「普通を極めようじゃないか」

私はこの言葉が大好きだ。

 誰が言った言葉なのか、私が言った言葉なのか、よくわからない。しかし、誰が言った言葉だとしても、普通な私が勇気づけられる言葉には変わりない。

 同年代の子がテレビや雑誌、YouTubeなどの芸能界で活躍しているところを見ると、「私って何もないんだな。普通だなぁ。」と、落ち込むことがある。

 しかし、この言葉の存在を知ってからは「普通」を伸ばそう。と前を向くことができ

もっとみる

今更、Nizi Project

こんばんは◎

この数日、今更ながらにNizi Projectを観ています。

いわゆる、オーディション番組なのだけど、そんなに最初は興味が無く。

でも外出自粛中にスッキリで時々観ていて、みんな可愛いなーと思っていたくらい。

それが、数日前にyoutubeのおすすめ動画にNizi Projectが出てきて、なんとなく観てしまったら、本当、、今更ハマってしまっている状況です。笑

私の記憶の中で

もっとみる
スキありがとうございます◎
4

特別な夏休み

今年の夏休みは短い。学校のプールも花火大会も中止。海水浴にも行けず、旅行もできない。

授業日数を確保するためだ、感染を防ぐためだ、今年は我慢だ、特別な夏だから。

テレビで偉い人たちが繰り返す。周りの大人も繰り返す。

そうじゃないだろって、ボクは思う。

なんだかんだ言って、大人は夜な夜な飲み歩いてるじゃないか。あっちこっちに出かけてクラスターの原因になってるじゃないか。突然、学校が休校になっ

もっとみる
ありがとうございます😊
4

CRP TOKYO 撮影会写真集 南馬込 池上駅 池上通り界隈 2020年6月

写真集 CRP TOKYO 南馬込 池上駅 池上通り JUN.2020 発売中
★amazonで購入したら、パソコンはKindle Cloud Readerで見る。
iphone,andoroidは、専用アプリが快適です。

緊急事態宣言が解除された6月19日、早速27日に
撮影会をすることになった。
前回は3月21日だったから3ケ月ぶりだった。
6月は梅雨のシーズン、太陽に照らされる日がぐんと減

もっとみる
スキが好き!  好き?
3

詐欺師人生やめます 特別ではない自分へ

”人生ではじめて嘘をついた日”を思い出してみる。いつだったろうか。”はじめての嘘”はとても些細なことだったと思う。あのおやつは食べてないとか、私はやっていないとか きっと3歳くらいの時。

あの頃から 私は嘘を嘘で塗り固めて、今まで詐欺師のような人生を送ってきました。 自分ではたいしたことないなんて思っていた嘘はどんどん大きくなり、終いに嘘をついているのが平気というか普通になる。こんな詐欺師のよう

もっとみる
ありがとうございます😊💓
21

特別感とは

お疲れ様です。はてさて、今日は何を書きましょうかね。

Instagramってやってますか?私はやっているんですけど、ストーリーってあるじゃないですか。あれって親しい人だけに公開できるんですね。なんだか、ちょっと特別感があって嬉しいですね。あなたは親しいですよって言われてるみたいで。やっぱり特別扱いって嬉しいもんですね。

単純だから友達にされて嬉しかった、って書きたかったんだー!

特別扱いでテ

もっとみる
私の方がスキ
4

8/8は特別な日

今日は、ライブ配信者向けの
zoom会議?がみっちり2時間あり、
ようやく終わりました(^_^;)

8/8は、
『ライオンズゲートが最大限に開く日』
といわれています。
ライオンズとは、獅子座の意味です。
もう現在は、ピークに向かって開いていって
いるタイミングということ。
特別なエネルギーが降り注いでいる
タイミングということ。
ここ数日、睡魔に負けそうになっていま
したが、このエネルギーの影

もっとみる
購入したらもっと良いことが♪
5

2020.8
ある意味 特別な夏になりそう🌻
週末まであと1日
黄色に元気をもらって明日もがんばれそう

ありがとうございます✨後程、記事を読みに行きます!
32

【エッセイ】自分は特別な存在か

皆、子供の頃は自分が特別な存在だと思っていたのではないか。

かくいう私もその一人である。
そして、自分は30歳を目前にした今でもそう思っている。

やっぱり、自分は特別な人間だし、何らかの才能をもって生まれてきて、ものすごい偉業を成し遂げるんだと考える。
そんな人は多いだろう。

若いうちは、自分を特別な存在だと考えるのは正しいのだろうか。

生まれてきた人間すべては唯一無二の特別な存在であって

もっとみる
スキありがとうございます!
5

【詩】残滓

「おれたちは、いつかみんな化石になる」
〈化石?〉
「そうだ。肌も体温も、血も理想も、風を感じたときの皮膚の感覚も、心を体の真ん中に固定しているひとつひとつの思い出も、なにもかもぜんぶ剥がされて、半紙みたいに頼りなげな、まっしろな化石になる。骨になる」
〈そうなったら、どうやってみんなを見分けるの? なにをもって、その人をその人だって決めるの?〉
「ふくわらいってしってるか」
〈あの、目隠しをし

もっとみる