時代の流れ〜風と共に去りぬ〜

2020年

1月初旬
山羊座で土星と冥王星が重なりだし。

魚座で水星が逆行を始め
水瓶座で順行に戻り。

3月下旬
山羊座での木星と土星と冥王星の重なりに、火星もイン。

星の動きは知らずとも。
なんだか時代が変わっていく感じ、ありますね。

今年は、グレードコンジャンクションと呼ばれる木星と土星の重なりが起こる年。
(12月19日、水瓶座にて。)

これは、20年に一度のこと。

木星と

もっとみる
るん( ^ω^ )♡
13

その文に脈はあるか

数年に一度。大抵は自分がなにか決断するとき。決断することは決めているが、それがはたして正しいのか、答えは生きてみなけりゃ分からないってとき。勇気をもらうために、わたしが観る映画がある。『風と共に去りぬ』。1939年公開のアメリカ映画。この映画を、今年のアカデミー賞を差別的に比喩するために使った米大統領の発言が、日本でもニュースになった。

 『風と共に去りぬ』という物語の時代背景には南北戦争 (1

もっとみる
まいどおおきに!(・ . ・)!
6

#8 映画レビュー 『風と共に去りぬ』

『風と共に去りぬ』を鑑賞しました。

古くて長い映画... と覚悟を決めて鑑賞にのぞみましたが、それは大きな間違いでした。

約4時間の上映の中で、これだけ濃厚で波乱万丈な描写が出来るのか... 気持ちを引きつけ続けることが出来るのか... とビックリしました。

重要なシーンで登場するシルエットの描写が印象的で美しかったです!

あと、主人公の女性に対して凄く心当たりのある人が思い浮かんだことも

もっとみる
にゃあ!!!

人は自分で生き残らねばならない

先日、寺島実郎「知の再武装」ライブ・ビューイング塾に行ってきました。
寺島実郎さんが講義をする「寺島塾」を映画館などで見ることができるもので、私はTOHOシネマズ日比谷で受講しています。

寺島さんの講義では「金融経済と実態経済の乖離はなぜ起こるのか」といったことを一貫したテーマとしており、それを紐解く経済や政治などの歴史解説、世界的な流れや日本における問題点など、多岐に渡るお話が大変面白い内容と

もっとみる
共感ありがとうございます!

エビと共に生きる。エビと共に去りぬ。

……note界のスカーレット・オハラ、ここに爆誕。😲✨

エビと共に生きる|しりひとみ @sirisiri_hit https://note.com/sirisiri/n/n906cc8eb43c5

応援ありがとう。この機会にフォローと購読もよろしく。✨\(^o^)/✨
4

【風と共に去りぬ】〜現実は見ま賞〜

【風と共に去りぬ】
第ニ回目の投稿です!
今回観た映画はかなり昔の映画、「風と共に去りぬ」という映画です。カラー映画の第一号とも言われ、不朽の名作として有名です。
上映時間はなんと4時間!かなり長いような印象を受けますが意外とスラスラと観れてしまいました。
今回はぼくが観ていて特に印象に残った点などに触れていきたいと思います。

もくじ
1、あらすじ
2、映像の表現
3、スカーレットの発言
4、ス

もっとみる
今後の作品にもご期待ください!
12

わたしの中の女神様

朝の連続テレビ小説のタイトル「スカーレット」が緋色を指すことはみなさんご存じのことと思います。燃えるような赤色。この色を表す単語のスペリングは“Scarlet”。山内惠介の曲もそちらですね。

今日は"Scarlett"の話。「T」が増えていますね。こちらが名前。

燃えるような心を持ってその心のまま生きる女性のお話です。

わたしのスカーレットの話

* * * *

スカーレットという概念を初

もっとみる
Thank you ♡
2

ヴィヴィアン・リー

――VIVIEN・LEIGH――
【ヴィヴィアン・リー】
1913年11月5日~1967年没。

イギリス人。生まれはインド・ダージリン。

☆女優としての経歴☆
パリのコメディーフランセーズとロンドン王立演劇学校で学ぶ。

*ここでは、「風と共に去りぬ」に関しての記事になります。

1934年イギリスで映画デビューの後、恋人のローレンス・オリビエの映画撮影の為、一緒にアメリカに来るが、
その時に

もっとみる
「スキ」ボタンありがとうございます♡
1

寒い冬の夜、「ブラッククランズマン」を観る。

寒い冬の夜、「ブラッククランズマン」をUHD Blu-rayで観る。(少し自慢)

黒人警察官がKKKに潜入する話。

スパイクリーはスパイクリーだいつまで経っても。

「話し方で白人とわかる」というKKKの魔術師には笑う。
主演のジョン・デービッド・ワシントンの口調の使い分けの見事さにも笑う。

大半の台詞は差別用語とf○ckで埋められていることに、笑いを抑えることはできない。

1979年の実

もっとみる

風と共に去りぬ

鑑賞時の感想ツイートはこちら。

ええ〜と、ゴメンなさいね。汗
ほんとに鑑賞当時のツイート通りで……。
「わたしの4時間を返せぇぇ〜!」
という気持ちになりましたとサ、としかお伝えのしようがない作品でして。

兎にも角にも、スカーレット・オハラの性格がダメ。(受け付けられない)
観ていてゲンナリしてしまいました〜。

こんな感じ。笑

まあ、スカーレットの気性の激しいこと激しいこと!
大仰!
ヒス

もっとみる
明日もまた来てね♩
1