橋田寿賀子

彼らの「孤独」とぼくらの「孤独」とは、静かな高原の観光地と、監獄ほどの違いがある。

全裸列車

橋田寿賀子さんが4月に亡くなっていたそうだ

おしんのしんは辛抱のしん?

複数の視点からみる

「出し惜しみしちゃダメよ。」 故橋田寿賀子が内館牧子氏の朝ドラ脚本決定に際して伝えた助言だ(先日の『日本経済新聞』朝刊)。「書くことがなくなったら」という内館氏の疑問に橋田は「追い込まれたら必ず次のいい手が見つかる」と。今野敏氏も同じ事を言ったがnoteも同じと勝手に思った。

おしんの生きた”時代”

「筋トレ」「出し惜しみしない」、これがアイデア出しの原点

【追悼・橋田壽賀子さん95歳】生前に綴った手記「私は安楽死で逝きたい」——生まれる自由はないのだから、せめて死ぬ自由は欲しい

橋田寿賀子さん