通販CRM

アトリビューション分析の更なる重要性

優先順位の変化 マーケティングアトリビューション分析(メディア別の効果測定)の最終的な目的は、マーケッターが彼らの行ったマーケティング行為やメディアの効果を追跡し、ビジネス全体に及ぼす影響を測定することにあり、クロスチャネルの測定がますます重要視されています。 調査によると、クロ…

コールセンターの応答率は設定次第で変動する!KPI絶対王者「応答率」のマジックについ…

応答率は変動する!?応答率とは「鳴った電話(以下、「呼」)」のうち、「何件応答できたか」を計るものとしてコールセンターの最重要のKPIとなっています。鳴った呼の数が分母、応答した呼の数が分子となり応答率は算出されます。 100件電話が鳴って、100件応答すれば応答率は100%となります。90件…

リピート率アップのための、CRMカスタマーリレーションマネジメント

アトリビューション分析の重要性

イントロダクション 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたといいます。 『広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!』 今日の最新技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのは以前に比べては…

200社の運用実績から語る① 失敗しないコールセンター構築!最初に必要な3つの事

はじめに今回は、ライフェックスが支援する領域の中でも、なかなか実態が知られていないコールセンター構築の考え方や運用のノウハウについてご紹介します。 本noteはD2C事業を新しく立ち上げることになった方や、コールセンターの立ち上げ担当に抜擢された方などにお役立ちいただける内容です。 ぜひ…

データドリブンがマーケティングを導く時がきた

消費者行動の多様化が進む昨今、データドリブン・マーケティングがより大きく、より顧客体験に結び付けられるようになって来ています。 データドリブン・マーケターには、顧客に期待通りの行動を喚起させるために、適切な顧客の目の前に、適切な時に、適切なメッセージを届ける事が重要だと考えられて…

通販広告をやる上で知っておくべき7つの事

はじめに ECショップを運営している場合、利益を生むために必要な流れというものがあります。 ネットショップを独自ドメインで開設している場合、ネット広告で宣伝して商品を認知させ、興味、関心を持ってもらって最終的に決断、行動という流れで購入いただくまでにかかるコストを以下解説いたいます…

マーケターと顧客のギャップを埋めるには

従来の消費者の購入プロセスは、DM、新聞広告、テレビCMなどを見た後、店舗に行って購入するという、いたって直線的なものでした。 しかし、インターネットやスマートフォンの普及により、個人が情報を手にすることが用意になったことを背景に、消費者の購買プロセスはより複雑なものへと変化してきて…

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)は変わってしまった!

顧客はBtoB・BtoCを問わず、豊富な情報を持ち合わせているので、購入する前に欲しいものについて入念に調べます。 例えば、スマートフォンを使ってウェブサイトを閲覧したり、SNSで商品の評判をチェックしたり、または身近な友達や同僚に使用した感想を聞いたり、第三者が投稿したレビュー・クチコミを…

リピート売上とLTVの重要性

国内の広告費はプラス成長を続けており、Web広告媒体費用は1兆円を突破しています。EC市場の発展と競合他社増加の影響もあり、この動きはさらに拡大を見せると言われていますが、その一方でROAS(投資回収率)は著しく低下の一途をたどっています。 新規顧客獲得に欠かすことができない【広告投資でで…