自己資本比率

金融危機の発生プロセスについて

今更ながら、約10年前に発生した金融危機に係る書籍『金融危機とバーゼル規制の経済学: リスク管理から見る金融システム』を読んだ。そのなかで金融危機の発生プロセスに関する内容について、自身の理解のためまとめておきたい。以下、1⃣金融危機の発生プロセス、2⃣トリガー段階と伝播・拡散段階との関係、並びに3⃣レギュラトリーアービトラージを背景とするリスクテイクの偏在の順に触れていきたい。

 1⃣:この金

もっとみる

自己資本比率とは

今回は自己資本比率について書いていきます。

自己資本とは

そもそも自己資本とは何かから解説していきます。
自己資本との対義語で他人資本という言葉があります。

他人資本とは

他人資本は主に銀行からの借り入れであり、負債になるものです。
それとは逆に今回の自己資本は株主からの出資分や、
事業活動で得た利益の合計になります。

ですので自己資本というのは、返済義務の無いものになります。
銀行から

もっとみる
次回の記事も楽しみにしていて下さい!
1

人生において友達は、資本なのか、負債なのか

会社名は、株式会社ただいま→ただいま商店街株式会社にしました。

NEWパワー(SNSとかテクノロジー)はもちろんのこと、OLDパワー(商店街組合とかお金)もしっかりと取り込んで、がんばりたいなと思っています。

安倍政権さんのおかげなのか、融資も、区とか都の創業支援施設を通すと利率が安くなったり、融資も通りやすくなったりするので、借金パワーもできたらがっつり搭載して、スタートアップしてみようかな

もっとみる
マジマンジーZ
7

クリエイティブと自己資本の関係について

デザイン思考、アート思考、そしてクリエイティブな潮流は、高度な生産性であり、ゼロからイチを産みだす潮流と言われています。

これらを財務諸表で考えると、「他人資本」に十分に「目配り」して、「自己資本」へと取り込み、「総資産」に厚みを持たせて、「高いフロー」を実現させていく、と言い換えることが可能かと思います。

つまり、「他人資本」に依拠した「レバレッジ」ではなく、「他人資本」でさえも、「自己資本

もっとみる
励みになります。ありがとうございます!!!
4

自己資本比率は高いほど良いのか?

中小企業経営者の方とお話していると

「自己資本比率をもっと上げたいんです」
「無借金経営っていいですよね」

という台詞を耳にすることがあります。
たしかに、自己資本比率が高いということは経営の安全性を高めることに繋がります。しかし、高ければ高いほど良いかというと、決してそんなことはないのです。

そもそも自己資本比率とは?

計算式で表すと、こうなります。

自己資本比率 = 純資産(自己資本

もっとみる
魚にイチゴクリームを食べさせようとしていませんか?
1

気配が201811041602

ますます気配が濃厚に。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-29/PHC46U6S972A01
地銀は遠からず赤字常態化、新たなリスクの世界へ-宮野谷前日銀理事 - Bloomberg
2017年度決算では地域銀行106中54行は貸し出しや手数料ビジネスによる本業利益が赤字。このうち23行は5期以上の連続赤字だった。
日銀は金融シス

もっとみる

本物の警備実現のために高めたい自己資本比率

1. 無借金経営。経営者のほとんどが憧れる言葉。

これを財務的にいうなら、貸借対照表(以下BS)上の負債の部である短期・長期借入金がなく自己資本比率が高い状態ということができる。

自己資本比率とは総資本のうちどの程度が自己資本でまかなわれているかを示す指標。

総資本とはBS上の右側の資本の部と負債の部を合わせたもので、企業のすべての資本の総額を意味し、自己資本とはそのうち資本の部にあたるもの

もっとみる

単なる申告から土台づくりへ頭の体操!短期、中長期的な財務状況を理解することで、将来への改善・戦略を考えるための会計スキルアップ!

貸借対照表をよーくよーく見ると、会社がどのような資金状況で経営を行ってきたのか、会社の身体の状態がわかります。 駒井伸俊先生|ビジネスコンサルタント・税理士・中小企業診断士

平均1%の経済成長、売り上げがほとんど変わらない時代に、設備投資が適切でなかったり、新たな人員や広告宣伝が適切でなかったり・・・

売上だけを追っていける時代ではなくなったからこそ、環境変化に対応できない企業が市場から消えて

もっとみる

地銀が合併しても弊害は小だが、合併しないリスクは大

地銀が合併して地域独占になると独占利潤を貪るかも知れない、と公取は考えているようですが、合併しないで過当競争を続けて地銀が疲弊する事による弊害の方が大きそうです。

ゼロ成長とゼロ金利により、地銀は疲弊していきます。このままの状態が続けば、赤字の地銀が増え、自己資本比率の低下から「貸し渋り」を余儀なくされる地銀が出てくるでしょう。

金融は経済の血液ですから、地銀が疲弊すると地域経済も疲弊するので

もっとみる

内部留保課税よりは現預金課税の方がまだマシ

企業が現預金を持っている事が問題なら、現預金に課税すれば良いでしょう。「現預金を持っているくらいなら給料を増やすか投資を増やすか配当を増やしなさい」という事です。

積極的に設備投資を行なっている企業が、その資金を内部留保で調達しているのか借入から調達しているのかは、政府が介入すべき問題では無いはずです。

「1億円儲かった。1億円の設備投資をしたい。儲かった1億円を使おうか、1億円は配当してしま

もっとみる