ダイトの2019年Q4決算を読み解く

今回はダイトの決算をみていきます。

ダイトは富山県発祥の製薬メーカーです。

同社はもともと薬品卸として創業されましたが、ここ最近は原薬の開発・生産、ジェネリック医薬品の受託製造まで幅広く行っています。

とりあえず、会社説明から始めます。

なお、前回はこちら

ダイトの会社説明

もっとみる

ペプシコ(PepsiCo:PEP)FY20 Q2決算レポート。巣ごもり消費で売上、EPS共に事前予想を上回る好決算を発表。

炭酸飲料の「ペプシ」で有名なペプシコがFY20 Q2決算を発表しました。新型コロナの影響で減収減益の予想となっていましたが、結果的には減収減益ではあるものの、事前の予想数値を上回る決算を発表しています。

ペプシコとは

会社名:PepsiCo Inc.
ティッカー:PEP
Marketcap: $188,118,516,000.00
業種: BeveragesNon-Alcoholic
Webサ

もっとみる

コーナンの2020年Q1決算を読み解く

今回はコーナンの決算をみていきます。

コーナン商事は大阪を地盤に日本全国に店舗展開するホームセンター大手です。

同社は近年、LIXILから建デポを買収、小田急電鉄からビーバートザンを買収、パンパシフィックインターナショナルからドイトのホームセンター・リフォーム事業を買収するなど規模を拡大中です。

とりあえず、直近決算からみていきましょう。

なお、前回はこちら

コーナン商事2020年Q1決

もっとみる

ローツェの2020年Q1決算を読み解く

今回はローツェの決算についてみていきます。

ローツェは、半導体ウエハを搬送する装置・ロボットを開発・製造するメーカーで、同分野において世界第3位となっています。

同社が開発・製造する装置は、塵を極限まで抑えたクリーンルーム内での作業を前提にしたもの。

また、場合によっては真空中での作業や、酸素を寄せ付けないようにする必要などもあります。

おのずと高度な技術力が必要とされ、高い参入障壁が築か

もっとみる

【2020年7月最新】企業の損益計算書を5分で簡単に読み解く!【MUP WEEK16アウトプットPart2】

みなさんいかがお過ごしでしょうか。マーカス・鷺ヌーマンです。

前回、【2020年7月最新】意外とちゃんと理解している人は少ない?決算書を読めるようになろう!【明日から使える簡単解説!】で決算書の基本的な知識についてのアウトプットを行いました。そしていよいよ今回からは決算書の中身、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書についてのアウトプットを順次行っていきたいと思います。財務知識は私が本業

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもしていただけると嬉しいです!
4

Apple製品のインフラやセキュリティ・プラットフォームを提供するJAMFが1億ドルのIPOを申請。今年4社目のSaaS企業のIPO。Appleの成長とSaaS企業人気を追い風に波に乗れるか。

Apple製品、アプリ、企業リソース向けのITサポートサービスを提供しているJamf Holding Corpが1億ドルのIPOを申請しました。

Jamfは今年4社目のSaaS企業のIPOになります(最初の3社はProcore、ZoomInfo、nCino)

もっとみる

【イオン】第5回 稼ぎ頭の金融事業は、どんなサービスをしているのか?

イオングループの金融事業は、第1回の記事でも紹介した通り、グループの3分の一の営業利益を稼ぐ基幹事業です。しかし、金融事業がどんな仕事をしているのかは、スーパーマーケット事業などよりイメージが付きづらいのではないでしょうか?

今回は、イオングループのこれまでの拡大とこれからの成長に欠かせない、金融事業を紹介していきます。

1.イオンの金融事業は、何をしているの?

イオンの金融事業は、イオンフ

もっとみる
スキありがとうございます!
6

安川電機の2020年Q1決算を読み解く

今回は安川電機の決算をみていきます。

安川電機は他の銘柄と異なり2月期決算となっており、電機決算の先頭を行く先行指標的な銘柄となっています。

この会社の決算の動向で大きく市場も動くため、非常に重要な決算です。

とりあえず、今回の決算はどうだったのでしょうか。

つい数時間前に発表されたばかりのデータですが、サクッとみていきましょう。

まずはいつものように、決算内容の概況からみていきます。

もっとみる

いきなりステーキの状況ってどうなんですか?

Q.いきなりステーキのこれまでの経緯を教えて下さい!

A.ざっくり説明るすると出てきた当初は飲食店の中でも高い利益率で成功事例として取り上げられてきました。行ったことがある人はわかると思うのですが、立食という新しいスタイルで回転率をガシガシあげていく戦略でしたね。そこから店舗を出しまくります。実際、2014年末に30店だった店舗数は、国内外で2015年末に77店、2016年末に115店、2017

もっとみる

イオンディライト(東1/9787) 2021/2 Q1決算精査

東証1部(9787)上場のイオンディライトが2020/7/8にQ1決算を開示しています。とりあえずサラリと表面的な決算内容を確認していきたいと思います。以下、会社から開示されている決算説明資料のファイルを置いておきます。

1.PL数値の確認

 まず、短信表紙のPLの状況ですが、2桁弱の減収減益となりました。純利益は増益になっていますが、これは税金の兼ね合いであり実情としては営業利益、経常利益の

もっとみる
記事をお読み頂きましてありがとうございます!
3