視覚機能

039 知覚経験の定量的測定

039 知覚経験の定量的測定

【私の研究はこんな感じ】  眼は2つありますが、知覚する世界は1つです。2つの眼に映っているものをどのようにして1つに重ねているのかに興味があります。基礎研究としては、両眼で見たときの明るさや輝度コントラストの見え方を調べています。また、応用研究として、斜視や不同視が原因で生じる片眼弱視の障害や弱視眼訓練法についての検討を行っています。 【こんなことを教えてください・こんなコラボをしたい】     ヒトの視覚機能について、何かしら評価したいということがあるのかどうか、ま

スキ
2
「字が読める」ことと「頭に入る」という感覚の違いの劇的体験について その1

「字が読める」ことと「頭に入る」という感覚の違いの劇的体験について その1

おはようございます トータルビジョントレーニングトレーナー こざわゆきえです 私は今 発達する眼鏡「イノチグラス」をつくれる 目育士(めいくし)になるべく 絶賛 修行中です ビジョントレーニングをしていて 脳と目と身体のつながりをいつも感じています 目の動きが 良くなってきた子が ある日、まったく目が動いていないときがあり、何が起きたんだ?と、内心パニック(笑) 最近の様子をお母様にお聞きしたところ 最近運動会の練習でストレスが溜まっているとのことでした 集団行動が苦

スキ
4
ドライビング中の目トレ

ドライビング中の目トレ

こんにちは トータルビジョントレーニング トレーナー こざわゆきえです 「目」動かしてますか? 以前 目の基本的なトレーニングをnoteで紹介しましたが 日常生活の中で目を動かすちょっとした工夫があったりします たとえば お子さんと車に乗ってるとき! 我が家では、お出かけの道中 目的地に着くまでに、何色の車が何台すれ違うかを当てるゲームをします(笑) お父さんは黒の車〇台!お母さんは緑の車〇台!長男は青の車〇台!次男は黄色の車〇台!三男はピンクの車〇台! と、決めて

スキ
4
ビジョントレーニングのご感想

ビジョントレーニングのご感想

こんにちは! 青森も春のにおいが 日に日に強くなってきましたが あなたの地域はどうですか? 先週、先々週の金曜日  基本的なビジョントレーニングをご紹介しましたが トライしてみましたか? 思ったよりも反響があり 嬉しく思っています 私は普段 主にお子さんへのビジョントレーニングをおこなってますが、大人の方、特にスポーツをされてる方にも ビジョントレーニングを提供しています 月に1〜2回 ビジョントレーニングを一緒に行って、次回までの間 ホームトレーニングをしていただ

スキ
7
視線を跳ばすように動かすトレーニング

視線を跳ばすように動かすトレーニング

眼球運動の1つに『跳躍性運動』があります 例えば、部屋で何か探してるときって、目をあちこちに向けますよね あとは、授業中黒板の板書をするときも、目は黒板と手元をパッパッと切り替えて動きます。この跳ねるようなスピードで切り替える動きを跳躍性眼球運動と言います ビジョントレーニングをしていて、目の動きをみてみると 本人は対象のものに瞬時に目を合わせてるつもりでも、眼球が余計な動きをしたり、違うところに一瞬目が行ってから戻るとか、対象のものに焦点を合わせられなかったりしています

スキ
5
眼で動きを追うトレーニング

眼で動きを追うトレーニング

眼球運動の1つに『追従性運動』があります 線をゆっくり目で追ったり、動くものを目で追ったりする運動です 漢字を覚えるときなんかも 線を目で追って、線がどこにあるかを認識する必要がありますが、形が認識できないと、漢字が覚えられませんよね ビジョントレーニングをしていて、目の動きをみてみると 本人は目で追ってるつもりでも、眼球が余計な動きをしたり、追ってる物の動きを先走って動いていたり、様々です きっとこの人は 意識してないとしても ずいぶん無駄なエネルギーを費やしているな

スキ
8
筋肉は裏切らない!

筋肉は裏切らない!

こんにちは! 筋肉!鍛えてますか!? ・・・というと 腹筋やら背筋やらが思い浮かびますが なにしろ私はビジョントレーニングのトレーナー ですから 筋肉といっても『目』の筋肉です この図でもわかるように、目は筋肉だらけ! というわけで筋トレです この6つの筋肉が強さバラバラだったら? そりゃもう大変そうですよね あ、でも先天的にバラバラなんです それが、生まれて育つ間 遊んだり、いろんなものを見たりして この目の筋肉たちが良い具合に鍛えられていくわけです でも 現

スキ
5
あなたと私の見てる景色は違うかもしれない

あなたと私の見てる景色は違うかもしれない

「階段がこわい」・・・と、あなたの友人が言ったら どう思いますか? 「え?階段の何が恐いの?」 ですよね 「あ~ わかるぅ~」っていう人はあまりいないかも 「階段」って、日常の中にあふれていて、 もし恐怖を感じる対象としていたら、日常生活がいちいちものすごく大変になると思いませんか? でも、実は 結構いるんです 「階段がこわい」と感じる人 ビジョントレーニングのトレーナーになってから、これまでたくさんの 子どもから大人までの方々の「見る」ちから「視覚機能」と向き合って

スキ
16
呼気も大事

呼気も大事

あなたは、あなたのお子さんは ちゃんと「息」を「吐けて」いますか? これは、先日のトータルビジョントレーニング風景です 吹き戻し卓球! 子供たちを見ていると、 風船を膨らませなかったり、 笛を吹けなかったり、 言葉が不明瞭だったり、 息を吸えてるけど 吐くことは不十分だったりしています そこで取り入れたのが「吹き戻し卓球」 この吹き戻し卓球は ★カオスな動きをするピンポン玉を目で追う眼球運動 ★口をすぼめる(口の筋トレ… 発語の練習にもなります) ★息を吹く(副交感

スキ
4
目の動き

目の動き

あなたは眼球をしっかり動かせてますか?? この写真はビジョントレーニングをしているところです トレーナーが「赤、黒、赤、黒」と言うリズムに合わせ、 顔を動かさずに  目の前にある 赤と黒のポンポンを交互に見ます 眼球は左右に素早く動きます=跳躍性眼球運動 (左右だけでなく上下や斜め、前後などの動きもあります) 今年の1月にビジョントレーニングを始めてから100人近くの目の動きを見てきましたが、そのうち7割は眼球をうまく動かせていません 左右の動きの途中、まったく違う

スキ
5