松屋フーズ

あら、こんなところに松屋フーズの株主優待券が。

おいしくいただけるものはおいしくいただきたい自分です。今月末までの株主優待券が財布の中に残っていました。食べねば! ということでおはようございます! ご優待券は1枚につき、下記ご利用可能メニューのうち1食を松屋、松のや、松乃家、マイカリー食堂、松そば、松軒中華食堂、ステーキ屋松、ト…

松屋55周年創業祭第2弾メニュー「黒毛和牛100%ハンバーグ」を食べてきました。中央に穴が開いているドーナツハンバーグとなっています。やや固めのハンバーグですが、スプーンも付いているので食べ難くくはありません。数量限定商品です。 ⇒ http://osakadrinker.com/post-37208/

松のやのささみかつの立ち位置と朝定食のロースかつの所在、それに感じる圧についての考…

 どうもべっちょです。 みんなの食卓で在りたい松屋フーズの「松のや」、ロースかつ定食が安い・いつでも揚げたてなので皆さん良くご利用されているかと存じます。 さて、そんな松のやですが、期間限定のサーモンフライ等の変化球も当然美味しいのですが、定番商品にも伏兵というか、なんか…こう……

「いつでも自分のために料理する」。料理家・今井真実さんがたどりついた“家族の食卓”…

料理のプロが作る「普段の料理」ってどんなご飯だろう?  料理家の今井真実さんの自宅兼料理教室へうかがう前に浮かんだのは、そんな疑問でした。 今井さんのnoteには日々の食卓やオリジナルレシピが多数アップされていて、“料理したい欲”をむくむくと湧き上がらせてくれます。彼女のプロフィール欄…

松屋55周年創業祭第1弾「"とろけるチーズの"旨辛ごろごろチキン定食」「あきたこまちライス大盛無料」のイベント開催中にお昼ご飯。"とろけるチーズの"旨辛ごろごろチキン=鶏キムチ炒めで、ライスが進む旨くて辛いテイストでした! ⇒ http://osakadrinker.com/post-37019/

料理は実験、アレンジするのが楽しい。パートナーの価値観をも変えた、野菜好きパティシ…

忙しい日々のなかで「献立」を考えるのは、決して簡単なことではないはず。新しいレシピにチャレンジして失敗するくらいならば、作り慣れているもので済ませてしまおう。手間や苦労を考えると、どうしてもそうなりがちです。 でも、料理をもっと楽しむことができたら、テーブルの雰囲気はすこしずつ変…

「食事は『足の足』」 東京タワーを2分で駆け上がるアスリートの食卓。

高タンパク、低脂質。栄養重視のさっぱりとした味付け。 今回、はじめて「アスリートの食卓」へおじゃますることになり、わたしたちはそんな食事内容を思い浮かべました。ベストパフォーマンスを出すために、アスリートは身体作りが第一。常に食事制限をおこなっているのでは……と。 しかしそれでは、…

「自分でさばくから、何十倍もおいしくなる」。 ロックな町の魚屋が伝えたい、ぜいたく…

ロックバンド「漁港」のヴォーカリストでもあり、あの「さかなクン」さんとも交流を持つ、ちょっと変わった魚屋の店主がいる。 ——取材陣がそう聞いて向かったのは、千葉県浦安市の泉銀(いずぎん)さん。魚をもっと食べてほしい。日本らしい食文化を取り戻したい。そんな熱い思いを抱えて日々店頭に…

松屋フーズが過去最大の赤字【マイカリー食堂大好き】

半澤光希です。 飲食業界には厳しい日々が続きますね。 松屋フーズが過去最大の赤字だそうです。 近所の松屋見てると、確かに客の入りも少なく、時短の影響もあってなかなか厳しいですね。 ちなみに僕は系列店のマリカリー食堂のカレーが好きでたまに食べたくなります。 厳しい時勢ではありますが…

自由でたのしい、けれどそれだけじゃ物足りない。 元アイドルの「ひとり食卓」

松屋フーズがみなさんの「食卓」におじゃまする本連載。今回は初の、ひとり暮らしのお宅です。 東京の単身世帯は、いまや全世帯のおよそ半数。その中には夢を追いかけ地方から上京し、自分の居場所を見出そうと孤軍奮闘する若者も少なくありません。家族と離れて暮らす彼らにとっての「食卓」とは、ど…