新着の記事一覧

カラスと呼ばれる少年と砂嵐の話。

吉村萬壱『CF』:罪ある者は、石を投げ打て

トークイベント

15時間前

【連載】今日は日本文学を読もう-芥川龍之介編②-子供から大人まで読むべき最初の短編『蜘蛛の糸・杜子春』

18時間前

中島敦『李陵』は凄まじい小説でした。艱難辛苦の絶えない捕虜となるか。国家に殉じて一英雄となるのか。刑罰を科されようとも作品を書き続けるか。李陵、蘇武、司馬遷の生き方はこの三者を体現していると思います。1943年『文學界』初出の本作、戦時下の人生の岐路に立つ著者の覚悟が窺えます。

20時間前

神仙郷神苑 茶室『山月庵』に想いを馳せて 〜詩吟エッセイ〜

居候

2日前

熱に浮かされ見る夢のように儚く美しい 堀辰雄《風立ちぬ》

岩波少年文庫を全部読む。(98)「鳥右ェ門諸国をめぐる」がすごい。天才ってこういう人のことか。 新美南吉『ごんぎつね』

有料
100

【劇団ドガドガプラス】 浅草でスゴいものを見た。「金色夜叉・改」は文芸アングラミュージカルか? 

4日前