石膏像を作っています「ぶらり途中下車の旅」

今朝の日テレ「ぶらり途中下車の旅」をご覧いただけましたでしょうか。だいたい5分くらいの短い時間でしたけど、石膏像工房の様子を的確に伝えていただけたように思います。

撮影は一時間以上行われて、様々なテーマでお話させていただきました。ディレクターの方、木下ほうかさん、共に拙い私の話を上手に引き出してくださって、とても気持ちの良い撮影でした。

今日の番組内では魅力的なスポットがたくさん紹介されていま

もっとみる
ありがとう!
3

シーンのつながりが支離滅裂な『劇場版パタリロ!』

2019年公開映画101本中98位。

軽い気持ちで見に行くと後悔します(笑)
それぐらい、もう何が起こっているのかよくわからない映画です。

父が亡くなり、主人公パタリロが新しい王となるべく戴冠式を向かえる
という大まかなストーリーはわかるものの、
シーンのつながりがひどい(笑)

イギリスにいたのに、気づいたら埼玉にいるし。
突然、謎な歌を唄い出すし。
CGはプレステ2並みのクオリティだし。

もっとみる

第14回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第3週)

【第14回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第3週)】

今週のランキングは「ドラえもん のび太の月面探査記」VS「キャプテン・マーベル」。
「ドラえもん のび太の月面探査記」のV3か?
「キャプテン・マーベル」のV1か?
また、「映画プリキュアミラクルユニバース」、「君は月夜に光り輝く」、「えいがのおそ松さん」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興

もっとみる
スキありがとうございます。
3

【ドラマ感想】『原島浩美がモノ申す!』の放送がない月曜日なんて....と言いかけて特にオチが浮かばなかったのでふつうにドラマの話するね【というか重めの愛】

やっと見れた。やっと『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』を見ることができた。のが先週水曜日の話で、最終話を反復したり、いろいろ予定があったりで記事を書き上げるのは今日になってしまいました。
 レビュー的なものに入る前に身も蓋もない話するけど、俺ものっそいこのドラマ好き好き言ってはいるけど、正直ハマったきっかけがなにかって言われたら、主役の真木よう子さん演じる原島浩美さんかわEって

もっとみる

第8回週間映画興行収入ランキング(2019年2月第1週)

【第8回週間映画興行収入ランキング(2019年2月第1週)】

今週のランキングは「マスカレード・ホテル」VS「七つの会議」。
「マスカレード・ホテル」のV3か?
「七つの会議」の初登場1位か?
また、「雪の華」、「メリー・ポピンズ リターンズ」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の

もっとみる
よろしければ購読お願いします。
3

相変わらず香川照之が面白い『七つの会議』

2019年公開映画16本中2位!

これは面白いです。
『クリード 炎の宿敵』はかろうじて超えなかったけど、
昨日の『メリー・ポピンズ リターンズ』よりよかったかな、
個人的には。

過去の池井戸潤原作ドラマの出演者がズラリと並ぶ
まさに池井戸アベンジャーズなキャストと
不可解な人事に隠された真相を暴いていく中身が面白い。

本はまったく読まないので、当然原作も知らないのだけれど、
予告しか見てい

もっとみる

木下ほうかの名言~ブレずにいく~

みなさん、こんにちは!

ゴーシンです!

『ゴーシンが選ぶ☆名言シリーズ』ご紹介します😃

今回は「痛快TV スカッとジャパン」でイヤミ課長でおなじみ、
1月24日が誕生日の『木下ほうか』さんの名言をご紹介します👍

(俳優を)辞めていった人、
辞めざるを得なかった人もたくさんいましたし。
そういう状況でもずっとブレずにいられた理由は、
映画俳優になりたいという思いをずっ

もっとみる

かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

東京で暮らしていた25歳の晶(有村架純)は、亡き夫・修平(青木崇高)の連れ子・駿也(歸山竜成)と共に夫の故郷である鹿児島へ訪れる。
鉄道の運転士として働く修平の父・節夫(國村隼)は、ある出来事をキッカケに疎遠となっていた息子の死を知り戸惑う中、行き場のない晶と駿也を迎え入れることに。
血の繋がらぬ息子の母として生きていくため変わらなければ思い立ち、夫の子ども時代の夢でもあり電車が好きな駿也のため、

もっとみる

大企業と銀行は必ず嫌な存在として描かれる『空飛ぶタイヤ』

池井戸潤作品、初の映画。
僕は普段本をまったく読まないので原作は未読。
かつ、これはWOWOWでもドラマ化していたようだけれど、
それも見ていないので、完全にこの映画が初です。
そして、面白かった。

池井戸潤の描く、リアルな企業同士の戦いはけっこう好きで、
この前の『陸王』なんかものすごく面白かったのだけれど、
今回のこの映画も同じように、
大企業と中小企業の対立がメインとなっている。

リコー

もっとみる

さらば青春、されど青春。

5/12公開ですが 一足早くレビュー。
昭和50年代
地方から東京の名門大学へ進学した中道真一(大川宏洋)は、大学生活を送る傍ら神秘的な光に包まれ自らに課せられた使命に気が付く。
宗教を開き一刻も早く人々を救うことを神々に迫られるも、布教前に人の世を知っておこうと大手商社に就職する。
次々と出世を重ねていったある日、同僚である額田美子(千眼美子)と出会い恋に落ちていく真一であったが…。
個の幸せと

もっとみる