【税制適格ストック・オプション】適格要件の「付与決議」って何の決議を指しているか分かりますか?

こんにちは、大門(だいもん)です。

前回に引き続き、スタートアップを中心によく出されている「税制適格ストック・オプション」について、行使可能期間の起点となる「付与決議」とは何の決議を指しているのか、というポイントに触れていきたいと思います。

税制適格の主な4要件(再掲)

税制適格要件については、様々なWEBページ等で公開されているので、簡潔に要点だけまとめます。(再掲)

【発行形態】本人の

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります。
1

【税制適格ストック・オプション】適格要件の「社員」ってどの時点での社員か分かりますか?

はじめまして、大門弘和(だいもんひろかず)と申します。

このノートでは主にストック・オプション(稀に他の株式報酬制度)にまつわる実務と最新のトレンドを書いていきます。

第1回目の記事では、スタートアップを中心によく出されている「税制適格ストック・オプション」について、どの時点での「社員」であれば税制適格とみなされるか、というポイントに触れていきたいと思います。

税制適格の主な4要件

税制適

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります。
5

シリーズCで異例の従業員保有の株式売却を実現したドイツのフィンテックスタートアップTaxfix

スタートアップ企業が資金調達を完了が従業員にもたらすプラスの特典は雇用の安定ぐらいのものだ。

しかし、ドイツで最も急成長しているフィンテック企業であるTaxfixのスタッフの直近のラウンドはその常識を覆すものだった。

40人以上の同社の従業員と元従業員は、4月に380万ユーロ相当の権利確定したストック・オプションを現金化したという。

ほとんどのスタートアップ企業の従業員にとって、株式を現金化

もっとみる
ありがとうございます!
1
数量限定で販売中
残り 23 / 30

資本政策の感想戦「ニューラルポケット株式会社」

企業が新規株式公開(IPO)を行った場合、その企業が作成した「新規上場申請のための有価証券報告書(以下「Ⅰの部」という)」を見れば、その企業が上場までにどのような資本取引を行ってきたかを伺い知ることができる。

このnoteは「資本政策の感想戦」と銘打ち、第三者の視点から、創業から資本取引を将棋の棋士が行う感想戦のように1手1手振り返り、その背景で動いていた資本政策の意図を考察することで、資本政策

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります。
27

ニューラルポケットの資本政策

AIアルゴリズムを独自開発し、画像・動画解析に関するAIサービスを提供しているニューラルポケット株式会社が2020年8月20日にマザーズに上場します。

弊社ホームページにてニューラルポケット株式会社の設立からIPOまでの資本政策分析記事を掲載しています。

設立から約2.5年ほどでIPOとなった事例で、超爆速です。

みなし優先株を使ったファイナンスもしており、登記実務上の論点にも触れた分析記事

もっとみる

BASEの資本政策

誰でも簡単にデザイン性の高いネットショップが作成できる仕組みを提供するEコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を開発するBASE株式会社が2019.10.25にマザーズに上場しました。

弊社ホームページで設立からIPOまでの資本政策の分析結果を公開しています!

内容を大まかにまとめると、

・設立からIPOまでの時価総額推移

・各シリーズごとのシェア

・ストックオプションの発行タイ

もっとみる

VCが感じる株式投資型クラウドファンディング(ECF)の課題点

こんにちは。千葉道場の石井でございます。

私は2012年に教育系スタートアップを立ち上げた起業家だったのですが、M&Aを通してEXITし、現在は起業家コミュニティ「千葉道場」の運営および、コミュニティベンチャーキャピタル「千葉道場ファンド」の投資家として活動しています。

こういった立場ですので、こちらの記事に書かれている内容は「圧倒的なポジショントーク」であることを先にお伝えいたします…!(後

もっとみる
嬉しいです!
29

自分がはたらくスタートアップが上場したあと、株式を売却したりする方法

今回広く周知することが目的でもないのですが、14,500字以上の専門的な内容となってしまい、今回テスト的に有料で販売します。(売れれば売れるほど値上げしていくと思うので早めに買った方が得だと思う)

近い将来上場を目指すスタートアップ界隈の人たちにとって肌感覚として感じてもらえればと思います。また一般に売却とはその会社にコミットして働いた最後の手段として取るべきものですので誤解なきようお願いします

もっとみる
ありがとうございます!よければ記事のシェアとフォローもお願いします!
6

東大卒・元モルスタのエリート会計士登場【ユナイテッド&コレクティブ社外取締役・加藤氏】|Vol.304-306

今回のゲストは、上場企業はじめ多数の企業に対してCFO支援・M&A・資金調達アドバイザリーサービスを提供する、公認会計士の加藤さんです。

▶加藤さんの出演動画 一気見はこちらから◀

■加藤 涼 氏 ユナイテッド&コレクティブ株式会社 社外取締役 
中央青山監査法人、モルガン・スタンレー証券、フォートラベル、バークレイズ証券、コーチ・ジャパン、クオンタムリープを経て独立。会計、金融、マーケティン

もっとみる
ありがとうございます!お役に立てそうな方に共有いただけたら嬉しいです!
3

East Ventures 金子剛士  スタートアップの資本構成・資本政策は可変にしておくべき!

今回のゲストはEast Ventures パートナー 金子剛士氏。

元々、学生時代は自身で事業をしていた経験を持ち、そこからベンチャーキャピタルのインターンを経て、現在はシード特化のVCであるEast Venturesにてパートナーを務めている金子さんに、スタートアップの資本構成において気をつけるべきことや、過去の投資先企業の中で印象に残っている企業についてなどお話ししていただきました!

▶金

もっとみる