昔読んだ本(確認)

僕はあまり本を読まない、読んでいない…という事を再三書いていますが、
それでも過去に読んだ本というのはある訳で、
その中から最近確認したことがあるのでその話を一つ。

翻訳本って本当にそういう話で合ってるの?…という事を、約15年を経て
確認したその方法はAmazonで本をわざわざ買う…でしたけどね。

どうして両方買ったかというと、あ、日本語版は単行本の方ですけど、
表紙が全然記憶と違う、もっと

もっとみる
お礼に秘密を一つ。イノシシ3周通過しています。
2

お金配りおじさん:前澤友作とネット乞食行為に対する違和感の行方

ずっと違和感があった。お金配りおじさんこと前澤友作氏がTwitter上で行っているお金配り行為。それに対する違和感の正体って何なのだろう。

前澤氏ほどの人なら今さら売名する必要もないだろうし、慈善行為ならやり方が雑すぎるし、もしやヒマすぎるのか? お金でフォロワーを買っているのか? でもそれって何か意味あるのか。。。?

どうもお札に火をつけて「どうだ明るくなったろう」と言っていた成金オヤジと変

もっとみる
ナマステ~
1

自#167|ワイルドサイドをほっつき歩け・・・その④(自由note)

人間は、弱い生き物です。こちらが差別できる時は、往々にして、差別してしまうでしょうし、たとえば、イジメに直接的に加担してなくても、それを傍観してしまえば、差別している側のmajorityの一員ってことに、やっぱりなってしまいます。私は、父親がいない私生児でした。子供の頃は、当然のように差別されました。小1、2の担任には
「母親が水商売で、父親のいない家だから、こんなどうしょうもない子供になってしま

もっとみる
65歳でも書き続けます。
1

「格差」や「階級」があるのはわかった。でも、どうすればいいのか。

数年前、東大の入学式でなされた、上野千鶴子さんのスピーチが話題になった。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われる

もっとみる

排除の国、日本

弱者に冷たいのではないか?マイノリティーにもう少し注意を払うべきじゃないか?働けない者たちは不要な社会なのか?などの記事をよく観る。

ほぼ100%、その内容は「それじゃいけない」「倫理的に見ておかしい」「世界とかけ離れている」などと改善を強く求める内容である。

自分を守るために社会的弱者である高齢者や生活保護、障害者などに怒りが向く。なぜなら自分たちの月収よりも高い年金で暮らしているお年寄りに

もっとみる
thank you so much
1

「父は『私が学校用務員だってことを誰にも言っちゃダメだよ。笑われてしまうからね』と言いました。私は父を抱き締めて『パパは学校用務員よ。私は誇りに思ってるし、愛してるわ』と答えました」 下の写真と共に投稿された。

日本でも昔から「職に貴賎無し」と言う。

多くの方は理想だよよねと思っている。現実はそうじゃないよねと思っている。

個人的にこの親子の愛情は本当に素晴らしいと思う。

一つ言える事は「

もっとみる

「ボランティア情報2019年4月号」(とちぎボランティアネットワーク編・発行)・市民文庫所収『黄色いベスト運動―エリート支配に立ち向かう普通の人びと(ele-king books)』インタビュー 堀茂樹、松尾匡、國分功一郎ほか

『黄色いベスト運動―エリート支配に立ち向かう普通の人びと(ele-king books)』インタビュー 堀茂樹、松尾匡、國分功一郎ほか 定価1600円+税 発行Pヴァイン 発売日販アイ・ビー・エス(株)

評者 白崎一裕

 ノートルダム大聖堂が火災で大きな被害をうけたあと、世界中から寄付金などが集まって、フランスのマクロン大統領なども「大聖堂再建にむけて、予算措置など尽力する」と声明をだした。パ

もっとみる

この世界で「平和」を語る空虚さ

毎年、この時期になるとあらゆるメディアで「平和特集」が組まれる。

第二次世界大戦、太平洋戦争、特攻、原爆、終戦・・・・・・

忘れてはいけない。過ち。平和は大切。

私は毎年、誰にともない怒りで一杯になる。許せない。

なぜ私たちは、毎年この時期に平和を語るのだろうか。あ、もちろん、忘れてはいけないことだからなのだけど。

平和を語ることに、どうにも私は意義を見出すことができない。いや、正確に言

もっとみる

お金と権力、平和と自由、あなたはどちらを取りますか?

トランプ大統領に政治的既得権益など
全く興味がありません。

給料1ドルだし。💰
あとは全額寄付。

側近の高官も給料は中流以下。

トランプ大統領は
単純にグローバル化が進むことで
アメリカ国民が疲弊していくことに
疑問を感じていました。

JFKの息子と親しい仲にあり
アメリカの行末を彼に託した
トランプ大統領。

そしてまさかのJFKの息子の
謎の飛行機事故。

死んだフリ?そして謎の復活

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです♪
34