60年代

カントリー

エルビスやウイリーネルソン等、たくさんの方々がカヴァーしています。

C20  Always on my mind(2016.10.23)

淋しい時に 抱きしめてたら 幸せだよと 伝えていたら

お前の事 今も わからずにいるけれど

いつも心に お前が居た

言ってくれ 愛は消えてないと

もう一度 愛せるチャンスをくれよ くれよ

ありがとうございます。

ディラン

C19  風に吹かれて(2016.10.17)

どれだけ 歩いたら 人になれるだろう

どれだけ 海を越えたら 鳥は休めるだろう

どれだけ 弾を降らせたら 武器は無くなるのだろう

答えは友よ 風の中で

答えは風の中で 舞ってる

ありがとうございます。

音楽業界とエンタメの闇と裏の話。 その2

お待たせしました。前回の続きです。今回も無料記事です。

マイケル・ジャクソンやジョン・レノン、プリンス、デヴィッド・ボウイ…。そして志あるハイウッドの俳優たち。彼らが何に対して戦いを挑んでいたのか?そして、我々に真に伝えたかったメッセージとはなにか?

今回は少し時代を遡る。1960年代〜70年代にかけて。アメリカのメインストリームの音楽シーンはどのようにできていったのか?を考察したい。

「音

もっとみる
スキって気持ちが、世界を救う!ありがとう。
87

【独り言】教わらない写真。レタッチについて。写真は記録。

最近、一眼レフを持ち歩くのが面倒くさくなってきた。初っ端から愚痴で申し訳ないが、やはり一眼レフは重い。好きでも重いものは重い。フィルムカメラも重い。

スマートフォンは楽だ。薄くて軽くて、ポートレートモードなんかはとても優秀だと思う。今はアプリも充実している、わざわざ一眼レフで取らなくても。という思考回路に至る。(少し遅れて)

一眼レフでもフィルムカメラでも、マニュアルで撮ると、ボケの調節ができ

もっとみる

エルヴィスプレスリーについてトークショーを作成しました。しゃべりは私と友人Kenny氏によるものです。以下サウンドクラウドのリンクに飛んでも聞く事が出来ます。

https://soundcloud.com/dbrrs-1/walk-a-mile-in-his-shoes

ありがとうございます!大変励みになります。
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(02:08)は購入後に視聴できます。

ライトでメロウなポップジャズブルース。

ありがとうございます!大変励みになります。
1