アルテリア・ネットワークスの2019年Q3決算を読み解く

今回はアルテリア・ネットワークスの決算についてみていきます。

アルテリア・ネットワークスは昨年12月に株式公開しましたが、直後に公募価格割れ。

その後もカルテル問題およびカルテル隠して上場した有価証券報告書不実記載などの可能性が発覚し代表取締役が辞任。

株価も大きく下落しました。

しかし、同社の本業の業績はよくよく見れば堅調。

株価はその後、上昇トレンドに転換しました。

今回は、そんな

もっとみる

キャノンの決算にみるリストラの可能性

どうもコージです!
私は、毎日決算書を読んで企業の未来を妄想しています。
そんな私が決算書の中で面白かったポイント、未来への妄想ポイントを説明しています。

今日見ていくのはキャノン株式会社です。
カメラや複合機、プリンターなどが有名な会社ですね。

こんなニュースがありました

キヤノンは2019年12月期の通期連結決算を発表した。売上高は3兆5932億円(前年比9.1%減)、営業利益は1746

もっとみる

大幸薬品の2019年Q3決算を読み解く~クレベリンが大ヒット

今回は大幸薬品の決算をみていきます。

大幸薬品はラッパのマークの正露丸で有名な製薬会社です。

また、近年では空間除菌を謳う商品「クレベリン」が大ヒット。

コロナウイルス感染による新型肺炎被害の拡大による特需が期待され、株式市場でも注目を浴びています。

とりあえず、まずは決算からみていきましょう。

大幸薬品 2019年Q3決算 概況

もっとみる

ユーグレナの決算にみるバイオジェット燃料事業の可能性

どうもコージです!
私は、毎日決算書を読んで企業の未来を妄想しています。
そんな私が決算書の中で面白かったポイント、未来への妄想ポイントを説明しています。

今日見ていくのは、株式会社ユーグレナです。
ミドリムシを活かして食品や化粧品の販売、バイオ燃料の開発などを行っている企業ですね。

このようなニュースがありました。

ユーグレナ/開発中のバイオ燃料が国内で使用可能に
 ミドリムシを原料にした

もっとみる

第437回:決算と事業とブロックチェーンと

コロナウイルスの猛威が止まりません。日に日に感染者は増え、発症者も増え、感染が及んでおり、最悪のケースを試算し社会共有すべきタイミングに来ているように感じます。10年ほど前にリリースされた映画、『感染列島』(まさにコロナの予言的映画です。感染経路にコウモリも出てきます。お勧めです)を地で行く展開は非常に恐ろしく、もちろん立場としては事業家ですからこうした環境下でも常にベストパフォーマンスに尽力する

もっとみる

建設技術研究所の2019年Q4決算を読み解く~河川土木コンサルの最大手~

今回は建設技術研究所の決算をみていきます。

建設技術研究所は建設コンサルティングの大手企業です。

建設業というと、一般的にはゼネコンなどの建設会社がイメージされやすいですが、実際には地質調査や測量、施工計画や各種専門分野におけるコンサルティング作業が必要になります。

同社はこの業界の第三位企業であり、とくに河川・砂防分野における事業が多いことで知られています。

ここもと、巨大台風による水害

もっとみる

ジャストシステムの2019年Q3決算を読み解く

今回はジャストシステムの決算を見ていきます。

ジャストシステムはキーエンス関連のソフトウェア会社です。

以前はワープロソフトの一太郎、日本語変換ソフトのAtokなどを主力商品にしていた同社でしたが、

最近は家庭向け教育タブレット事業「スマイルゼミ」や、教育機関へのソフトウェア販売、

地方自治体向けのIT環境整備事業、キーエンス関連の開発などを行うようになっており、事業内容をがらりと変化させ

もっとみる

楽天の決算から考えるどうして赤字でも問題ないのか

どうもコージです!
私は、毎日決算書を読んで企業の未来を妄想しています。
そんな私が決算書の中で面白かったポイント、未来への妄想ポイントを説明しています。

今日見ていくのは楽天株式会社です。

過去記事:楽天のLyft への投資と出資総額について改めて書いてみる
    :Lyft投資と持分法から見る楽天の未来

こんなニュースがありました

楽天、8年ぶり最終赤字318億円 19年12月期

もっとみる

Nvidia(エヌビディア)のFY2020年Q4決算を読み解く

今回はNvidia(エヌビディア)の決算を見ていきます。

Nvidiaは、グラフィックに特化した処理を行うための半導体GPUを開発するメーカーです。

同社の製品はゲーム用パソコン向け市場で業界標準としての地位を占めるほか、CG制作などの現場でも利用されており、グラフィック用半導体業界における最大の企業となっています。(※1)

※1・・・同業他社としてはRADEONシリーズを傘下に収めるAMD

もっとみる

【まだまだ雨模様】フリー 4478 決算発表2/14

2/14にフリー本決算がありました。
クラウド人事や会計のソフト会社です。

①売上高は3,072,百万円→56.1%アップ

②営業利益は-1,082百万→-37.7%ダウン
→明示されていないので、おそらく広告費でマイナスになっていると思う

③中小企業などを中心にビジネス
 →お笑い芸人の「かまいたち」、「FUJIWARA」がPR

売上は確実に増えている。
広告費の見直しや販売に関する構造

もっとみる