告知ってどうしてますか?

告知ってどうしてますか?

こんにちは、イベンターユミです。 コクチーズなどでイベント集客ってかけているという方、 多いと思います。 どんな告知をうってますか。 やすいだの、うまいだの、参加人数多いだのを、 ひょっとして売りにして告知してませんか? それはダメとは言いませんが、 一番大事なことありますよね? お客さんに喜んでもらうことです。 ではどんなお客様に喜んでもらいたいですか? 設定できてますか・・・・・ プロに頼まれているならいいのです。 もし知りたいという方がいらっしゃ

スキ
1
〈備忘録〉薄っぺらい表現を厚くしたい〈見得!作家初心者必読!〉

〈備忘録〉薄っぺらい表現を厚くしたい〈見得!作家初心者必読!〉

あなたは物語を書くとき、 「この表現、薄っぺらいな……」😢 と思うことはありませんか? 自分の表現に〈厚み〉を持たせたいですか? 単純で簡単な方法があります。 それは――― ●そのやり方って?? ずばり、「ではない」を置くことです。 🤔❓ これでピンとこないアナタ、やばいですよ! さて、詳しく解説しましょう。 ●その前に〈厚み〉ってなによ? ここでいう〈厚み〉とは何か ここで言う〈厚み〉とは、 「多角的な視点を感じさせること」です❕ 要は「色々考えて

スキ
2
読書メモ:佐渡島庸平さん「観察力の鍛え方」_20210927

読書メモ:佐渡島庸平さん「観察力の鍛え方」_20210927

佐渡島さんは、よい仮説を立てるには、よく観察することが必要、と主張します。 そして、観察結果から、新たな問いをたてることで、仮説はアップグレードしていくそうです。 「問い⇒仮説⇒観察」のサイクル。 これを、佐渡島さんは「観察サイクル」と呼んでいます。 このサイクル、おこがましくも、自分のnote毎日投稿している状況と似てるなぁ、とおもいます。 一つの記事を書いて、頭の中を言語化することで、次の記事への問い・仮説が生まれてくる。 「note毎日投稿」は、自分の観察サ

スキ
22
好きなことを好きなように書け!

好きなことを好きなように書け!

 こんにちは。NOTEフェスレポータ―2021のクロウサです。5月からNOTEで連続投稿を続けているライターになりたいNOTE愛用者です。  2021年9月24日金曜日に開催されたNOTEライブ、「ライターの未来——だれもが書き手になる時代、あなたは何を書くのか」(石戸諭さん×古賀史健さん)をレポートします。  古賀史健さんは「嫌われる勇気」を書いたベストセラーライターさんです。  石戸諭さんは毎日新聞社出身のノンフィクションライターさんです。  クロウサは三〇分延長

スキ
3
目標共有するときのコツ
+1

目標共有するときのコツ

こんばんは!コウスケです。 今日は久々に暑い一日! 晴れ晴れとした天気だったこともあり、鴨川散歩へ。 すると、トンビ?がいました。風格がすごい。 最近、研究室の学生同士、内定者同士、バイトメンバー同士で目標共有をする機会が重なりました。 そこで、目標を共有する際のコツのようなものに気が付きました。 ※ここでの”目標”というのは、あくまで個々人が設定しているもの(例:Aくんは〇〇学会への論文投稿、Bさんは△△学会への論文投稿)を指します。 それは、 目標の意味・意義を

スキ
14
卒論で指数表記するとき

卒論で指数表記するとき

このサイトを参考にした

スキ
5