めてくれる。子供たちはいつでも大人たちの注目の的である。しかし、大人になるにつれて、周

もっとみる
より素敵な人生になりますように㊗️
10

夫と出会って3周年。あの日の君を思い出す

夫とは、ちょうど今から3年前の12月26日に出会った。彼との出会いは、合コン屋スタッフとして初仕事のイベントだ。

当時お世話になっていた街コン会社の社長が、病院で参加者を呼びかけていたら医者に「こいつならいますよ」と差し出されたのが、夫だ。

なお、このイベントには社長も最初だけ顔を出してくれた。

社長は、合コンが盛り上がるまで様子を見届け、その後「じゃ、帰りますね」とさわやかな笑顔で会場を後

もっとみる

ライターになって3年が経った

ライターを名乗るようになってからまる3年。

記名で記事を書くようになってまる1年。

その間に何記事書いたかなんていちいち覚えてはいないが、まあ、それなりに数は積み重ねていると思う。

幸いなことにクライアントに恵まれており、そこから仕事の幅がどんどん広がっている。記事の報酬も、ようやく業界の常識の範囲まで上がってきた。

また、起業届〜確定申告にあたっては、独学で簿記の基礎知識を学び、黒字で事

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
26

「大人のために生きてるわけじゃない」と うつむいた瞳には映らないけれど

苦しくて逃げてばかり自分が情けなくなる だけどみんなと笑ってたどり着きたいんだ

信じること あなたの中に眠ってる力に気づいて あきらめないで

僕たちはなにより強い絆で結ばれている

「結」BY:miwa

Thank you !(○´∀`人´∀`○)♪
4

フリーライターを3年続けて再認識したこと

プロローグ

納期が明日に迫っている仕事があるのに1記事も完成していません。

記事にする内容が専門的すぎて難しすぎて、完全に頭がパンクしています。

そんな有様だというのにnoteを書いています。

はい。現実逃避以外のなにものでもございません。(笑)

そんなわけで、この仕事を始めてもうじき3年なので、それをテーマに思ったことを書きます。

「仕事は3年やってみなければわからない」を実感

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
20