vol.006 波照間ブルー

波照間島と聞くと、ちょっと切なくなるような、胸の中で何かがキュとするような感覚を覚える。それは、ずっとこのまま夏が終わらないで欲しいと願った、おさないころの夏休みを思い出すときに似ている。娘が小学二年生の夏休みから、波照間島へ毎年訪れるようになった。

石垣島から高速船で約一時間、日帰りをしようと思えばできるけれど、私たちは必ず波照間島に宿泊する。日本最南端の島、南十字星が見える島、星空観測タワー

もっとみる
やったー!
6

きっかけになったプロジェクト「OUR Shurijo みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」とは?

このプロジェクトのきっかけは、東京大学の研究者をはじめ、学生、エンジニア有志による「OUR Shurijo みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」に、わたしたちメンバーが共感し、みんなに利用してもらえるようアプリによる実用化を目指したことです。

彼らはコンピュータビジョンという、最先端のAI技術を使い、募集した思い出の記念写真から、首里城を短期間でデジタル復元することに成功しました。

その直

もっとみる

【夏至南風(カーチベー)vol,1】

記念すべき【夏至南風(カーチベー)vol,1】はphoto studio ouchi代表でもある私、村上佑が撮影した「金色に光るベタ凪の揺らぎ」を公開します。ベタ凪って何?って方も多いと思います。私も海の近くで生活するようになって初めて知った言葉なのですが、風が少しも吹かず、海面の波も無くて穏やかな海の様子を意味します。

 この写真を撮影した時は、photo studio ouchiのお仕事(沖

もっとみる

霊感がある友達Aが話した日常怪談

私は霊感が一切ありません。
しかし私の友達の中には霊感があると話す人もいます。

霊感がある人は日常生活の中でどのような出来事に遭遇しているのか?その友達から実際に聞いた話をここでご紹介したいと思います。

また、友達が一緒にいた時に私自身も実際に関わった出来事についてもお話します。

常日頃怖い話を欲しているという方、暑い時期に少しだけ怖い話を楽しみたいと考えている方もここでほんの少しだけ満たし

もっとみる
Merci beaucoup.
11

『すべてが奇蹟!』

『私達が当たり前だと思ってる事が、ほんとは奇跡かも?』
15年ぶりに聴力を取り戻し、
息子の声を始めて聞いた母親の感動をYouTubeで見た
あまりにも素晴らしいリアクションで涙が出て来た

音が聞こえるって、当たり前だと思ってるが、当たり前じゃない
目が見える事も、歩くことが出来る事も当たり前じゃない、

食べるものがある事も、好きなのをチョイス出来るのも、
好きな時に食べられるのも当たり前では

もっとみる
愛が一番大事だよね❤
48

SUPPORT Shurijo みんなで見守る 首里城復興プロジェクトについて

〜誰もにおこりえる予期せぬ災害や事故など、起きてしまった悲しい出来事に対して、テクノロジーだからできることを〜

​このプロジェクトは、「OUR Shurijo みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」のビジョンに共感したメンバーを中心に立ち上げたデジタルプロジェクトです。国内外より募集した記念写真で復元した3D首里城コンテンツを活用し、自宅でも現地でも楽しめるバーチャル体験型ARアプリのリリース

もっとみる

家は買わない主義、借りるが一番

ヒーローの主催するテニス大会が、今年で33年目を迎える
それ以前から県の運動公園テニスコートで教えてた、

ある時、教え子が小禄に空き地があり、貸しになってるから
皆でテニスコートを作って、ヒーローが教えてくれる、
って事でヒーローテニススクールを作った

夏休みの朝からレッスンは暑すぎる、
練習後に近くの東江商店で、アイスを食べるのが日課だった

『おばさん、テニスコートの近くで
 安くて良いア

もっとみる
災害や事故が起こった時は、全て忘れる、過去を捨て今を生きる
52

【最高!】沖縄を全力で楽しむスケジュール@2日目【あの最新施設まで!】

「沖縄のことならオレに聞け!」
どうも、沖縄観光大使(自称)・ゆりぺです。

今回は前回好評だった「沖縄を全力で楽しむスケジュール@1日目」の続き(2日目)を今日はご紹介したいと思います!
このスケジュールでいけば、沖縄を余すことなく楽しめます!!!

⇩1日目をまだチェックしていない方はこちらから⇩

■まずは小話をひとつ

2日目のスケジュールを話す前に、旅行に来る方からよく聞かれるお話をひと

もっとみる
ありがとうございます!
1

豚「骨」を食べる文化・沖縄

ー 竹富島で自分のちっぽけな常識は崩された。 ー

今年の2月、沖縄県の竹富島へ。

ワケあって一人旅をしてきた。

(大したワケは特にない。傷心旅行ではないし。)

竹富島に行ったのは、10日間の沖縄旅行の6日目のことだった。

まず東京から那覇まで飛行機に乗って。

そして那覇から石垣島までまた飛行機に乗って、

最後に石垣島から竹富島までフェリーに乗って、

やっとの事で上陸した。

ここま

もっとみる
ぜひ他の記事も見て行ってください☺️
17

毎日

画像を整理しながら、2020年8月1日の御出掛け画像、

明け方のシーサイドドライヴイン、、、もう私若くないのの深夜明け方のドライヴ、、、ってかいかないと行けなかったので、

シーサイドドライヴインは変わらぬ味ですが、食した結果、自分で作ったほいが美味しい!という私の業が出て来る場所、、、

しかし、変わらぬ味を作れはしない所詮は素人、変わらぬ味で人を安堵させる、これがプロの仕事と言える、、、

もっとみる
愛してるって言わなきゃ殺す。