カルチャーブックを全文公開しました。

人が集まればそこには文化が生まれます。ottomanにはどんな人が集まり、どんな文化が根付くだろう。ユーモアがあって、スマートで、しなやかさがあって、人に優しい会社。少し欲張りですが、そんな会社にしたいなと思いました。

言語化するのには、1年程かかってしまいましたが、自分が大切にし ている価値観、仲間に大切にしてほしい価値観、そして、仕事で困っ たときのあれやこれやを整理したブックにすることがで

もっとみる
スキありがとうございます!
5

事業フェーズと組織文化について

ベン・ホロウィッツのWHO YOU AREを読み終えて事業フェーズと組織文化について色々と思うところがあったので感想がてらに書いてみます。

この本は前作のHARD THINGSに続いて、読むと吐き気がするほど本質的に大切な要素を深く洞察しており、組織文化とは何か、組織文化を考える上で重要な肝は何かということを胎の下にずしりと響かせてくれる良書だと思います。自分の中で心に響いた言葉をいくつか引用し

もっとみる

MF KESSAI tech_chat #1: 技術面接のあれこれ

MF KESSAI株式会社 ものづくりチーム

00:00 | 00:30

MF KESSAIエンジニアの技術的な雑談『MF KESSAI tech_chat』
今回はエンジニア採用の技術選考、アーキテクチャなどについて語りました。

## パーソナリティ
- エンジニア 大菅(@__garsue__)
- エンジニア 鈴木(@makiton)
- CTO/SRE 篠原(@shinofara)

## show note
- 面接前のコーディング課題を取り入れてみた感想

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
4
00:00 | 00:30

MF KESSAIエンジニアの技術的な雑談『MF KESSAI tech_chat』
今回はエンジニア大菅の最近読んだ本について語りました。

## パーソナリティ
- エンジニア 大菅(@__garsue__)
- エンジニア 鈴木(@makiton)
- CTO/SRE 篠原(@shinofara)

## show note
- ひと言自己紹介
- ゼロトラスト https://tech.m

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
7

強い言葉で行動指針をつくり、模倣困難なカルチャーづくりに投資する

※本記事は、2018年3月に書かれた↓の記事のリライトになります

こんにちは!ランサーズの曽根(@hsonetty)です。「経営・組織」編の第2回になります。

前回のミッション・ビジョンに続く「経営・組織」編の第2回のテーマは、Way=行動指針と企業文化=Cultureになります。「ん?WayとCulture?」と思った方。正しい反応です。ミッション・ビジョンと同様、似て非なるコンセプトです。

もっとみる

物理的なオフィスが不要になる時代にどうコーポレートカルチャーを形成するか

本日(2020/04/29)の日本経済新聞に今後スタートアップがオフィスを不要とするケースが増えていくだろうという記事がありました。

おそらく今後このように大きなオフィスを構えずに運営していく企業が増えていく流れができていくと思います。

金銭面でのメリットの試算

アルバイトさんなど全て含めて50名くらいの企業のことを考えてみます。

やはり賃料が下がることのメリットはかなり大きいです。50名

もっとみる

未来に前進するための「保留」

ミーティングのファシリテーションで時に「結論を保留してください」と伝えることがあります。「まあ、これでいいか」と安易に結論づけようとしているときに言います。結論を目指すミーティングにおいて、結論を保留するのは矛盾を感じるかもしれません。しかし、ミーティングの目的を単なる合意形成ではなく、チームとして新たな発見をする創発に目的を置くと、この「保留」は重要な機能を果たします。

結論を保留することで何

もっとみる
有難う御座います!
11

COVID-19×テレワーク環境下の職場のコミュニケーションを再設計する

このnoteについて

このnoteは経営者のためのマガジン「withコロナ時代を生き抜く組織改革」のうちのコンテンツです。

COVID-19×テレワーク環境下にて、コミュニケーションの方法を変えていく必要があります。オフィスの中で働く時には、多くの声が飛び交いますし、暗黙の了解が存在します。テレワークに移行するということは、これらのルールを考え直し、設計し直す必要が出てきます。(本当に必要かど

もっとみる

海外フルリモート企業から考察する、テレワークをうまく稼働させるために取り入れたい4つのカルチャー

このnoteについて

このnoteは経営者のためのマガジン「withコロナ時代を生き抜く組織改革」のうちのコンテンツです。

多くの企業では、企業文化・カルチャーを作った際に「テレワーク」を前提としていなかったと思います。しばらくCOVID-19×テレワークの影響は続くでしょう。テレワークがスタンダードになる可能性も捨てきれません。

今の状態にいち早く対応するために、企業文化やルールを追加する

もっとみる

不急不要に適応して、適応力を失った組織

コロナショックにおける組織の対応の在り方について考えているうちに「失敗の本質」という本を本棚に見つけました。太平洋戦争における日本軍の失敗について書かれています。軍事論ではなく、組織のどのような在り方が日本軍の失敗につながったのか、そこから得られる教訓をまとめたものです。

当時の日本軍とアメリカ軍の違いが上の表のようにまとめられています。日本軍の戦略は、その目的が不明確で、全体最適の視点が欠けて

もっとみる
有難う御座います!
4