徒然日記2020.09.15

今日は午前中は在宅勤務で会議の日でした。昨晩の遅くに郵便受けをチェックしたら、下の子の幼稚園の合格通知があり、リビングの掲示板に貼り付けておいたら、朝寝ている時に上の子と妻が喜んでいる声が聞こえて、とても幸せな気持ちなりました。午前の会議を終えて、昼は冷凍チャーハン、たまに食べたくなります。美味しかった。その後、自宅を出て2件ほど取引先を訪問。移動中は決まって同僚などと電話をしていた。同期の仲の良

もっとみる
ありがとうございます❗️励みになります😄
2

歳をとって求められるスキル

先日46歳になった。サラリーマン人生も定年まであと14年だ。

家庭を崩壊させ、別居が始まり10ヶ月が経つ。このまま孤独に歳をとりどうやって生きていくかを最近意識するようになった。家族という最小限の社会共同体を持っていない人間はそれなりの準備をしなければならない。

気にしすぎかもしれないが、1人になるとホームレスの人がよく目につくようになった。ニュースではリストラされ経済力をサラリーマンや、虐待

もっとみる

武器としての資本論を第3講まで読んだ。人によって資本論の読み方は違うけど、上司と部下の関係をマックスウェーバーを引き合いに出さなければ説明できないというのは無粋だ。とは言う物の当たりを引いた感じはするので満足。それにしてもなぜ技術をやる時は楽しいのに、社会を見るときは苦痛なのか。

「孤独死、無縁社会は悲惨だ」という価値観の押しつけ

2010年くらいにNHKが「無縁社会日本」という特集を組んだことがあります。内容はおおよそこんな感じでした。

「現代では地縁や血縁が希薄になっており、誰にも看取られずに亡くなる人が増えてきている。無縁社会を食い止めるためにはどうすればいいだろうか。」

私の感想

「そもそも無縁社会なんて本当に悲惨なものだろうか。思い出補正でかつての有縁社会を美化しすぎてないか。」

誰にも看取られずに死んでい

もっとみる

少子高齢化が当てはまらない分野

外資系コンサル会社にいたとき、国家公務員であったときに、2人以上の子供をもってる人と多く出くわした。

死ぬほど多忙と言われてるけど、なんやかんやいって、人によっては恵まれているのかもしれない。

ベンチャー企業にいたときにはそんなことを感じなかった。

これは、あくまでも、官民あわせて片手では数えきれない転職を繰り返した人間の単なる主観に過ぎないけど、、。

ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
3

トイレットペーパーですら「我が家のもの」「我がもの」にしておきたいんですよね。
近所には借りになんていけないんですよね。
https://note.com/kei0112/n/ncc9c1706e7c3

何かのお役に立てればうれしいです。
22

歳をとるのは切ないと思いたくない

死んだ友人がいる。大学が同じだった。
社会人になったら、よく行くラーメン屋が同じで、奇遇にも何回かあった程度の友人ではある。でも比較的身近で同じ年齢の知人が亡くなるのはとても切ない。

歳をとると、こんな感じで深くもなく薄い訳でもない間柄の知り合いが、ぽつりぽつりといなくなる。
これは結構寂しい。

かつての上司が残ろうと思えば残れる勤務先を介護離職した。

かつての職場には、50歳を越えるのに管

もっとみる
ありがとうございます‼️。共感嬉しいです。また来てください❗️ 。
11

アラフォー世代の同窓会は、女の勝負どころ?

https://allabout.co.jp/gm/gc/472271/

というコラムがあるが、同窓会に出ようと思えるモチベーションが湧くだけでエスタブリッシュなのではないだろうか?(笑)

そもそも同窓会を開ける時点で恵まれてると思う。

ありがとうございます‼️。共感嬉しいです。また来てください❗️ 。
1

5人の専門家より100人の素人

「ぶちくらすぞ、ごるぁあ」
 
いつもは平和なホームに怒声が響きわたる。

さっと事務所に緊張の波が走ったと思うや否や、声がしたほうに職員が一斉に走り出す。

「△△はどこいった。出てこいや。」

どうやらMさんがぷつんとキレたらしい。目が完全に血走っている。他の利用者からちょっとしたいちゃもんを付けられたのが気にくわなかったようだ。

まずい、と思った。Mさんは普段穏やかな性格なのだが、一度キレ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです。
22

人間関係のリハビリ

喫煙所はホームの憩いの場のひとつである。
 
花札に興じているひとあり、窓の外をボーっと眺めている人あり、他愛のない話に花を咲かせている人もあり。

大好きなタバコを片手にひとりひとりがリラックスして過ごしている。そんな喫煙所だから、おいちゃん達の本音がポロッと飛び出すことがある。
  
その日、私が喫煙所に顔を出すとOさんがひとりソファに足を投げ出してタバコを吸っていた。
  
Oさんは2年前に

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます。
5