谷尻誠

早く考えを形にすること

早く考えを形にすること

保有資産がどれだけあるかとか、いくら以上持ってたら資産家と言っていいのかは人によって考え方はそれぞれあると思うが、僕はビジネスで成功した人に共通点があると思っている。

28
センスってなんだ?

センスってなんだ?

「最短でやりたいことをやるために、やらないことを決める」という話を前々回した。ただ、やりたいことのためにやりたくないことが生じる場合はある。それは乗り越えたほうがいい。 やりたいことを達成するためにやりたくないことが出てきても、それは頑張るべきだと思う。 ただ、僕にもやりたくない仕事はある。 やりたいことのために生じるやりたくない仕事ではなく、ただのつまらない仕事。 それはやりたくない。

49
やりたいことを最短でやる方法

やりたいことを最短でやる方法

先日、ファスティングをした。 ファスティングをしようと思ったきっかけは、健康診断で脂質E判定という衝撃的な結果が出たからだ。 体の内側はデブなんだなぁとショックを受けたが(笑)、考えてみれば日頃はあまり何も気にせず飲んだり食べたり自由にしていて、キャンプに行けばサウナに入る以外あまりすることがないので、ここでもずっと飲んだり食べたりしていた。この機会にちょっと食事を見直さないとマズい。そう思い、食べることを休憩することにしたのだ。

50
設計事務所はfacebookになれない

設計事務所はfacebookになれない

建築家の谷尻誠さんのご著書「CHANGE」を拝読していたら、上のような文が出てきた。 「建築設計事務所は、フェイスブック社のように、人気企業になれない」という意味である。 「ああ、確かにそうだよな〜」と思った。谷尻さんの言わんとすることがよくわかった。 建築設計事務所がやっていることは、とても夢があって、面白いことに間違いはない。 それに雑誌に取り上げられたり、時に建築家がメディアに出演したりすると「華やかでカッコいい職業」なんてもてはやされたりする。 私もよく「建

24
THINK69(2016年8月19日)/ゲスト:水野祐さん(法律家/弁護士:シティライツ法律事務所)

THINK69(2016年8月19日)/ゲスト:水野祐さん(法律家/弁護士:シティライツ法律事務所)

現在(2021年7月),東京ミッドタウンの21-21デザインサイトで開催中の「ルール?展」.身の回りのモノが如何に「ルール」に深く関わっているかということと,それによって社会がどのように立てつけられているのかということを考えさせられる話題の展覧会.この展覧会のディレクターの一人でもある,法律家/弁護士の水野祐さん(シティライツ法律事務所)が,2016年の8月にTHINKのゲストとして招かれた時のトークをダイジェストでお届けします. ーー定期購読マガジン THINK BOOK

3
THINK113/ゲスト:三浦崇宏さん(株式会社GO

THINK113/ゲスト:三浦崇宏さん(株式会社GO

ーー定期購読マガジン THINK BOOK について THINK BOOK は,読む "THINK" です.Suppose Design Office の谷尻誠が毎月魅力的なゲストを招き「"考える"ことを考える場所」として開催しているイベント"THINK"を読み物として再構成してまとめています. 多彩なゲストとの間で繰り広げられる本音のトークはここでしか聞けないヒントがたくさん詰まっています.過去100回以上に及ぶ記録資料などの掘り起こしを含め,月に2回程度,定期購読マガジン

7
経営ができる設計事務所

経営ができる設計事務所

いまだに新入社員が10万円の月給ももらえないようなアトリエはたくさんある。 この現状が変わらなければ、設計事務所に就職したいという人が今後増えるとはどうしても考えられない。

62
安城の家・谷尻誠

安城の家・谷尻誠

こんにちわ。 好きな建築を紹介します。 涼しい風が通り抜ける気持ちのよい外部空間での食事。 温泉の露天風呂で開放感溢れる外部での入浴の時間。 ハンモックに播られながら雲の流れをぼんやり曳つめ、気がつくと眠りに誘われていた安らかな外部での睡眠。 外部での体験は、我々に時間を過ごすということの豊かさを与えてくれる。 敷地は安城市の住宅地にあり、両親の住む隣の敷地に若い家族の住まいをつくる計画である。 庭で運動をすること、こどもを自由に外で遊ばせることなどクライアントからは内

9
尾道の家・谷尻誠

尾道の家・谷尻誠

こんばんは。 好きな建築物を紹介します。 谷尻誠氏が設計した、 広島県の尾道の海が見える場所に建てられた住宅です。 対岸や橋などの周りから視線が気にならないよう、家全体を海に対して斜めに建てられています。 LDKやエントランスホール、 ゲストルーム、 バスルームにそれぞれ海側に向けてテラスを設けています。 テラスからは釣りもできる贅沢な空間となっていますね。 参考:(https://webdesignmagazine.net/makoto-tanijiri/)

5
未来に投資する

未来に投資する

2019年に仲間と立ち上げた「TECTURE(テクチャー)」は上場を一つの通過点にすることを目指している。 会社を上場するということは、株式の価値を上げていくことを株主(投資家)から期待される。 サポーズデザインオフィスも株式会社だが、こちらは非上場。

53