人気の記事一覧

台風情報と記事のリマインド

地震発生時、英語で早くて確かな情報にたどり着く合言葉は○○○

災害ボランティアの受け入れが、七尾・穴水・志賀町で始まった。75人が被災者の家財道具の運搬や泥揚げ等を行った、自分達だとどうして良いか分からない安心した。ボランティアセンターに15300人が登録している。能登航空と羽田空港との旅客便が1ヶ月振りに再開、60人が第一便に乗り込んだ。

4か月前

公式LINEの通知多くて煩わしい方、これ試してみてください!

いざというときでも安心!様々なデータで充実するナビタイムジャパンのサービスとは?

3か月前

災害対応は四次元。刻々と変化する時間軸の中で。

ポテトチップスと日本人:人生に寄り添う国民食の誕生【#図書館員の気になる一冊】

防災アプリ特務機関NERV : 最強の災害情報インフラをつくったホワイトハッカーの10年【#図書館員の気になる一冊】

063 都市をまるごとセンシング

外国人向(がいこくじんむ)け災害時情報(さいがいじじょうほう)アプリ「Safety tips」

災害救助犬 能登半島地震 日本 20240104

2019年5月 日本災害情報学会20周年記念シンポジウム「防災における“住民の主体性”」講演原稿

NewsDigestではTwitter上の災害情報を閲覧制限に関係なく無償で見ることができます

【土砂災害や浸水により人的被害も】2023年7月10日の大雨被害レポート(抜粋)

8月16日(水)亀岡市からのお知らせ

「武蔵小杉とかわさきFM」/こすぎの大学イベントレポ

♡海外の方に、より安心して日本旅行を楽しんでいただくために

1年前